CFD

CFDにおすすめの注文方法は?初心者向き・上級者向き注文方法とCFD取引ができる証券会社を紹介

編集者:Money Theory編集部
CFDにおすすめの注文方法は?初心者向き・上級者向き注文方法とCFD取引ができる証券会社を紹介

CFD取引は、株式などの有価証券を保有せずに売買価格の差額だけを決済する取引方法。

株式投資に比べて手数料面で有利なほか、FX取引のようにレバレッジを効かせて大きな利益を狙うこともできる等メリットが多いです。

しかしCFD取引を始めようとした時に多くの方が直面するのが、その注文方法の多さです。

各注文方法にはどんな特徴があるのか、CFD取引におすすめの注文方法はどれなのかわからずに悩んでいる方も多いでしょう。

そこでこの記事ではCFD取引におすすめの注文方法を「初級者向き」「中級~上級者向き」に分けて解説していきます。

それぞれの注文方法のメリットや注意点についても解説しますので目を通してみてください。

CFD取引におすすめの証券会社【2024年06月最新】
SBIネオトレード証券
  • メジャーな銘柄を豊富に搭載!
  • 取引ツールが使いやすい
  • 売買手数料0円!
銘柄種類 31銘柄
レバレッジ 5~10倍
取引手数料 無料
取引ツールが充実!

【初級】CFDにおすすめの注文方法

まずはCFD初級者におすすめのの注文方法から紹介していきます。

下記の3つの注文方法は、CFD取引及び株取引においてスタンダードな注文方法ですので、初心者はまずこの3つを習得しておきましょう。

それぞれの注文方法を使うおすすめの場面や注意点についても解説していきます。

各注文方法の特徴を把握しながら、自分のトレードスタイルに合う注文方法はどれかを考えてみましょう。

  • 【現在の価格でそのまま発注】成行注文
  • 【注文価格を指定して発注】指値注文
  • 【株価が指定値以上で買い・以下で売り】逆指値注文

【現在の価格でそのまま発注】成行注文

成行注文のポイント
  • 売買の際、値段を指定せずに注文する
  • その時の市場価格で一番有利な売買の相手と取引できる
  • 取引が成立しやすい

成行注文とは、売買を行うときに、値段を指定せずに注文する方法です。

「いくらでもいいから今の市場価格で売買したい!」というスタンスの注文方法で、売買を早く、確実に執行したい時に有効です。

数あるCFD取引の注文方法の中でも、最もベーシックな注文方法と言えます。

成行で売り注文をした場合は、その時に一番高く買い注文していた人と、買い注文をした場合は一番安く売り注文していた人と売買が成立することになります。

取引が成立しやすい点はメリットですが、一方で相場が大きく変動した際に、予想以上に高く買ったり、安く売れてしまう可能性がある点には注意する必要があります。

【注文価格を指定して発注】指値注文

指値注文のポイント
  • 売買の際に値段を指定して注文する
  • 想定外の価格で売買が成立するリスクを防げる
  • 忙しい人でも使いやすい

成行注文とは反対に、売買の際に値段を指定して注文する方法を指値注文といいます。

売り注文を出した際は指定した金額以上の株価になった時、買い注文を出した際は指定した金額以下の株価になった時に約定します。

例として、現在の株価が1,100円の株式を1,050円で「買い」の指値注文を出した場合、株価が1,050円まで下がった時に約定するということです。

つまり想定外の価格で売買が成立するリスクを防げる点が指値注文のメリット。

また仕事や家事育児、プライベートが忙しく株価の値動きをこまめにチェックできない方でも、自分でタイミングはかる必要のない指値注文なら扱いやすいです。

【株価が指定値以上で買い・以下で売り】逆指値注文

逆指値注文のポイント
  • 指値注文と同じく売買の際に値段を指定して注文する
  • 指値注文とは逆で株価が指定値以上で買い・以下で売り
  • 逆指値での売り注文は損切りで使うのが一般的

