株主優待

日本管財ホールディングス(9728)の株主優待情報!カタログギフトの内容や改悪の噂についても解説

編集者:Money Theory編集部
日本管財日本管財ホールディングス(9728)の株主優待情報!カタログギフトの内容や改悪の噂についても解説

日本管財ホールディングスはビルやマンション・建物の総合管理会社で、全国に営業拠点を設けています。

ビルメンテナンスや建物診断・不動産投資関連のビジネス事業を積極的に展開しており、業績も安定している優良企業です。

今回は日本管財ホールディングスの株主優待について詳しく解説します。

株主優待内容や優待特典の到着日に関する情報を説明するので必見です。

これから日本管財ホールディングスの株を購入しようか迷っている人や、株主優待内容が気になる人は参考にしてください。

【2024年最新】ネット証券おすすめランキング!初心者におすすめの証券会社を徹底比較

おすすめのネット証券
【2024年06月最新】
楽天証券
新規口座開設数業界NO.1
楽天証券はココがおすすめ!
  • 楽天ポイントがお得に貯まる!
  • 新規口座数NO.1!
  • 低コスパでお得に運用!
IPO
外国株
積立NISA
投資信託

日本管財ホールディングス(9347)の株主優待内容

日本管財ホールディングス

日本管財ホールディングスの株主優待の内容は下記の通りです。

日本管財ホールディングスの株主優待
保有株式数 保有期間 優待内容
100株以上 3年未満 カタログギフト2,000円分(年2回)
3年以上 カタログギフト3,000円分(年2回)

100株以上の保有でギフトカタログから1品貰える

日本管財ホールディングスの株主優待は100株以上で好きな商品をギフトカタログから1品選ぶことができます。

ギフトカタログから好きな商品を選べるので、自分にとって必要な商品を取得できます。

2000円(長期保有者は3,000円)の制限はありますが、自分の欲しいものをチョイスできるのでおすすめです。

長期保有制度あり

日本管財ホールディングスは長期保有制度を設けています。

100株以上を3年以上継続保有する事によって、ギフトカタログが2000円分から3000円分に変わります。

ギフトカタログがグレードアップするので、より良い商品をもらいたいという人は、株の長期保有を検討してみましょう。

カタログギフトの内容は?

2023年3月度の株主優待カタログ(2,000円相当)の内容には、お米やスイーツ、ドリンク、調味料といった食材系。

テーブル&キッチンウェアに、ヘアブラシ、傘などの日用雑貨系などがあります。

※毎回カタログギフトの内容は少しずつ違います。

日本管財ホールディングスの株主優待はいつ届く?

日本管財ホールディングスの株主優待は権利確定日から約3ヶ月後届きます。

株主優待特典はギフトカタログから1品選ぶ必要があるので、期限までに忘れないように選んでおきましょう。

運送業者の関係で発送が遅れる場合もあるので、到着は前後することを念頭に入れておきましょう。

権利確定日から3ヶ月後

日本管財ホールディングスの格株主優待の到着日は以下の通りです。

日本管財ホールディングスの株式優待の到着日
  • 権利確定日3月末:6月中に到着
  • 権利確定日9月末:12月中に到着

日本管財ホールディングスの権利確定日は年に2回あるので、1年に2回商品カタログが到着します。

カタログは申込み期限が存在するので、必ず期限前に選択して送りましょう.

日本管財ホールディングスの権利確定日は3月末と9月末となっています。

株主優待特典を受け取りたい人は3月末と9月末までに株を100株以上保有しておきましょう。

日本管財ホールディングスの株主優待は年に2回実施しているので、1度チャンスを逃してももう一回貰えるチャンスがあります。

3月末までに100株所有できないという人は9月末までに100株以上購入しておきましょう。

日本管財ホールディングスの株主優待は改悪した?

日本管財ホールディングスの株主優待は新設を機に改悪されたのでは?という心配の声が一部では聞かれています。

日本管財ホールディングスの株主優待は実際改悪しているのかどうか、紹介します。

株主優待は新設されたが変更はない

日本管財ホールディングスは、日本管財株式会社の完全親会社として設立され、2023年4月3日に上場しました。

日本管財ホールディングスの株主優待は、前の日本管財株式会社の株主優待を引き継いだ内容となっています。

ホールディングス化して改めて上場したため、株主優待は新設という形になりましたが、内容自体は変わりませんので、改悪したとは言えません。

日本管財ホールディングス株の購入はおすすめ?

