FX PR記事

FXと株の違いはある?メリット・デメリットの比較や初心者向けの投資商品を徹底解説!

編集者:Money Theory編集部
FXと株の違いはある?メリット・デメリットの比較や初心者向けの投資商品を徹底解説!

株とFXの違いって?
初心者なら株とFXどっちが始めやすい?

そんな風に、投資に興味があるものの、それぞれの投資法の違いや特色についてはよくわからないという方は多いです。

そこでこの記事では、株とFXの違いや特徴、そして実際に取引を始める方法についてわかりやすく解説していきます。

【2023年最新】おすすめFX口座比較ランキング!初心者に人気の評判が高いFX会社を一覧表で徹底比較

FX投資におすすめのFX会社【2024年06月最新】
みんなのFX
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 1,000通貨から取引可能!
  • スワップポイントが高い
米ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
米ドル円スワップポイント 93円(2022/09/13付与)
取引通貨単位 1,000通貨単位
【完全無料】5分で申込完了!少額取引できる!

FXと株の比較表

FXと株の各種項目ごとに比較した一覧表が下記の通りです。

FX
投資対象 国が発行する通貨 企業が個別に発行する株式
投資対象の数 約180種類の法定通貨を対象とし、それを組み合わせた通貨ペア 上場株式数(約3,000社以上)
取引可能な時間 平日24時間 平日9時~15時
インカムゲイン スワップポイント 配当金
レバレッジ 国内は最大25倍 なし(信用取引を除く)
手数料 安い 高い
値動きの大きさ 0.5%~1.8%程度 1%~3.6%程度
主な変動要因 景気・世界情勢・金融政策 企業の業績

FXと株の違いを比較

FXと株の違いを項目ごとに解説していきます。

FXと株の比較
  • 投資対象
  • 投資対象の数
  • 取引可能な時間
  • インカムゲイン
  • レバレッジ
  • 手数料
  • 値動きの大きさ
  • 主な変動要因