「指値注文」に対して「逆指値注文」という方法もあります。

逆指値注文とは、株価が指定した値以上に上昇した時に買付け、下落して指定した値以下になった時に売付けする注文方法です。

逆指値での売り注文は、株価が下落している局面でこれ以上の損失を出さないための注文であることが多いです(損切り)。

一方で逆指値での買い注文は、株価が上昇している局面で買い時を逃さないために使われることが多いです。

【中級~上級】CFDにおすすめのの注文方法

続いて、中級~上級者におすすめの注文方法について解説します。

成行注文、指値注文を攻略し、さらに自分のトレードスタイルを模索していきたいという方におすすめです。

  • 【損失を限定しつつ利益を伸ばせる】トレール注文
  • 【新規注文約定で自動で決済注文発注】IFD注文
  • 【利益確定と損切りの注文を同時に出せる】OCO注文

【損失を限定しつつ利益を伸ばせる】トレール注文

タイトル
  • トレール注文は逆指値注文の進化系
  • 損切りラインを有利な方向に動かすことができ
  • 損切りが苦手な方や、利益確定が上手くできない方に最適

トレール注文とは、先ほど紹介した逆指値注文に「値幅指定機能」を追加する注文の事で、損失を限定しつつ利益を伸ばすのに向いています。

で逆指値注文の際に値動きによって売りの逆指値価格を引き上げたり、買いの逆指値価格を引き下げたりと、損切りラインを有利な方向に動かすことができます。

トレール注文なら損切りラインに達するまで基本的には放置しておけば良いため、手動で利益確定する必要がありません。

損切りが苦手な方や、利益確定が上手くできないと悩んでいる方におすすめの注文方法です。

【新規注文約定で自動で決済注文発注】IFD注文

IFD注文のポイント
  • 新規の注文と決済の注文を同時に出せる
  • 新規注文と決済注文ともに指値と逆指値を選択することができる
  • 注文から決済までの流れをある程度自動化できる

IFD注文とは、新規の注文と決済の注文を同時に出せる注文方法です。

IFDは「If done」の略。

例としては、「○○円になったら新規で買い注文、その後○○円になったら決済」というように、買いと売りの注文を同時に発注することができます。

指値・逆指値注文と一緒に使うこともでき、これによって注文から決済までの一連の流れをある程度自動的に行うことができます。

レートを1日中監視していなくても良くなり、タイムパフォーマンスの向上を見込めます。

また新規注文が約定した後でも、決済注文前に取り消したり条件を変更することも可能な柔軟さも魅力の一つです。

【利益確定と損切りの注文を同時に出せる】OCO注文

OCO注文のポイント
  • 利益確定と損切りの注文を同時に出せる
  • 相場の動きが予想しづらい時に便利

OCO注文とは、指値と逆指値の注文を同時に出しておいて、片方が成立したらもう一方が自動的にキャンセルされる注文方法です。

保有しているポジションに対して、相場が上昇すれば利益確定、相場が下落したら損切りしたいという場合に使います。

将来的にどちらかに相場が大きく動きそうといった際、OCOを使えば利益確定の指値と損切りの逆指値を同時に出すことができるため、両方のパターンに備えることができます。

注文時点では上がるか下がるか予想しずらいときに便利な注文方法です。

おすすめの注文方法に対応!CFD取引できるネット証券

ここまでに紹介したおすすめの注文方法に対応している、CFD取引できるネット証券を紹介します。

それぞれの証券会社ごとに対応している注文方法の数や種類が異なります。

選べる注文の方法の多さや、自分の気になっている注文方法を扱っているかどうかに注目して各証券会社を比べていきましょう。

  • SBIネオトレード証券
  • GMOクリック証券
  • DMM CFD
  • サクソバンク証券
  • 楽天証券(楽天MT4CFD)
  • IG証券
会社名 SBIネオトレード証券 GMOクリック証券 DMM CFD サクソバンク証券 楽天証券(楽天MT4CFD) IG証券
株式会社SBIネオトレード証券 GMOクリック証券 商標 DMM FX サクソバンク証券 楽天証券トップ IG証券
注文方法 【通常方法】
ストリーミング(成行)/クイック決済/指値/逆指値/トレール/FIFO/一括決済/ロスカット/
【複合注文】
IF-DONE注文/OCO注文
スピード注文/成行注文/指値注文逆指値注文/IFD注文/OCO注文/IFD-OCO注文/トレール注文 即時注文/指値/逆指値注文・IFD注文/OCO注文、IFO注文/クイック決済注文/一括決済/FIFO注文 成行注文/指値注文/逆指値注文/逆指値注文(トレイリング追随型)/IFD注文/IFD-OCO注文 成行注文(新規・決済)/指値・逆指値注文(新規・決済)/IF-DONE注文/IF-OCO注文/ワンクリック注文/トレーリングストップ注文 成行注文/指値/逆指値注文/IFD注文/IFO注文/スピード注文/トレーリングストップ注文(※対象外銘柄あり)

