Coincheck

Coincheck(コインチェック)の手数料は高い?各種手数料と安く抑えるコツも解説

編集者:Money Theory編集部
Coincheck(コインチェック)の手数料は高い?各種手数料と安く抑えるコツも解説

仮想通貨取引を始めたくても、手数料が気になってなかなか取引をスタートできない方も多いでしょう。

この記事では、Coincheck(コインチェック)の利用時に発生する各種手数料についてまとめています。

また、手数料抑えるためのポイントについても解説しているので、仮想通貨取引所としてコインチェックを検討している方はぜひ目を通してみてください。

コインチェックの評判・口コミを紹介!使いやすさ・安全性・手数料も徹底解説

仮想通貨の取引におすすめのサービス【2024年06月最新】
コインチェック
  • ダウンロード数NO.1!
  • 取引所のBTC取引手数料無料
  • 500円からビットコインが買える!
取扱い通貨 23種類
レバレッジ取引 不可
取引所手数料 無料
【完全無料】5分で申込完了仮想通貨初心者におすすめ!
もくじ
  1. Coincheck(コインチェック)の基本情報
  2. Coincheck(コインチェック)の手数料は高い?
  3. Coincheck(コインチェック)の入金・出金手数料
  4. Coincheck(コインチェック)の暗号資産取引にかかる手数料
  5. Coincheck(コインチェック)の取引手数料
  6. Coincheck(コインチェック)つみたて手数料
  7. 手数料以外のCoincheck(コインチェック)のメリット
  8. Coincheck(コインチェック)がおすすめな人の特徴
  9. Coincheck(コインチェック)で手数料を抑えるためのポイント
  10. Coincheck(コインチェック)の手数料に関するよくある質問
  11. Coincheck(コインチェック)は

Coincheck(コインチェック)の基本情報

Coincheck(コインチェック)
総合★★★★★ 4.5
レバレッジ
×
アプリ
サポートセンター
手数料
コインチェックのサービス概要
銘柄数 23種類
入金手数料 無料
出金手数料 407円
※2023/09/11時点の情報です

キャンペーン
取引所上場記念!FNCT購入キャンペーン
【紹介した人も、された人にも、1,000円プレゼント】 家族友だち紹介キャンペーン

コインチェックとは、アプリダウンロード数4年連続No. 1を獲得した実績を持つ仮想通貨取引所です。

取り扱い通貨が豊富な点や、扱う仮想通貨すベてを日本円から購入できる点等が特徴です。

【初心者必見】仮想通貨のおすすめ取引所ランキング!取扱い通貨・手数料や取引所の選び方を徹底比較

Coincheck(コインチェック)が提供するサービス

2014年8月からサービスを開始したコインチェックでは多くの一般的な仮想通貨取引以外にも多くのサービスが提供されています。

Coincheck(コインチェック)が提供するサービス
  • コインチェックつみたて
  • コインチェック ガス
  • コインチェック NFT (β版)
  • コインチェック IEO
  •  コインチェック貸暗号資産サービス
  • コインチェックでんき

電気料金の支払いでビットコインが使える「コインチェックでんき」や、自動積立が可能な「コインチェックつみたて」など、日常に投資を溶け込ませた嬉しいサービスが豊富です。

Coincheck(コインチェック)の手数料は高い?