投資対象

FXと株はそれぞれ投資対象が異なります。

FXは世界中の中央銀行が発行する通貨が対象となり、異なる2つの通貨を組み合わせて取引します。

一方、株式投資は証券取引所に上場している企業の株式が対象であり、企業ごとの銘柄を選んで投資します。

投資信託を活用することで、複数の企業の株式をパッケージにした投資も可能です。

投資対象の数

株式投資の投資対象は、数万にものぼる企業の株式です。

証券取引所に上場している数多くの企業から選択できます。

一方FXは約180種類の法定通貨を対象とし、それを組み合わせた通貨ペアで取引します。

ただし、全ての通貨ペアを取り扱っているFX会社はないため、取引可能な通貨ペア数にはFX会社はごとに差があります。

取引可能な時間

FXは平日24時間取引が可能です。

祝日でも取引が行えるため、時間帯に制約を受けずに自由な投資ができます。

一方、株式投資は平日の特定の時間帯に限られます。

日本の証券取引所では午前9時から11時30分、午後12時30分から15時の間に取引が行われます。

株式投資の場合時間的な制約がある一方で、専業投資家は集中して値動きを追えるメリットがあります。

どちらの投資を選ぶかは、個人の投資スタイルや目標に合わせて検討する必要があります。

自分のライフスタイルや投資目的に合った選択をしましょう。

インカムゲイン

投資の収益にはキャピタルゲイン(資産売却益)とインカムゲイン(資産保有益)の2種類があり、FXと株それぞれに存在します。

FXの場合、スワップポイントというインカムゲインがあります。

これは通貨ペアの金利差から毎日発生するもので、一部の高金利通貨との組み合わせによってスワップポイントだけで生計を立てる投資家もいます。

株式投資では配当金がインカムゲインの一形態です。

企業から株主に事業利益の一部を分配しています。

レバレッジ

投資する際の資金の何倍の金額を取引できるかを表すレバレッジは、FXと株で異なります。

FXでは最大25倍までのレバレッジをかけることができ、小額の資金で大きな取引が可能です。

しかし高いレバレッジでの取引はリスクも高くなるため、リスク管理と資金管理を徹底し、取引スタイルに合った適切なレバレッジを選ぶことが重要です。

一方、株式投資は現物株の場合は1倍、信用取引でも最大約3.3倍のレバレッジです。

FXと比べると堅実な取引をしたい方に向いています。

取引に必要な最低資金の目安

FXと株はそれぞれ取引に必要な最低資金が異なります。

FXは基本数千円から始めることができ、レバレッジの活用によって幅広い投資戦略が可能です。

一方株式投資は一般的に数万円から数百万円の資金が必要であり、単元株などのシステムが資金を多く必要とする要因となります。

ただし近年は単元未満株という少額から投資できるサービスも増えており、証券会社によって場数千円から株式投資を始められるケースもあります。

ただし企業の経営に参加する側面もある分、株式投資の方が必要資金が大きくなる傾向にあります。

手数料

株の手数料は、ネット証券では無料のことが多いです。

ただし総合証券や一部のネット証券会社では、最低で50円から、1,000円以上の手数料がかかることもあります。

一方、FXは基本的に手数料は無料。

ただし実際の取引にはスプレッドという差額が含まれ、このスプレッド実質的な手数料であると認識されています。

例として、1万通貨の取引であれば、1万通貨×スプレッド0.2銭=2,000銭で、実質20円の手数料と考えられます。

【2023年最新】ネット証券の手数料を比較!株取引の売買手数料や一番安いネット証券を解説

値動きの大きさ

FXと株式投資では値動きの大きさにも違いがあります。

FXでは通常、1日の値動きは1%前後であり、大きなイベントがあっても3-4%程度にとどまります。

これは各国の中央銀行や政府が通貨の安定を図るために介入することが影響しています。

一方、株式投資では株価が1年で10倍や100倍に増えることもありますが、倒産すれば株価は0円になるリスクも存在します。

株式投資は値動きが大きく、損失が発生するスピードも早い点に注意が必要です。

主な変動要因

FXと株は値動きの要因も異なります。

FXでは、通貨の金融政策や経済状況が値動きの主な要因となります。

政策金利やGDPなどの発表や要人の発言が相場に影響することも。

一方、株式投資では企業の業績やIR情報が主な要因です。

決算や新規事業開始、業務提携などが株価に影響を与えます。

また、グローバルに展開する企業は外国の経済や為替動向にも影響されるため、幅広く情報を収集する必要があります。

FXと株のメリット・デメリット

FXと株、それぞれのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

FXのメリット・デメリット

【FXのメリット】

  • 少額資金でもレバレッジにより大きな金額での取引ができる
  • 売り・買い両方で利益獲得を目指せる
  • 取引コストが安く、スプレッドが主な手数料
  • 高金利の通貨の取引ではスワップポイントが得られる
  • 平日の取引時間が長いため取引チャンスが多い

【FXのデメリット】

  • レバレッジによるリスクに注意。利益だけでなく損失も大きくなる可能性がある
  • 予測が外れると大きな損失を生む可能性がある

株のメリット・デメリット

【株のメリット】

  • 株主優待がもらえる
  • 値動き幅が大きいため一度に大きな利益を狙える
  • 銘柄数が多く、投資対象の選択肢が広い

【株のデメリット】

  • 初期費用が高く、はじめから大きな資金が必要
  • 一部の銘柄に流動性リスクがあり、取引が難しい場合がある
  • 銘柄の選選択肢が多いのでかなりの情報収集が必要

FXと株それぞれには特有の利点と課題があり、個々人の目標やリスク許容度に応じて適切な選択をすることが大切です。

十分な情報収集と計画を立てて、投資に役立てましょう。

FXと株のどちらが投資初心者におすすめ?