日本管財ホールディングスは日本管財株式会社の完全親会社として設立され、2023年4月3日に上場したばかりです。

株価の動きはやや不安定で、上場後8か月の間に2,400円台から一時は2,700円台まで動いています。

現在はタイミングにもよりますが、株価は約2,520円となっており直近の動きとしては下降傾向です。

売上高や営業利益は安定している

総合管理会社ということもあり、リーマンショックのような大不況が起きても大きく崩れる可能性の低い会社となっています。

投資初心者でも安心して投資できる上に、株主優待内容も優良なのでおすすめできる銘柄です。

M&Aで事業展開を模索していることもあり、今後の動きにも充分期待できます。

日本管財ホールディングスの株主優待を受ける方法

日本管財ホールディングスの株を購入する流れは以下の通りです。

日本管財ホールディングスの株主優待を受ける方法
  1. 証券口座を開設する
  2. 日本管財ホールディングスの株を買う資金を入金する
  3. 日本管財ホールディングスの株「9347」を選択して購入する

なお、日本管財ホールディングスの株主優待を受けるには100株以上の購入が条件です。

証券口座を開設する

日本管財ホールディングスの株を買うためには、まず証券口座の開設を行います。

基本的に口座開設は、どの証券会社でも同じ流れです。

本人確認はスマホで行う方法と郵送で行う方法がありますが、スマホで本人確認を行うことで、最短で口座開設が完了します。

本人確認書類は、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど基本的にはどの証券会社も同じです。

ただ、なるべく早く講座を開設したいと考えている方は、窓口に行かずにネットで口座開設が完結するネット証券がおすすめです。

日本管財ホールディングスの株を買う資金を入金する

次に日本管財ホールディングスの株を購入する資金を入金します。

入金方法は各証券会社によって異なった方法がありますが、基本的には以下の入金方法があります。

入金方法
  • 即時反映される入金(インターネット、アプリ等)
  • 銀行振り込み・銀行振替

即時反映される入金方法は、入金手数料が無料で入金後はすぐに資金が反映されます。

銀行振り込みや銀行振替は手数料を負担する必要があるため注意しましょう。

日本管財ホールディングスの証券コード「9347」を選択して購入する

入金が完了したら日本管財ホールディングスの株を購入します。

日本管財ホールディングスの株の購入は、証券会社のWebサイトのマイページやアプリから購入することができます。

日本管財ホールディングスの株を選択して「購入数」「購入金額」などを入力すれば購入完了です。

日本管財ホールディングスの株主優待に必要な資金
株価 2,520
100株 252,000円

10万円以下の少額資金で投資を初めたい人には厳しい金額となっていますが、毎月コツコツ株を購入して100株保有する方法もあります。

少額資金で投資を初めたい人は、単元未満株で少しずつ買い足して100株保有を目指すことをおすすめします。

ミニ株・単元未満株は株主優待を受け取れる?1株投資でも株主優待をもらえる銘柄や注意点を解説

日本管財ホールディングス(9347)株を買えるおすすめ証券会社

日本管財ホールディングス(9347)の株を取り扱うおすすめのネット証券を紹介します。

日本管財ホールディングスの株を購入する場合の実際の手数料や、手数料体系の違い、さらに各証券会社ごとのメリットや注意点についてまとめています。

証券会社選びの情報収集に活用してください。

日本管財ホールディングス株を取り扱うおすすめネット証券
  • 楽天証券
  • SBI証券
  • 松井証券

楽天証券

楽天証券
総合★★★★★ 4.5
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 99円 275円 535円
1日定額制 0円 0円 0円
0コース(信用取引込) 0円 0円 0円

キャンペーン
米国株取引手数料(実質)無料プログラム 投信積立での楽天キャッシュ決済開始記念キャンペーン

楽天証券では、「ゼロコース」という新たな手数料体系が2023年10月1日から導入されています。

国内株式(現物/信用)の取引手数料が約定代金に関わらず0円になるコースで、既存ユーザーの中でもコース変更する人が多いです。

例えば日本管財ホールディングスで株主優待を受けられるラインの100株(252,000円)を約定する場合、既存の超割コースを利用すると275円の手数料がかっていました。