SBIネオトレード証券

株式会社SBIネオトレード証券

2024/03/08時点の情報です。

総合★★★★★ 3.0
NISA
積立NISA
IPO
米国株
×
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 88円 198円 374円
1日定額制 0円 0円 0円

キャンペーン
現在開催中のキャンペーンはありません。
SBIネオトレード証券の特徴
  • WEBブラウザ版とスマホアプリ版に対応した高機能取引ツール「ネオトレードCFD」
  • CFD取引におすすめの各種注文方法を標準搭載(成行・指値・逆指値・IFD・トレール・OCO 等)
  • CFD取引の取引手数料が無料

SBIネオトレード証券のCFD取引は成行注文、指値注文などの基本的なものに加え、IFD注文、トレール注文等のシステマチックな取引を可能にする注文も利用可能。

さらに相場の動きが予想しづらい時に便利なOCO注文にも対応している等、CFD取引におすすめの各種注文方法を標準搭載しています。

CFD取引専用ツール「ネオトレードCFD」は、インストール不要のWEBブラウザ版とスマホアプリ版の2種類に対応

いずれもCFD取引画面は直感的に操作できるシンプルでなデザインで、初心者から上級者まで扱いやすい設計となっています。

またSBIネオトレード証券のCFD取引は取引手数料が無料(※)

コストを気にせず取引でき、取引成果を最大化したいという方に最適です。

※ ロスカット条件に抵触し強制決済が発生した場合には、ロスカット手数料が発生

投資を始めたい人必見!
WEBで簡単申込

SBIネオトレード証券の基本情報

SBIネオトレード証券のCFD取引で利用できる注文方法や各種手数料についての基本情報は下記の通りです。

SBIネオトレード証券の基本情報
CFDの注文方法 【通常方法】
ストリーミング(成行)/クイック決済/指値/逆指値/トレール/FIFO/一括決済/ロスカット/
【複合注文】
IF-DONE注文/OCO注文
取引手数料 無料
その他手数料 ロスカット手数料:
指数CFD:110円(税込/最小単位毎)
個別株CFD:55円(税込/最小単位毎)
口座管理料:無料
取扱銘柄数 指数CFD:日本225/米国30/米国100/米国500
個別株CFD:27銘柄
取引時間 【指数CFD】
月曜日~土曜日の8:00〜翌6:50
(米国夏時間は7:00〜翌5:50)
※火曜日~土曜日の6:50~8:00
(米国夏時間5:50〜7:00)はメンテナンス
【個別株CFD】
月曜日~金曜日の23:30~翌5:50
(米国夏時間曜は22:30~翌4:50)
レバレッジ 指数CFD:10倍
個別株CFD:5倍

SBIネオトレード証券のCFDデビュー応援キャンペーン

SBIネオトレード証券 CFDデビュー応援キャンペーン

SBIネオトレード証券ではCFDデビュー応援キャンペーンを開催します。

条件達成によって3種類の特典が用意されているお得なキャンペーンとなっています。

各特典の達成条件などの詳細もまとめていますので目を通してみてください。

キャンペーン内容 ① CFD取引枚数に応じて、取引手数料最大10万円キャッシュバック
② CFDの入金額に応じて信用金利優遇
③ CFD口座の一定額入金者を対象に抽選で1万円相当のギフトプレゼント
対象 SBIネオトレード証券のCFD取引CFD口座をお持ちの方
キャンペーン期間 2023年8月1日(火)~2023年9月29日(金)

まずは、取引手数料最大10万円キャッシュバックの特典について紹介します。

キャンペーン期間中のCFD取引枚数に応じて、 取引手数料を最大10万円までキャッシュバックしてくれますよ。

現物株、先物オプション取引でお支払いされた取引手数料が対象となります。

集計期間とキャッシュバック上限金額は下記の通りです。

【集計期間】
第1回 2023年8月1日(火)~8月31日(木)
第2回 2023年9月1日(金)~9月29日(金)