仮想通貨取引所として人気のコインチェック。

手数料が高いいという声もありますが、総合的には平均的かやや安い方と感じられます。

特に取引手数料が無料である点が魅力です。

しかし、取引所内での費用だけを見るのではなく、入金手数料にも目を向けると有料の部分もあり、高いいと感じるか安いと感じるかは使い方・使う人次第と言えます。

取引所の取引手数料は仮想通貨による

仮想通貨取引所での取引手数料は、一般的に取引通貨の0.05%などと設定されていることが多いです。

一件少なくも思えますが、何度も取引を繰り返し積み重なってくると、結果的に大きな額になる可能性があります。

その点で、コインチェックの取引手数料はビットコインの場合無料になります。

ビットコインでの取引を考えている方なら、長期的に考えると非常に有利といえるでしょう。入金手数料が高いことがある

一方で、コインチェックの日本円入金手数料については注意が必要です。

日本円入金手数料は、取引所の指定口座に日本円を入金する際に発生する費用のことを指します。

多くの仮想通貨取引所ではこの入金手数料を無料としている中、コインチェックでは特定の方法、例えばコンビニ入金の際には手数料がかかる場合があります。

Coincheck(コインチェック)の入金・出金手数料

仮想通貨取引所であるコインチェックを利用する際、気になるのが入金や出金の際にかかる手数料。

これらは、利用者のトレードの利益に直接影響を及ぼすポイントとなります。

以下では、コインチェックでの入金と出金に関わる手数料について詳しく解説します。

コインチェックの入出金手数料
銀行振り込み 無料
コンビニ入金 3万円未満 770円
3万円以上30万円以下 1018円
クイック入金 3万円未満 770円
3万円以上50万円未満 1018円
50万円以上 入金金額×0.11%+495円
日本円出金 407円

入金手数料

まずコインチェックでの取引を始めるには、自らの口座に日本円を入金する必要があります。

この際、重要となるのが「入金手数料」です。

コインチェックでは、銀行振込、コンビニ入金、そしてクイック入金の3種類の方法で入金することが可能です。

しかし、これらの方法に応じて入金手数料が異なるので、どの方法を選ぶかによって、入金にかかるコストが変わってきます。

出金手数料

次に、暗号資産の取引で得られた利益を自身の銀行口座に戻す際の「出金手数料」についてです。

コインチェックの利用者が暗号資産の利益を自らの銀行口座に出金する場合、その際にかかるのがこの手数料です。

具体的には、1回の出金で上限として5,000万円までの出金が許されており、その際の出金手数料は一律407円となっています。

この出金手数料は出金のたびに必ずかかるため、出金の計画を立てる際にはこのコストも考慮に入れる必要があります。

仮想通貨を現金化する方法は?3つの換金方法と日本円への換金手順を徹底解説

Coincheck(コインチェック)の暗号資産取引にかかる手数料

ここでは、コインチェックでの暗号資産の取引における主要な手数料について解説します。

仮想通貨の送金手数料(一部)
ビットコイン(BTC) 0.0005BTC
イーサリアム(ETH) 0.005ETH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.01ETC
モナコイン(MONA) 0.001MONA
エンジンコイン(ENJ) 30.0ENJ
シンボル(XYM) 1.0XYM