しかし新設されたゼロコースなら手数料0円で取引可能です。※

さらに楽天証券では単元未満株サービス「かぶミニ」を提供しています。

通常株はどの株も1単元(100株)からしか取引できないところ、「かぶミニ」なら1株からの購入が可能です。

日本管財ホールディングス株も「かぶミニ」対象の銘柄なので、日本管財ホールディングスに少額投資したいという方におすすめです。

「かぶミニ」対象銘柄の中にはリアルタイム取引に対応していない銘柄もありますが、日本管財ホールディングスはリアルタイム取引ができる銘柄です。

取引チャンスを逃さずスムーズに取引できるでしょう。

また楽天証券ならではの特徴として、「楽天ポイント」での国内株式(現物)購入もできます。

※かぶミニには手数料とは別に0.22%のスプレッドがかかります。

例:日本管財ホールディングスの株1株(2,520円)購入の場11円のスプレッド(実質的な手数料)が発生。

(買付時:2,520円×0.22%=5.544→小数点切り上げ:6円

売却時:2,520円×0.22%=5.544→小数点切り捨て:5円

往復コスト6+5=11円)。

楽天証券の国内株式取引手数料(税込)
日本管財ホールディングス(9347)100株購入時の
手数料込みの値段
252,000(株価)+0(手数料)=252,000円
【ゼロコースの場合】
ゼロコース 現物取引・信用取引共に
約定代金にかかわらず0円
超割コース
現物取引手数料
(約定代金/取引手数料)
5万円まで 55円
10万円まで 99円
20万円まで 115円
50万円まで 275円
100万円まで 535円
150万円まで 640円
3,000万円まで 1,013円
3,000万円超 1,070円
超割コース
信用取引手数料
(約定代金/取引手数料)
10万円まで 99円
20万円まで 148円
50万円まで 198円
50万円超 385円
超割コース 大口優遇 現物取引・信用取引
約定代金にかかわらず 0円
いちにち定額コース
(1日の約定代金合計/取引手数料)
100万円まで 0円
200万円まで 2,200円
300万円まで 3,300円
以降、100万円増えるごとに1,100円を追加
かぶミニ®(単元未満株取引)手数料 買付・売却共に無料
※手数料とは別にスプレッドあり
(スプレッドは0.22%です。)

楽天証券の評判・口コミはどう?楽天ポイントで投資できる仕組みや口座開設手順を解説

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

SBI証券

SBI証券
総合★★★★★ 4.5
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 99円 275円 535円
1日定額制 0円 0円 0円

キャンペーン
投信積立 デビュー&増額応援キャンペーン
FXお試しキャンペーン!国内株と米国株の金利・貸株料をキャッシュバック!

SBI証券では「現物取引 アクティブプラン」を使えば、日本管財ホールディングス100株を購入する場合も手数料はかかりません。

SBI証券「現物取引 アクティブプラン」に対応する、楽天証券「いちにち定額コース」を比較した場合、1日の約定代金合計が100万円までは手数料は0円で同じです。

しかし、100万円以上200万円までの取引では、SBI証券の手数料は1,238円なのに対し、楽天証券は2,200円。

300万円までになるとSBI証券が1,691円なのに対し、楽天証券は3,300円の手数料が発生します。

300万円以降は、100万円増えるごとにSBI証券は+295円、楽天証券は1,100円の手数料が追加されます。

要は、100万円以上を低額コースで取引をする場合は、SBI証券の方が手数料が割安になりやすいです。

日本管財ホールディングス株に限らず、100万円以上の取引も検討しているなら、SBI証券の方がお得になりやすいです。

またSBI証券でも単元未満株サービス「S株」を提供しており、日本管財ホールディングス株も対象銘柄です。

Tポイント、Pontaポイントを使ったS株購入も可能なので、Tポイント、Pontaポイントユーザーにおすすめです。

SBI証券の国内株式取引手数料(税込)
日本管財ホールディングス(9347)100株購入時の
手数料込みの値段
252,000(株価)+0(手数料)=252,000円
【現物取引 アクティブプランの場合】
現物取引
スタンダードプラン
(約定代金/取引手数料)
5万円まで 55円
10万円まで 99円
20万円まで 115円
50万円まで 275円
100万円まで 535円
150万円まで 640円
3,000万円まで 1,013円
3,000万円超 1,070円
信用取引
スタンダードプラン
(約定代金/取引手数料)
10万円まで 99円
20万円まで 148円
50万円まで 198円
50万円超 385円
大口優遇 0円
現物取引
アクティブプラン
(約定代金/取引手数料)
100万円まで 0円
200万円まで 1,238円
300万円まで 1,691円
以降100万円増加ごとに +295円
信用取引・「はじめて信用™」 アクティブプラン
(1日の約定代金合計/取引手数料)
100万円まで 0円
200万円まで 880円
以降100万円増えるごとに440 円ずつ増加
大口優遇 0円
単元未満株(S株) 無料