対象取引枚数 キャッシュバック上限金額(税込)
10枚~100枚 最大10,000円
101枚~200枚 最大20,000円
201枚~300枚 最大30,000円
301枚~400枚 最大40,000円
401枚~500枚 最大50,000円
501枚以上 最大100,000円

2つ目は各集計期間内のCFD口座へ入金した方を対象とした、制度信用取引の買方金利の優遇です。

集計期間と金利優遇期間は下記の通り。

【集計期間】
第1回 2023年8月1日(火)~8月25日(金)
第2回 2023年9月1日(金)~9月29日(金)

【金利優遇期間(約定日基準)】
第1回 2023年9月1日(金)~9月29日(金)
第2回 2023年10月2日(月)~10月31日(火)

集計期間の入出金総額に対する優遇金利は下記の通りです。

集計期間の入出金総額 優遇金利
500万円未満 2.00%
500万円以上1000万円未満 1.90%
1000万円以上3000万円未満 1.80%
3000万円以上5000万円未満 1.70%
5000万円以上1億円未満 1.60%
1億円以上 1.50%

3つ目は各集計期間内のCFD口座へ100万円以上ご入金されたお客様を対象に、抽選で1万円相当のギフトのプレゼントです。

各集計期間で1万円ずつのプレゼントとなり、集計期間中の入金・出金の合計額によって判定されます。

下記は当選者数と集計期間です。

【集計期間】
第1回 2023年8月1日(火)~8月31日(木) 当選者数10名
第2回 2023年9月1日(金)~9月29日(金) 当選者数10名

集計期間の入出金総額に対する付与票数は下記の通りです。

集計期間の合計入金額が多い程、当選確率(抽選票数)が上がりますよ。

集計期間の入出金総額 付与票数
100万円以上200万円未満 1票
200万円以上500万円未満 2票
500万円以上1000万円未満 10票
1000万円以上3000万円未満 20票
3000万円以上 100票
投資を始めたい人必見!
WEBで簡単申込

GMOクリック証券

GMOクリック証券 商標

2024/03/25時点の情報です。

総合★★★★★ 4.5
自動売買
×
通貨ペア
スワップ ポイント
スプレッド
メジャー通貨スプレッド・スワップポイント
通貨ペア スプレッド スワップポイント
米ドル円 0.2銭※原則固定 256
ユーロ円 0.4銭※原則固定 219
 

キャンペーン
はじめてのFX口座開設+お取引で最大55万円キャッシュバック 等
GMOクリック証券の特徴
  • IFD注文、OCO注文、IFD-OCO注文、トレール注文を利用可能
  • 株価指数や株式、商品など130銘柄以上でCFD取引が可能
  • チャート分析に特化した取引ツール

GMOクリック証券のCFD取引でも、IFD注文、OCO注文、トレール注文等を利用可能です。

株価指数や株式、商品など130銘柄以上でCFD取引が可能なのも嬉しいポイント。

豊富な銘柄からCFD取引したい方に向いています。

デモトレードにも対応しているので、事前にCFDの各種取引方法を試すこともできます。

CFD取引ツール「プラチナチャート」は、チャート分析に特化していて、発注機能を搭載しておらず、注文は別のツールで行います。

その分38種類のテクニカル指標と27種類の描画ツールを搭載するなどチャート分析に特化しているのが特徴です。

GMOクリック証券の基本情報

GMOクリック証券のCFD取引で利用できる注文方法や各種手数料についての基本情報は下記の通りです。

GMOクリック証券の基本情報
CFDの注文方法 分析専用(別のツールにてスピード注文、成行注文、指値注文、逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFD-OCO注文、トレール注文を利用可能)
取引手数料 無料
その他手数料 保護預かり口座管理料:無料
取扱銘柄数 146銘柄(株価指数、商品、株式、バラエティ)
取引時間 月曜~金曜の8:00~翌7:00まで
(※米国夏時間は、月曜~金曜の7:00~翌6:00まで)
レバレッジ 外国株CFD・バラエティCFD:5倍
株価指数CFD:10倍
商品CFD:20倍