※コインチェックのユーザー間での送金は手数料

暗号資産入金手数料

他の取引所やウォレットからコインチェックへ暗号資産を送金する際に発生するのが「暗号資産入金手数料」です。

コインチェックの場合、この手数料は無料となっています。

ただ、送金にかかる時間は暗号資産の種類やネットワークの混雑状況により変動します。

この遅延は取引所のサービスの問題ではなく暗号資産のネットワーク性質上のものであり、取引所の選択とは無関係です。

暗号資産送金手数料

コインチェックの口座から他の取引所やウォレットへの暗号資産送金に関わるのが「暗号資産送金手数料」です。

この手数料は取引される暗号資産の種類により異なります。

例えば、ビットコイン(BTC)の場合、送金手数料は0.0005 BTCとなっています。

同様に、イーサリアム(ETH)では0.005 ETH、モナコイン(MONA)では0.001MONAといった具体的な手数料が設定されています。

ただし、Coincheckのユーザー間での送金は手数料が発生しません。

Coincheck(コインチェック)の取引手数料

コインチェックでは暗号資産の取引方法によって異なる手数料が適用されます。

具体的には、Coincheck自体との取引やユーザー間の取引という2つの主要な取引方式があり、それぞれ異なる手数料構造を持っています。

取引所取引手数料 通貨次第
販売所取引の手数料 無料
スプレッド 0.1%~5.0%

販売所手数料

コインチェックの販売所では、ユーザーが直接コインチェックと取引を行います。

こちらの手数料は一律で設定されているわけではなく、スプレッドと呼ばれる仕組みが用いられます。

スプレッドとは買値と売値の差のことを指し、この差が実質的な手数料として機能します。

例えば、ある暗号資産を買いたい時と売りたい時の価格が異なる場合、その差額がコインチェックの収益となります。

取引所手数料

一方取引所ではユーザー間での取引が行われ、この方式での手数料はビットコインを始めとするいくつかのコインでは無料となっています。

ユーザーは直接他のユーザーと価格を交渉して取引を行うため、少し複雑な取引形態となります。

したがって、指定した価格で即時に取引が成立するとは限らない点を理解しておくことが重要です。

2023年9月現在、コインチェックの取引所では、ビットコインやイーサリアムクラシック、モナコインなど、計7種類の暗号資産の取引が可能です。

取引手数料は取引コストに直接影響するため、取引を開始する前にしっかりと確認し、効率的な取引を心掛けることが重要です。

コインチェックの取引所の使い方を解説!スマホアプリ・関連サービスの使い方もわかりやすく紹介

取引所の取り引き数料
Maker 手数料 Taker 手数料
BTC: 0.000 % BTC: 0.000 %
ETC: 0.050 % ETC: 0.100 %
LSK: 0.000 % LSK: 0.000 %
MONA: 0.000 % MONA: 0.000 %
PLT: 0.050 % PLT: 0.100 %
FNCT: 0.000 % FNCT: 0.000 %
DAI: 0.000 % DAI: 0.000 %

Coincheck(コインチェック)つみたて手数料

コインチェックには「コインチェックつみたて」という、毎月一定額を自動で積み立てられるサービスがあります。

そんなコインチェックつみたて利用時の手数料は下記の通りです。

口座振替手数料 無料
サービス利用手数料 無料
手数料相当額(スプレッド) 0.1〜4.0%

取引所つみたてサービスの特徴

コインチェックの「つみたて」サービスは、ユーザーが定期的に仮想通貨を購入し、資産を増やしていくための自動取引プランです。

最低積み立て金額が1万円からと、低いハードルでの開始が可能です。

周期的な投資により、市場の変動リスクを分散させることができるのも特徴。

一度設定すれば毎月自動で入金から購入までを行ってくれるので、忙しい方でも安心して利用できます。

手数料以外のCoincheck(コインチェック)のメリット

日本の暗号資産取引所の中でも、コインチェックには多くのユーザーに支持されている理由があります。

それは単に手数料の面だけでなく、その取扱い通貨の豊富さや、購入の手軽さなどにも起因しています。

以下、コインチェックの主なメリットを詳しく見ていきましょう。

手数料以外のCoincheck(コインチェック)のメリット
  • 仮想通貨の取り扱いが豊富
  • すべての仮想通貨を日本円で購入可能
  • ビットコインを500円から買える
  • 最大年率5%の貸暗号資産サービスがある
  • 最短即日から仮想通貨取引が可能