FXと株はどちらも初心者が始めやすい投資の一つですが、FXのほうが投資法としての難易度はやや低く、少額から始められることからも初心者が始めやすいと言えるでしょう。

ただし、向き不向きは個人の性格や生活環境などにも影響されます。

自分はFXと株のどちらが向いているのか、以下の内容を照らし合わせてみてください。

FXがおすすめな人、株式投資がおすすめな人の特徴をまとめています。

FXと株がおすすめな人の特徴

FXと株がおすすめな人の特徴はそれぞれ下記の通りです。

FXがおすすめな人の特徴

FXがおすすめな人の特徴
  • 少ない資金で投資を始めたい人
  • 日中忙しくて投資の時間が限られる人

FXは株式投資に比べて取引に必要な最低資金が少なく済みます。

また24時間市場が開いているのも特徴。

そのため、少ない資金で投資を始めてみたい人や、日中は仕事や家事育児で忙しいく投資にかけられる時間が限られている人におすすめです。

FX初心者が少額から始めるべき理由と少額取引で稼げるおすすめFX会社8選

株がおすすめな人の特徴

株がおすすめな人の特徴
  • 株価情報に継続的にアンテナを張れる人
  • 平日の昼間に取引時間を確保できる人

株式投資がおすすめなのは、株価情報に継続的にアンテナを張れる人、市場の開いている平日の日中に十分な取引時間を確保できる人です。

短期投資におすすめの投資手法・銘柄はある?長期投資との違いやメリット・デメリットを解説

FXと株はどちらが儲かる?

FXと株、どちらが効率的に利益を狙っていけるのか、気になる方も多いでしょう。

投資商品の価格とレバレッジの大きさを考慮すると、株よりもFXの方が資金効率が高く、儲けやすい投資法といえるでしょう。

ただしFXは大きな利益利益を狙える半面、損失も比例して大きくなる可能性が高いです。

少額で一攫千金できるという考えだけで取引を始めると危険ですよ。

一方株は長期的な目線でコツコツと資産を増やしていきたいという方におすすめ。

投資先を分散することで損失のリスクを抑えることもできます。

短期的な目線で儲かるのはFXですが、その分ハイリスクハイリターン。

長期的なら、ローリスクでコツコツ利益を積み重ねていける株式投資が向いています。

株初心者におすすめのネット証券

株初心者におすすめのネット証券を厳選して紹介します。

初心者の株式投資におすすめのネット証券
  • 楽天証券
  • SBI証券
  • 松井証券

初心者におすすめの通貨ペア徹底解説!失敗しない選び方や勝ちやすい通貨ペアも紹介!

楽天証券

楽天証券トップ
総合★★★★★ 4.5
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 99円 275円 535円
1日定額制 0円 0円 0円

キャンペーン
米国株取引手数料(実質)無料プログラム 投信積立での楽天キャッシュ決済開始記念キャンペーン

楽天証券は、特に楽天会員の方にはとてもおすすめの証券会社です。

楽天会員なら30秒で口座開設でき、株取引で楽天ポイントを貯めることもできます。

約60万人が使用する超人気ツール。

楽天経済圏を利用している方も非常に多いため、楽天ポイントを有効活用して投資したい方にぴったりです。

楽天は証券以外にもお得がいっぱいですから、この機会に楽天会員になるのもおすすめです。

楽天証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

投資を始めたい人必見!

SBI証券

SBI証券 商標
総合★★★★★ 4.5
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 99円 275円 535円
1日定額制 0円 0円 0円

キャンペーン
FX取引!キャッシュバックキャンペーン SBI証券でiDeCo始めちゃおう!キャンペーン

SBI証券は名実ともに国内トップの最大手です。

取引数、口座数ともに国内第一位の名実ともにトップクラス、豊富な種類の銘柄を扱うことも魅力です。

SBI証券はネット証券のなかで最もバランスよく充実したサービスを受けられる総合力の高い証券会社なので、証券会社選びに悩んでいる初心者の方がまず候補にしておきたいサービスの一つです。

SBI証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

松井証券

松井証券
総合★★★★★ 4.0
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 0円 0円 1,100円
1日定額制