DMM CFD

DMM FX

2024/03/25時点の情報です。

総合★★★★★ 3.0
自動売買
×
通貨ペア
スワップ ポイント
スプレッド
メジャー通貨スプレッド・スワップポイント
通貨ペア スプレッド スワップポイント
米ドル円 0.2銭※「原則固定」 232
ユーロ円 0.4銭※「原則固定」 205
 

キャンペーン
DMM FXの新規口座開設+お取引で最大300,000円キャッシュバック 等
DMM CFDのポイント
  • IFD注文、OCO注文、IFO注文に対応
  • IFO注文はリスク管理にも最適
  • 多忙な人に向いている

DMM CFDのCFD取引では、IFD注文、OCO注文、IFO注文に対応しています。

IFO注文とは、IFD注文とOCO注文のハイブリットのような注文方法。

新規注文、利益確定のための指値注文、損切りのための逆指値注文の3つを同時に発注することが可能です。

IFO注文は新規発注から決済まで自動的に取引し、リスク管理にも対応できる注文方法。

多忙でこまめに値動きをチェックしながらの発注が難しい人に等に最適な方法です。

DMM CFDの基本情報

DMM CFDの、各種手数料やスペックの基本情報は下記の通りです。

DMM CFDの基本情報
CFDの注文方法 チャート分析のみ(別のツールで即時注文、指値・逆指値注文・IFD注文、OCO注文、IFO注文、クイック決済注文、一括決済、FIFO注文が利用可能)
取引手数料 無料
その他手数料 ロスカット手数料:無料
口座維持手数料:無料
クイック入金手数料:無料
取扱銘柄数 14銘柄
DMM CFD-Index(日本225、米国NYダウ30、米国ナスダック100、米国S&P500、イギリス100、ドイツ40、ユーロ50、中国A50)、DMM CFD-Commodity(原油、金スポット、銀スポット、天然ガス、コーン、大豆)
取引時間 JP225:月曜~金曜:
【夏時間】09時00分-翌04時50分
【冬時間】月曜~金曜:09時00分-翌05時50分
その他銘柄によって異なるため公式サイト参照
レバレッジ DMM CFD-Index:10倍
DMM CFD-Commodity:20倍

サクソバンク証券

サクソバンク証券

2024/03/08時点の情報です。

総合★★★★★ 3.5
自動売買
通貨ペア
スワップ ポイント
スプレッド
メジャー通貨スプレッド・スワップポイント
通貨ペア スプレッド スワップポイント
米ドル円 0.2銭 168
ユーロ円 0.5銭 123
 

キャンペーン
ご紹介プログラム
サクソバンク証券のポイント
  • 60種類以上ものテクニカル指標を搭載
  • 9,500銘柄以上を取扱い
  • スムーズに動作するためストレスがない

サクソバンク証券のCFD取引では、成行注文、指値注文、逆指値注文、の他にIFD注文にも対応しています。

IFD注文は買付注文の発注と 売却注文予約 を同時に設定できる注文方法。

新規注文から決済注文まで自動で行ってくれるため、注文後に取引画面を開いていなくても約定してくれる便利な注文方法です。

さらに約1,500銘柄の日本株CFDを含む9,500銘柄以上でCFD取引が可能なのも大きな魅力です。

サクソバンク証券の基本情報

サクソバンク証券のCFD取引で利用できる注文方法や各種手数料についての基本情報は下記の通りです。

サクソバンク証券の基本情報
CFDの注文方法 成行注文、指値注文、逆指値注文、逆指値注文(トレイリング追随型)、IFD注文、IFD-OCO注文
取引手数料 株価指数:無料
米国株:取引金額×0.05%
米国株式・ETF/ETN:取引金額×0.165%
中国株式:取引金額×0.2%
欧州株式・ETF/ETN:取引金額×0.25%
その他手数料 借入金利(貸株金利):年率最低0.5%
キャリングコスト:取引証拠金:5,500ドル
持越し期間:5日
米ドルARR*:1.00%
金利上乗せ分:1.50%
取扱銘柄数 株価指数CFD:25銘柄
日本株式CFD:約1,500銘柄
外国株式CFD:約8,000銘柄
外国ETF/ETN CFD:820銘柄以上
商品CFD:8銘柄
取引時間 9:00-11:30, 12:30-15:00
レバレッジ 5倍

楽天証券(楽天MT4CFD)