仮想通貨の取り扱いが豊富

2023年9月時点で、コインチェックは「BTC」や「ETH」をはじめとして、全23種類の暗号資産を取り扱っています。

この豊富なラインナップは投資家の多様なニーズに応えるものとなっており、いろいろな仮想通貨を1つのサービスで取引できる点が高評価を得ています。

すべての仮想通貨を日本円で購入可能

多くの取引所では、特定のアルトコインを購入するためには、先にビットコインなどのメジャーコインを購入する必要があります。

つまり2回の取引を行わなくてはならず、それぞれの取引に手数料がかかるケースも少なくありません。

しかしコインチェックはすべての取扱い仮想通貨を直接日本円で購入できます。

これにより、ユーザーは不要な手数料を削減でき、スムーズに取引を進めることが可能となっています。

ビットコインを500円から買える

コインチェックのもう一つの魅力は、500円からビットコインの購入が可能であることです。

低額からスタートできるため、大きなリスクを避けつつ仮想通貨投資を始めたいと考える初心者にピッタリです。

日本円を基軸として取引の手軽さを実感できるコインチェックは、初めての暗号資産投資におすすめのプラットフォームと言えるでしょう。

スマホアプリが使いやすい

コインチェックのスマホアプリの操作は非常に直感的であり、資産の確認や取引の実行がスムーズにできます。

アプリ内では、日本円の入出金や暗号資産の取引はもちろん、リアルタイムでの価格確認も可能。

ウィジェット機能を使って、仮想通貨の価格や変動率を一瞬で確認できる点も特徴です。

最大年率5%の貸暗号資産サービスがある

コインチェックでは、暗号資産をコインチェックに貸し出すことで、利息を受け取ることができる貸暗号資産サービスを提供しています。

このサービスを利用することで、ユーザーは寝かせているだけの暗号資産を有効に活用することができ、最大年率5%という高い利回りを期待できます。

特に長期保有を考えているユーザーにとっては、資産の増加を助ける有益なサービスとなります。

仮想通貨レンディングとは?メリット・デメリットやレンディングができるおすすめ取引所を紹介

最短即日から仮想通貨取引が可能

仮想通貨投資を始める際のハードルの一つが、取引所のアカウント開設とその審査の時間です。

取引所の中には口座開設までに数日を要することもありますが、コインチェックではアプリを利用した本人確認で、最短その日のうちに取引を開始できます。

ただしウェブからの本人確認では時間がかかる場合があるので、すぐにでも取引を始めたい場合はアプリを利用することを推奨します。

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

Coincheck(コインチェック)がおすすめな人の特徴

コインチェックがおすすめな人の主な特徴は以下の通りです。

Coincheck(コインチェック)がおすすめな人の特徴
  • 初めて暗号資産の取引をする人
  • アプリで取引を完結したい人
  • 色々な暗号資産を購入したい人
  • ビットコイン中心のトレードをしたい人
  • 仮想通貨の長期保有を検討している人

初めて暗号資産の取引をする人

コインチェックは特に暗号資産取引の初心者に向いています。

その理由として、直感的な操作を可能にする使いやすいスマホアプリが提供されていることが挙げられます。

取引の始め方や操作方法に迷うことなく、初心者でもスムーズに取引を開始することが可能です。

アプリで取引を完結したい人

スマホアプリを活用し、取引を簡単さとスムーズさを重視するユーザーには、コインチェックが最適です。

アプリではリアルタイムのチャート確認から取引までが一貫して可能。

また、忙しい日常でもスマホからの取引でチャンスを逃さず、効率的な取引が実現できます。

色々な暗号資産を購入したい人

コインチェックは多種多様な暗号資産の取り扱いで知られています。

国内取引所の中でもトップクラスの品揃えが自慢で、2018年の一時的な取り扱い停止を乗り越え、現在も多くのユーザーから支持を受けています。

2023年9月時点では全23種類の仮想通貨を取り扱っています。

ビットコイン中心のトレードをしたい人

頻繁にビットコインの売買を行いたいユーザーには、コインチェックの取引所が特におすすめです。

コインチェックはビットコインの取引手数料が無料となっているため、小額の取引でも手数料を気にせず、柔軟にトレードを楽しむことができます。

ビットコインの少額投資では儲からない? 少額でできる取引方法と儲けるコツを徹底解説

仮想通貨の長期保有を検討している人

長期間の保有を前提とした暗号資産の運用を検討しているユーザーにとって、コインチェックの貸暗号資産サービスは大きな魅力となります。

このサービスを利用することで、暗号資産をコインチェックに貸し出すことで年率5%の利回りを目指すことが可能です。

資産形成のための新たな選択肢となるでしょう。

このようにコインチェックは、さまざまなニーズを持つユーザーに対して、多様なサービスを提供しています。

自身の取引スタイルや目的に合わせて、コインチェックの機能やサービスを最大限に活用しましょう。

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

Coincheck(コインチェック)で手数料を抑えるためのポイント

コインチェックで手数料を抑えるためのポイントについてまとめました。

Coincheck(コインチェック)で手数料を抑えるためのポイント
  • 販売所での取引を減らす
  • 出金は一度にまとめる
  • 日本円を入金する際は銀行振込を利用する