キャンペーン
新規デビュープログラム つみたてデビュー応援総額1億円還元キャンペーン

松井証券は独自のサービスが充実しているため、コアな層から確実な人気を誇っています。

日計りでの信用取引時に売買手数料が無料になる「一日信用取引」が可能な点、1日の売買代金50万以下なら手数料が無料な点等が特に大きな魅力。

特に手数料が無料なのは、他の証券会社ではありえないサービスです。

初心者でいきなり1日50万以上取引する方はそうそういないでしょうから、初心者の方は実質手数料無料で株式取引ができます。

松井証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

初心者におすすめのFX会社

初心者におすすめのFX会社も3社をまとめていますので「初心者でどれを選べば良いのかわからない…!」と迷っている人は参考にしてください。

  • みんなのFX
  • GMOクリック証券
  • GMO外貨

みんなのFX

みんなのFX
通貨ペア 34種類
取引通貨単位 1.000
サポート対応時間 平日10:00~17:00

みんなのFXは初心者向けのコンテンツが充実しているFX会社で、裁量トレード以外のサービス”自動売買””バイナリーオプション”も利用できるので「とりあえずFX全般を試したい!」という人におすすめです。

またみんなのFXはスワップポイントが業界トップクラスの数値を提示しているので、長期運用でスワップ取引したい人にもおすすめです。

みんなのFXの取引ツールはパソコン・スマホ両方ともシンプルな仕組みになっており、初心者でも手軽に操作できます。

「総合的に使いやすいFX会社で始めたい!」という人は口座開設を検討してみてください。

みんなのFX(トレイダーズ証券)の評判・口コミはどう?メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

GMOクリック証券

GMOクリック証券 商標
総合★★★★★ 4.5
自動売買
×
通貨ペア
スワップ ポイント
スプレッド
メジャー通貨スプレッド・スワップポイント
通貨ペア スプレッド スワップポイント
米ドル円 0.2銭 139
ユーロ円 0.5銭 40
※2022/10/18時点の情報です

キャンペーン
はじめてのFX口座開設+お取引で最大30万円キャッシュバック!
通貨ペア 20種類
取引通貨単位 1.000通貨単位
サポート対応時間 24時間

GMOクリック証券はFXの取引高NO.1のFX会社で、国内でもトップクラスのFXサービスを提供しています。

2022年10月から取引通貨単位を1,000通貨単位からに変更した為、より初心者が少額取引で始めやすい環境になりました。

スプレッド・スワップポイント共に業界トップクラスの数字を提示してくれているので、取引スタイルが確立していない人におすすめ。

総合的にサービスが充実しており取引ツールが高性能なので、初心者から上級者まで満足して利用できます。

GMOクリック証券の評判・口コミはどう?株式・FXの手数料評価や初心者におすすめの理由も解説

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

GMO外貨

GMO外貨
通貨ペア 24種類
取引通貨単位 1.000通貨単位
サポート対応時間 平日・祝日 午前8:00~午後5:00(土日休み)

GMO外貨は、業界トップクラスのスプレッド・スワップポイントを提供しているFX会社。

またGMOクリック証券が提供している取引ツール「スーパーはっちゅう君」は、全ての板情報をリアルタイムで表示することが可能です。

注文条件を設定しておけば板を見ながらダブルクリックするだけで発注できる、デイトレーダーにおすすめな高機能アプリもまたGMOクリック証券の魅力です。

1,000通貨単位から取引可能で少額から運用もできます。

※クリスマス・年末年始は市場の流動性低下に伴い、スプレッドの拡大や価格の急変が起こる場合があります。

それに伴い、以下の期間は原則固定スプレッドの適用対象外となっていますので注意しましょう。

GMO外貨 原則固定スプレッドの適用対象外期間
  • 対象期間:2023年12月25日(月)〜2024年1月8日(月)(ニューヨーククローズ 1月9日(火)7:00)
  • 対象銘柄:全銘柄

