仮想通貨

仮想通貨チャートの活用法とおすすめ分析ツールを徹底解説!

編集者:Money Theory編集部
仮想通貨チャートの活用法とおすすめ分析ツールを徹底解説!

仮想通貨のチャートや分析ツールはどのようなものがあるのでしょうか。

仮想通貨の取引で利益を安定的に積み上げていくためにチャートや分析ツールの利用は必須です。

実際に仮想通貨の投資家はチャートや分析ツールを利用して通貨価格の上げ下げを予想しており、事前に確認をしないで仮想通貨の売買を行なう人はほとんどいません。

そこでこちらの記事では仮想通貨投資のチャートの活用方法とおすすめの分析ツールについて紹介します。

これから仮想通貨投資を始める人はもちろん、仮想通貨投資をする時のチャートの読み方やおすすめの分析ツールについて知りたい人は最後までご覧ください。

【初心者必見】仮想通貨のおすすめ取引所ランキング!取扱い通貨・手数料や取引所の選び方を徹底比較

仮想通貨の取引におすすめのサービス【2024年06月最新】
コインチェック
  • ダウンロード数NO.1!
  • 取引所のBTC取引手数料無料
  • 500円からビットコインが買える!
取扱い通貨 23種類
レバレッジ取引 不可
取引所手数料 無料
【完全無料】5分で申込完了仮想通貨初心者におすすめ!

仮想通貨チャートとは

仮想通貨チャートとはそもそも何なのでしょうか。

加えてどんな場面で利用するのでしょうか。

ここでは仮想通貨チャートについて定義しつつ、チャートの種類や特性について紹介していきます。

仮想通貨チャートの基本的な理解

仮想通貨チャートは過去の仮想通貨の値動きを分かりやすくグラフにしたものを指します。

仮想通貨の投資を行なっている投資家はこのチャートを通じて仮想通貨の価格の上昇や下降を予想をしており、仮想通貨の分析チャートを確認しないで通貨の売買する人はほとんどいません。

仮想通貨投資で利益を得たいと考えている人はチャートの読み方を把握することが必須条件です。

仮想通貨の投資をしたことが無い人やローソク足のチャートを見たことが無い人には難しいかもしれませんが、意味を知れば非常にシンプルなのでこれから仮想通貨投資を始める人も難なく覚えることが出来るでしょう。

仮想通貨のIEOとは?IEOの特徴やICO・STOとの違いを徹底解説

仮想通貨チャートの種類と特性

仮想通貨チャートはローソク足、単純移動平均線、パラボリック、マックディー(MACD)などといった種類があります。

ローソク足のチャートは一定期間の相場の動きが一目でわかるため、過去の値動きから将来の値動きを予測する「テクニカル分析」に利用されます。

単純移動平均線は過去一定期間の平均価格を計算し、その推移を線でつなげたものです。短期的な平均価格と長期的な平均価格を比較することでトレンド転換の予測が可能です。

パラボリックは売り買いのタイミングを察知するのに利用されます。相場の中で突然発生する上昇トレンドや下降トレンドに切り替わるタイミングを見分けるのに役立ちます。

マックディー(MACD)は基本線である「MACD」とMACDの移動平均線である「シグナル」の2本の線を利用して売買の判断をします。

2本の線を見るだけで売買の判断が出来るため初心者から上級者のトレーダーまで幅広く利用しています。

これらのチャートを使いこなすことが出来れば通貨の売買のタイミングを掴めるようになるので、これから仮想通貨取引を始める人は正しくチャートを分析できるスキルを身に付けていきましょう。

仮想通貨投資はギャンブルではなく、正しくチャートを読んで分析すれば履歴を出すことが可能です。

仮想通貨チャートの読み方

実際に仮想通貨の投資をする時に仮想通貨チャートはどのように活用すればいいのでしょうか。

この章では仮想通貨チャートのパターンと具体的な活用方法について解説します。

基本的なチャートパターン

覚えるべきチャートパターンはヘッドアンドショルダー、二番天井、三角持ち合いの3つです。

ヘッドアンドショルダーは相場の天井と大底を示すチャートパターンであり3つの山と2つの谷で形成されます。

二番天井は上昇局面において一時的に価格が下落し、再度高値更新を試みるも直前に失速するチャートパターンです。

2回高値更新のチャンスがあったものの失敗したことから下落トレンドに変わる可能性があると判断することが出来ます。

三角持ち合いは値動きが徐々に小さくなっていくチャートパターンでチャートの形が三角形の状態になることを指します。

三角持ち合いが出来るとその頂点で株価が大きく動きます。その動く方向によって買いか売りなのかを判断します。

トレンドラインの引き方

トレンドラインとは相場の方向性を把握するために、チャートの価格に対して記す補助線です。

トレンド相場に上昇トレンドと下降トレンドがあるようにトレンドラインにも上昇トレンドラインと下降トレンドラインが存在します。

トレンドラインの引き方は上昇・下降トレンドラインどちらも同様でラインの角度が30度~60度くらいを目安にローソク足で目立った安値(上昇トレンドの場合)もしくは高値(下降トレンドの場合)のローソクのポイントを2つ以上結びます。