SBI証券の評判・口コミはやばい?口座数NO.1の理由やメリット・デメリットを徹底解説

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

松井証券

松井証券
総合★★★★★ 4.0
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 0円 0円 1,100円
1日定額制

キャンペーン
新規デビュープログラム つみたてデビュー応援総額1億円還元キャンペーン

松井証券の大きな特徴は、25歳以下の場合約定代金に関わらず取引手数料が無料になることです。(25歳以上でも50万円までは無料)

現物取引・信用取引に関わらず、取引手数料を気にせず投資できることから、特に学生や若者世代の投資家にとっては大きなメリットです。

日本管財ホールディングスで株主優待を受けられるラインである100株(252,000円)を約定する場合で考えると、現物取引・信用取引、そして年齢にかかわらず手数料が無料です。

比較として、SBI証券では通常の信用取引の場合50万円までの約定には手数料が198円発生するので、松井証券の方が取引コストを抑えた投資ができます。

ただ、松井証券は単元未満株の新規買付ができません。

1株から株を購入することはできないので、少額投資もしたい方はサブ口座も検討すると良いでしょう。

またサービス面では、松井証券は2023年 オリコン顧客満足度®ランキングの「ネット証券 初心者部門」で第1位を受賞しています。

ネット証券の中には電話窓口のないサービスもある中、松井証券はコールセンターを設置しており、専任のスタッフが株取引初心者にもわかりやすく丁寧なサポートをしてくれます。

株や投資に初めて挑戦する方は、松井証券を候補にしてみてください。

松井証券の国内株式取引手数料(税込)
日本管財ホールディングス(9347)100株購入時の
手数料込みの値段
252,000(株価)+0(手数料)=252,000円
【現物取引・信用取引の場合】
現物取引【26歳以上】 50万円まで 0円
100万円まで1,100円
200万円まで2,200円
その後100万円増えるごとに1,100円加算
1億円超 110,000円)※上限
現物取引【26歳以下】 無料
信用取引【26歳以上】 50万円まで 0円
100万円まで1,100円
200万円まで2,200円
その後100万円増えるごとに1,100円加算
1億円超 110,000円)※上限
信用取引【26歳以下】 無料
一日信用取引 0円
単元未満株(プチ株)手数料 新規買付不可
売却時:約定代金 × 0.5%(税込0.55%)
最低手数料なし

松井証券の評判・口コミはどう?サービス内容や取引手数料の評価を徹底調査

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

日本管財ホールディングスの株主優待に関するよくある質問

日本管財ホールディングスの株主優待に関するよくある質問と回答を紹介します。

日本管財ホールディングスの株主優待に関するよくある質問
  • 日本管財ホールディングスの株主優待の内容は?
  • 日本管財ホールディングスの株主優待は改悪した?
  • 日本管財ホールディングスの株主優待はいつ届く?

日本管財ホールディングスの株主優待の内容は?

日本管財ホールディングスの株主優待内容は以下の通りです。

日本管財ホールディングスの株主優待
保有株式数 保有期間 優待内容
100株以上 3年未満 カタログギフト2,000円分(年2回)
3年以上 カタログギフト3,000円分(年2回)

日本管財ホールディングスの株主優待内容は100株以上からとなっています。

大口取引する投資家に設定された株主優待内容は無く、100株以上のみの設定となっています。

日本管財ホールディングスの株主優待は改悪した?

日本管財ホールディングスの株主優待は、前の日本管財株式会社の株主優待を引き継いだ内容となっています。

ホールディングス化して改めて上場したため、株主優待は新設という形になりましたが、内容自体は変わりませんので、改悪したとは言えません。

日本管財ホールディングスの株主優待はいつ届く?

日本管財ホールディングスの株主優待は、権利確定日から約3ヶ月後に届きます。

毎年3月末と9月末が権利日なので、株主優待が届くのはそれぞれ6月と12月頃となります。

日本管財ホールディングスの株主優待はカタログギフトから選べる

日本管財ホールディングスの株主優待は2000円分の商品カタログから自分で1つ選択できます。

自分の好きな商品を選ぶことができるので、その時ごとの欲しいものをもらうことができるのが魅力です。

3年以上長期保有すると3000円分にグレードアップするので、継続して株主優待を受けたい人は長期投資も視野に入れておきましょう