GMO外貨の評判・口コミはどう?メリット・デメリットや手数料についても紹介

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

FXと株を始める方法

FXと株を始めるための手順について紹介します。

株の売買は、証券会社を通じて行いますので、証券会社で口座開設します。

一方FXは株と同じく証券会社か、もしくはFX業者を選んで口座を開設します。

FXを始める方法

FXを始める手順は以下の通りです。

① 資金を準備する:まず初めに、FX取引のための資金を用意します。

② FX会社を選ぶ:信頼性のあるFX会社を選びます。取引手数料やスプレッド、取り扱う通貨ペアなどを比較しましょう。

③FX口座を開設する:選んだFX会社で口座を開設します。必要な書類や情報を提供し、口座開設手続きを進めます。

④ 通貨ペアを選ぶ:取引したい通貨ペアを選びます。各FX会社は異なる通貨ペアを提供しているため、自分の取引スタイルに合ったものを選びましょう。

⑤FX取引を始める:口座に資金を入金し、選んだ通貨ペアで取引を開始します。スプレッドやレバレッジなどを考慮してトレードを行います。

株を始める方法

株を始める手順は下記の通りです。

①資金を準備する:まず初めに、株取引のための資金を用意します。

②証券会社を選ぶ:信頼性のある証券会社を選びます。手数料やサービス内容を比較して最適な会社を選びましょう。

③証券口座を開設する:選んだ証券会社で口座を開設します。必要な情報を提供し、口座を作成します。

④株を選ぶ:投資したい銘柄を選びます。企業の業績や市場動向を考慮して選択しましょう。

⑤株取引を始める:口座に資金を入金し、選んだ銘柄で株取引を始めます。証券会社の取引ツールを使って注文を出し、トレードを行います。

FXと株に関するよくある質問

FXと株に関するよくある質問と回答を紹介します。

FXと株に関するよくある質問
  • FXと株の違いは?
  • FXと株のどちらが投資初心者におすすめ?
  • FXと株はどちらが儲かる?

FXと株の違いは?

FXと株の主な違いは下記の通りです。

FX
投資対象 国が発行する通貨 企業が個別に発行する株式
投資対象の数 約180種類の法定通貨を対象とし、それを組み合わせた通貨ペア 上場株式数(約3,000社以上)
取引可能な時間 平日24時間 平日9時~15時
インカムゲイン スワップポイント 配当金
レバレッジ 国内は最大25倍 なし(信用取引を除く)
手数料 安い 高い
値動きの大きさ 0.5%~1.8%程度 1%~3.6%程度
主な変動要因 景気・世界情勢・金融政策 企業の業績

FXと株のどちらが投資初心者におすすめ?

FXと株はどちらも初心者が始めやすい投資の一つです。

ただ、FXのほうが投資法としての難易度はやや低く、少額から始められることからも初心者が始めやすいと言えるでしょう。

ただし、向き不向きは個人の性格や生活環境などにも影響されます。

取引時間中の日中に投資に時間を使える方や、ある程度まとまった投資資金を用意できる方、長期的な目線でコツコツ利益を重ねたいという方には株取引もおすすめです。

FXと株はどちらが儲かる?

投資商品の価格やレバレッジの大きさを考慮すると、株よりもFXの方が資金効率が高く、儲けやすい投資法といえます。

ただしFXは大きな利益利益を狙える半面、損失も比例して大きくなる可能性が高いです。

一方株は長期的な目線でコツコツと資産を増やしていきたいという方におすすめ。

投資先を分散することで損失のリスクを抑えることもできます。

短期的な目線で儲かるのはFXですが、その分ハイリスクハイリターン。

長期的な取引で稼ぐことも視野に入れるなら、ローリスクでコツコツ利益を積み重ねていける株式投資が向いています。

FXと株は初心者にもおすすめ

FXと株それぞれの違いや特徴、始め方や初心者におすすめの証券会社・FX業者について解説しました。

FXと株どちらを始める場合も、しっかりと知識をつけてから始めることが重要です。

メリットデメリットや注意点についても理解し、のサービスの違いについて把握した上で、自分に合った投資法や証券会社・FX業者を選びましょう。

信頼性の高いFX会社10社を比較!安心・安全で信頼できるFX会社の特徴も解説

  1. GMOクリック証券
    FX取引高世界第1位!FX口座開設+お取引で最大30万円キャッシュバック
  2. 外為オンライン
    運用資産100万円以上で利益を出している方が99.62%! ※2022年1月3日~2022年6月30日の期間に設定されたすべてのiサイクル2取引
  3. みんなのFX
    世界最狭水準のスプレッドで少額取引ができる!