トレンドラインを引くことで現在のトレンドを正確に把握することが可能です。仮想通貨投資で利益を出すなら、まずはトレンドラインの流れに乗ったトレードを心がけていきましょう。

逆にトレンドラインに逆らったトレードは市場の流れに反することになるので利益を出すのが非常に困難になります。

テクニカル指標の活用

テクニカル指標とは仮想通貨の将来の値動きを予想するための指標です。

自分に合ったテクニカル指標を活用することで取引の成果を伸ばす事が可能です。

例えば、市場の全体的な方向性(トレンド)を見極めることを目的としたトレンド分析、現在のトレンドの強さや過熱感の変化を察知するために利用するオシレーター分析、特徴的なチャートパターンから今後の仮想通貨の価格を予想するフォーメーション分析などがあります。

過去のチャートをもとに現在の相場を分析していくため、相場や経済に関する知識の無い初心者の方でも心配はありません。

チャートの読み方さえ覚えることが出来れば初心者の方でもテクニカル指標を活用した取引を行なうことが可能です。

一方で過去のチャートパターンが同じ結果を生み出すわけではないということと、自然災害など予想外の出来事には対応することが出来ないため注意してください。

コインチェックの評判・口コミを紹介!使いやすさ・安全性・手数料も徹底解説

おすすめの仮想通貨チャート分析ツール

仮想通貨チャートの分析ツールはどれが使いやすいのでしょうか。

この章ではおすすめの仮想通貨チャート分析ツールと利用できる取引所も紹介します。

おすすめの仮想通貨チャート分析ツール
  • tradeview
  • STモード

tradeview

tradeviewとはGoogle ChromeやSafariなどのWebブラウザ上で利用できるトレーディングツールです。

チャート分析に役立つ豊富な分析ツールやテクニカル指標を搭載しているため、テクニカル指標を利用して価格予想をするトレーダーの人には必須のツールでしょう。

tradeviewのツールはCoin Check、GMOコイン、Zaif、ビットトレードで採用されています。

出金拒否や口座凍結などのトラブルが一切ないため安心して取引を行ないたい人、

STモード

STモードはシンプルな画面と直感的な操作で仮想通貨の取引が可能なのが特徴です。

過去の値動きを一目で確認することが可能で、保有している仮想通貨と日本円残高が分かりやすくコンパクトに表示されます。

またSTモードは現物取引しか行なうことが出来ないため、元手の資金以上に損失が膨らむことがありません。

STモードはDMMビットコインで採用されています。

シンプルな管理画面であるため、仮想通貨投資を始めたばかりの人や損失のリスクを最小限に抑えたい人にはSTモードが向いているでしょう。

仮想通貨チャート分析のコツと注意点

実際に仮想通貨取引でチャート分析をする時にはどのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

この章では仮想通貨チャート分析のコツと注意すべき点についてご紹介します。

仮想通貨チャート分析のコツと注意点
  • リスク管理の重要性
  • 相場心理と感情コントロール
  • 基本的なトレード戦略

リスク管理の重要性

仮想通貨のトレードにはリスク管理が不可欠です。

適切なリスク管理をしないと、どれだけチャート分析に精通しているトレーダーでも大きな損失を出してしまいかねません。

リスク管理のできないトレーダーの特徴は感情的なトレードを繰り返す、過剰なレバレッジを多用する、ストップロス注文を設定しないという点が挙げられます。

このような傾向のあるトレーダーはチャート分析の方向性が正しかったとしても、相場から退場せざるを得ない状況になってしまう可能性があります。

仮想通貨の取引で大きな損失を出さないためにも自分なりのルールを決めて取引を行なっていきましょう。

取引ルールを決めることで感情に左右されずに冷静な判断を下せるようになります。

相場心理と感情コントロール

仮想通貨の取引は長期、短期に関わらず自分自身の感情をコントロールしながら行なっていくことが大切です。

仮想通貨の取引で大きな利益を上げることが出来た人がいる一方で暴落により大きな損失を抱えてしまう人も少なくありません。

大きな損失を出さないようにするためには、①仮想通貨の売買を行う前に計画を立てる②目星の銘柄が決まったら徹底的に調べる③購入と同時に損切りラインを設定する④チャートに張り付きすぎないなどが有効です。