販売所での取引を減らす

コインチェックで取引をする際、スプレッドが実質的な手数料として発生することを理解しておくことが重要です。

販売所では取引手数料自体は無料とされていますが、購入と売却の価格の差、すなわちスプレッドがコストとなります。

そのため頻繁な取引を行うよりは、必要なタイミングでの取引を心掛けることでスプレッドの影響を最小限に抑えることができます。

出金は一度にまとめる

コインチェックでの出金時の手数料は一律407円です。

複数回に分けて小額を出金するより、一度にまとめて大きな金額を出金する方が手数料を効率的に抑えられます。

例えば、3回に分けて3万円ずつ出金するより、一度に9万円を出金した方が、手数料は3分の1に抑えられます。

計画的な資金管理で、無駄な手数料の支出を避けるようにしましょう。

日本円を入金する際は銀行振込を利用する

コインチェックに日本円を入金する方法にはいくつかの選択肢がありますが、銀行振込を利用すると入金手数料が無料となります。

一方、クイック入金やコンビニ入金には手数料が発生します。

これらの便利な方法も時には利用価値がありますが、頻繁に利用するとそのたびに手数料がかかりますので、大きな金額を一度に入金するなど繰り返しの入金を減らす工夫が求められます。

コインチェックの最新キャンペーンまとめ!紹介コードや特典がいつもらえるかも解説

Coincheck(コインチェック)の手数料に関するよくある質問

コインチェックの手数料に関するよくある質問と回答を紹介します。

Coincheck(コインチェック)の手数料に関するよくある質問
  • Coincheck(コインチェック)の手数料は高い?
  • コインチェックの手数料とスプレッドの違いは?
  • コインチェックの信頼性に問題はない?

Coincheck(コインチェック)の手数料は高い?

コインチェックの手数料は、総合的には平均的かやや安い方と感じられます。

特にコインチェックは取引手数料が無料である点が魅力です。

しかし、取引所内での費用だけを見るのではなく、入金手数料にも目を向けると有料の部分もあり、高いと感じるか安いと感じるかは使い方・使う人次第と言えます。

コインチェックの手数料とスプレッドの違いは?

手数料は、取引の際に取引所がユーザーから徴収する固定の料金やパーセンテージを指します。

一方、スプレッドは購入価格と売却価格の間の差額を指し、これが取引所の収益となる部分です。

コインチェックでは、取引手数料自体は無料ですが、取引の際にスプレッドが発生します。

このスプレッドが実質的な手数料としてユーザーの取引コストとなるので、取引の際はその幅を確認し、計画的に行動することが求められます。

コインチェックの信頼性に問題はない?

コインチェックは仮想通貨の流出被害に遭っています。

しかし、2018年4月からマネックスグループのグループ会社となったことで、信頼を取り戻しつつあります。

東証一部上場企業のグループ会社となったことで、コンプライアンス体制やセキュリティー体制なども改善されています。

現在のコインチェックであれば信頼性にも問題はないと言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)は

コインチェックの各種手数料について紹介しました。

コインチェックの手数料は、総合的には平均的かやや安い方と感じられます。

特にコインチェックは取引手数料が無料である点が魅力です。

しかし、取引所内での費用だけを見るのではなくその他の項目にも目を向けると、スプレッドはやや広く設定されていたり、入出金や送金の手数料が有料という一面もあります。

高いと感じるか安いと感じるかは使い方・使う人次第と言えるでしょう。

各手数料体系を把握し、自分の取引スタイルに合うかどうかで取引所を決めていきましょう。

仮想通貨は確定申告をする必要がある?確定申告の手順や税金計算方法を解説