楽天証券トップ

2024/03/08時点の情報です。

総合★★★★★ 4.5
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 99円 275円 535円
1日定額制 0円 0円 0円
0コース(信用取引込) 0円 0円 0円

キャンペーン
米国株取引手数料(実質)無料プログラム
ご家族・お友達紹介プログラム 等
楽天証券「MT4CFD」のポイント
  • 大手ネット証券の安心感
  • IF-OCO(IFO)注文に対応
  • MT4が利用可能

楽天証券のCFD取引では、成行注文、指値注文、逆指値注文、の他にIFD注文やIF-OCO(IFO)注文を利用できます。

IF-OCO注文では、新規注文とともに、それに対する利益確定の決済注文、そして損切りの決済注文を同時に発注することができます。

またMT4という自動売買システムにも対応しているため、とにかく手軽にCFD取引したいという方におすすめです。

楽天MT4CFDの基本情報

楽天MT4CFDのCFD取引で利用できる注文方法や各種手数料についての基本情報は下記の通りです。

楽天証券(楽天MT4CFD)の基本情報
CFDの注文方法 成行注文(新規・決済)/指値・逆指値注文(新規・決済)/IF-DONE注文/IF-OCO注文/ワンクリック注文/トレーリングストップ注文
取引手数料 無料
その他手数料 口座開設管理費用:無料
取扱銘柄数 証券CFD:12銘柄
商品CFD:5銘柄
取引時間 JP225(日本225):8:00~翌6:55
US30(米国30):8:00~翌6:55
その他銘柄によって異なるため公式サイト参照
レバレッジ 指数CFD:10倍
商品CFD:20倍

IG証券

IG証券

2024/03/08時点の情報です。

総合★★★★★ 4.0
自動売買
×
通貨ペア
スワップ ポイント
スプレッド
メジャー通貨スプレッド・スワップポイント
通貨ペア スプレッド スワップポイント
米ドル円 変動性 204
ユーロ円 0.5銭 163
 

キャンペーン
新規口座開設キャンペーン
取引量連動型 キャッシュバック・プログラム
IG証券の特徴
  • 株価指数・商品・株式などを含む17,000銘柄以上を取引可能
  • 成行注文・指値・逆指値注文に加えてIFD注文が可能
  • 動作がスムーズ

IG証券のCFD取引では、成行注文・指値・逆指値注文に加えてIFD注文が可能。

注文から決済までの流れをある程度自動化できるIFD注文を使って、忙しい中でもCFD取引がしたいという方におすすめです。

またFXから株式、株価指数、商品まで、国内・海外 17,000 以上の銘柄を取引できるのも魅力の一つ。

分析機能が多彩で動作がスムーズなCFD取引ツール「ブラウザ版取引ツール」も人気です。

IG証券基本情報

IG証券のCFD取引で利用できる注文方法や各種手数料についての基本情報は下記の通りです。

IG証券の基本情報
CFDの注文方法 成行注文/指値/逆指値注文/IFD注文/IFO注文/スピード注文/トレーリングストップ注文(※対象外銘柄あり)
取引手数料 【株式CFD以外】
無料
【株式CFD】
日本株:0.055%
米国株:2.20セント
英国株:0.110%
その他手数料 口座管理料:月額550円
アドオン:
原資産中値レート÷1ポイント相当値×0.3%÷360日×暦日数×1ポイントの価値×取引ロット数
取扱銘柄数 取扱銘柄数 株式CFD:約12,000銘柄
(日本株250銘柄以上、外国株約12,000銘柄)
株価指数CFD:約40銘柄
商品CFD:約70銘柄
債券先物CFD:約10銘柄
取引時間 24時間
レバレッジ FX:25倍
個別株:5倍
株価指数:10倍
商品:20倍

CFD取引は自分に合った注文方法を見つけることが大切

CFD取引におすすめの注文方法と、それぞれの注文方法のメリットや注意点について解説しました。

CFD取引は、株式投資に比べて手数料面で有利だったり、FX取引のようにレバレッジを効かせて大きな利益を狙うこともできるメリットの多い取引方法です。

各注文方法にはどんな特徴があるのか、CFD取引におすすめの注文方法はどれなのかを知り、自分のトレードスタイルを確立していきましょう。