仮価格変動による一時的な感情に支配されずルールに沿って淡々と取引を継続できるように気をつけましょう。

ビットコインのガチホで利益が10倍越え!長期保有でレンディングサービスによるローリスク運用ができる

基本的なトレード戦略

仮想通貨のトレード戦略はモメンタムトレード、スキャルピング、スイングトレードなどがあります。

モメンタムトレードはニュースやイベント、その他市況の変動によって引き起こされる短期的な価格変動を探し、最適なタイミングで売買をします。

モメンタムトレードの手法を利用する場合は、利益を出せるタイミングを迅速に見極める必要があるためトレーダーは仮想通貨市場を注視する必要があるでしょう。

スキャルピングは小さな値動きを利用して複数の注文をするなど高頻度の取引により利益を出す手法です。

信頼できる市場データへのアクセス及び価格が変動した時に迅速に対応できる能力を身につけることがスキャルピングの取引を成功させるためのカギとなるでしょう。

そのため仮想通貨市場で利益を生む機会を見極め誰よりも早く行動に移せるようにテクニカル分析の理解を深めることが大切です。

スイングトレードは仮想通貨の価格の変動を利用し、価格が低い時に購入して価格が高い時に売却する手法です。

スイングトレードは短期的な価格の下落を許容できる点とデイトレードやスキャルピングと比較して取引1回あたりの利益を拡大させることが出来る点がメリットです。

それぞれのトレード戦略を試してみて一番成功率の高い手法を採用していきましょう。

仮想通貨レンディングとは?メリット・デメリットやレンディングができるおすすめ取引所を紹介

仮想通貨チャートに関するよくある質問

仮想通貨チャートに関するよくある質問と回答を紹介します。

仮想通貨チャートに関するよくある質問
  • どのようなチャートパターンがありますか?
  • テクニカル分析とは何ですか?
  • リアルタイムでチャートを見ることは重要ですか?
  • 仮想通貨チャート分析に必要なスキルは何ですか?

Q.チャートパターンにはどのようなものがありますか?

仮想通貨のチャートパターンは、ヘッドアンドショルダー、二番天井、三角持ち合いなどがあります。

ヘッドアンドショルダーはトレンド転換の分析や仮想通貨の売買を仕掛けるタイミングを考える時に利用されます。

二番天井は上昇局面において一時的に価格が下落し、再度高値更新を試みるも直前に失速するチャートパターンです。

2回高値更新のチャンスがあったものの失敗したことから下落トレンドに変わる可能性があると判断することが出来ます。

三角持ち合いは値動きが徐々に小さくなっていくチャートパターンでチャートの形が三角形の状態になることを指します。

三角持ち合いが出来るとその頂点で株価が大きく動きます。その動く方向によって買いか売りなのかを判断します。

これら3つのチャートパターンをただ単に覚えるだけでは実際の取引の現場で生かすことは出来ません。

これらのチャートパターンになぜなるのかという理由や投資家の心理的な背景を理解することで初めて現場でこれらの知識を生かすことが出来るようになるでしょう。

Q.テクニカル分析とは何ですか?

テクニカル分析とは過去の値動きを記したチャートから今後の値動きを予測する分析手法です。

過去のチャートの動きを元に現在の相場を分析するため相場や経済の知識は必要ありません。

一方で大きな災害や経済政策の転換など予測できない出来事には対応できないのがデメリットです。テクニカル指標は数百種類あり、自分に合った分析手法を身に付けることが投資の成績を上げるためのカギとなるでしょう。

利益の上がっている投資家やアナリストが自身のテクニカル分析の手法を紹介したりしていますが、最終的には自分に合った分析手法を見つけることが仮想通貨投資で利益を積み上げていくことに繋がります。

Q.リアルタイムでチャートを見ることは重要ですか?

リスク管理の観点から定期的にチャートをチェックした方が良いでしょう。

自然災害など予想外の出来事で価格が急落してしまうこともありえるからです。

一方でチャートにずっと張り付いてしまうと短期的な価格の上げ下げに動揺してしまい適性な判断が出来なくなってしまう恐れもあるため、あえてチャートを見ないというのも1つの手です。

チャートをチェックするのはスキャルピング、デイトレード、スイングトレードなどどれくらいの期間で通貨を保有もしくは取引をするのかによって頻度を変えてみるのがベストでしょう。

Q.仮想通貨チャート分析に必要なスキルは何ですか?

仮想通貨取引のチャート分析は数字に強いことが求められます。

過去に起こった事件やニュースに一切注目することなく目の前で起こっている値動きのみで通貨売買の判断をしていくからです。

目の前に表示されているチャートのみを頼りに相場を判断するため、相場や経済の知識が無い初心者でも始めやすい分析方法でしょう。

仮想通貨のチャート分析は、周囲のノイズに左右されることなく目の前の相場のみに向き合って機械的に分析して投資を続けていくことが求められます。

仮想通貨をチャートで分析して快適に運用しよう!

仮想通貨チャートは過去の値動きを分かりやすくグラフ化したものであり、仮想通貨投資で安定的に利益を積み上げていくためにはチャート分析を行なうのが必須です。

これから仮想通貨を始めるという人もチャート分析を活用した取引なら相場や経済の知識が無くても心配ありません。

チャート分析をすることで今後の値動きを予想することが出来ます。しかし仮想通貨取引も投資である以上、大きな損失を出してしまう可能性も0ではありません。

リスク管理の徹底や取引のルールを決めて感情的なトレードを控えるなどして資産を大きく減らしてしまう状態を防ぐことが大切です。

チャート分析やトレード手法はいくつか種類があるので、自分に合った手法を見つけることでなるべく損失を減らしながら少しずつ利益を積み上げていくことが出来るでしょう。

仮想通貨は確定申告をする必要がある?確定申告の手順や税金計算方法を解説

RELATED POST