楽天証券

楽天証券のジュニアNISAで株を買うには?ジュニアNISAの始め方や株の買い方を解説!

編集者:Money Theory編集部
楽天証券

2024/03/08時点の情報です。

総合★★★★★ 4.5
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 99円 275円 535円
1日定額制 0円 0円 0円
0コース(信用取引込) 0円 0円 0円

キャンペーン
米国株取引手数料(実質)無料プログラム
ご家族・お友達紹介プログラム 等
積立NISA 195銘柄
投資信託 2,613本
外国株 米国株式(4,810銘柄)/中国株式/ASEAN株
ポイント投資 楽天ポイント
取引ツール(PC)
  • マーケットスピード2
  • マーケットスピード
  • マーケットスピード for Mac
  • マーケットスピード II RSS
  • マーケットスピードFX
  • 楽天MT4
スマホアプリ
  • iSPEED
  • iSPEED for iPad
  • iSPEED FX
  • iSPEED 先物OP

ジュニアNISAは、一般NISA口座やつみたてNISA口座が開設できない年齢でもNISAが始められる制度です。

将来のために投資を始めたい未成年の方に向いている投資制度ですが、口座開設方法や株の買い方が分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ジュニアNISAの始め方や買い方、おすすめの銘柄まで解説しました。

ジュニアNISAの利用をおすすめしない理由とは?駆け込み加入のメリット・デメリット・おすすめの証券会社を紹介

おすすめのネット証券
【2024年06月最新】
楽天証券
新規口座開設数業界NO.1
楽天証券はココがおすすめ!
  • 楽天ポイントがお得に貯まる!
  • 新規口座数NO.1!
  • 低コスパでお得に運用!
IPO
外国株
積立NISA
投資信託

ジュニアNISAとは

ジュニアNISAの概要
利用できる方 日本に住在の0歳~19歳(口座を開設する年の1月1日現在)
非課税対象 株式・投資信託などへの投資から得られる
配当金・分配金・譲渡益
口座開設可能数 1人1口座
非課税投資枠 毎年80万円
非課税期間 最長5年間
投資可能期間 2016年~2023年
運用管理者 口座開設者本人(未成年者)の二親等以内の親族
払出し 18歳まで払出し制限あり

ジュニアNISAとは、2016年に始まった未成年でも非課税で投資ができる制度です。

0歳から19歳までの未成年者が口座開設することができ、口座管理や運用は原則として親権者が行います。

非課税枠は年間80万円あり、対象商品は上場株式・株式投資信託・ETF・REITと多くなっています。

年間80万円の非課税枠がある

ジュニアNISAは年間80万円の非課税枠があります。

一般NISAは年間120万円の非課税枠があるので一般NISAよりは少なくなっていますが、つみたてNISAは年間40万円なので、つみたてNISAよりは多額の投資ができます。

非課税期間は最長5年間となるので、80万円×5年間=400万円までジュニアNISAで投資ができます。

ジュニアNISA対象商品

ジュニアNISAの対象商品は下記になります。

ジュニアNISA対象商品
  • 上場株式
  • 株式投資信託
  • ETF
  • REIT

楽天証券では上記の中から 国内株式(現物取引)・投資信託をジュニアNISA口座で買うことができます。

楽天証券は取り扱い銘柄がとても多いので、情勢や投資スタイルに合わせて金融商品を選ぶことができます。

楽天証券の評判・口コミはどう?楽天ポイントで投資できる仕組みや口座開設手順を解説

ジュニアNISAの注意点

未成年が非課税で投資ができるのでとても魅力的なジュニアNISAですが、下記のポイントに気を付けて投資をする必要があります。

ジュニアNISAの注意点
  • 18歳まで払い出しができない
  • 金融機関の変更ができない
  • 非課税期間は5年

特に払い出しができない点は、知っておかないと必要な時に「お金がない!」と焦ることになるので、注意が必要です。

 

18歳まで払い出しができない

ジュニアNISAは進学や就職で必要な資金の形成を目的とした制度なので、短期での払い出しができず、原則として18歳までは非課税で保有し続けます

災害などやむを得ない事情では非課税で払い出しができますが、それ以外で払い出そうと思ったら、ジュニアNISA口座内の取引で生じた過去の利益に税金が課されます。

ただし、2024年以降は払い出し制限が撤廃されます

金融機関の変更ができない

一般NISAやつみたてNISAであれば、利用途中でも年に1回であれば金融機関を変更できますが、ジュニアNISAは金融機関の変更ができません

もし金融機関の変更をしようと思ったら、今のジュニアNISA口座を廃止してから、変更先の金融機関に新規でジュニアNISA口座を開設することになります。

ジュニアNISA口座を廃止する場合は今までの利益全てに課税されるので、口座開設前にどこの金融機関でジュニアNISAを始めるかしっかり考えましょう。

非課税期間は5年

ジュニアNISAの非課税期間は、一般NISAと同じ5年間です。

0〜19歳まで口座を開設できるジュニアNISAですが、0歳の頃に作って成人するまで非課税で投資し続けるということはできません。

楽天証券のジュニアNISAの始め方

ジュニアNISAの制度や注意点が分かったので、ジュニアNISAを利用したいと思い始めた方も多いのではないでしょうか。

楽天証券でジュニアNISAを始めるには、ジュニアNISA口座未成年口座の2つの口座を開設する必要があります。

楽天証券での口座開設方法について、下記で詳しく説明していきます。

未成年口座とジュニアNISA口座を開設する

楽天証券で未成年口座とジュニアNISA口座を開設するには、下記の手順で申し込みをする必要があります。

ジュニアNISA口座開設方法引用:楽天証券

各手順で行うことについて、下記で詳しく解説していきます。

フォームの入力

まずは未成年口座とジュニアNISA口座を申し込むために、フォームに口座名義人(未成年の方)の情報を入力します。

この時は親権者の楽天証券アカウントを利用するので、もし親権者の方がまだ楽天証券で口座開設をしていない場合は先に口座開設をしましょう。

楽天証券の口座開設は、未成年でも成年でもweb上で申し込みを完結させられるので、簡単に取引を始められます。

楽天証券の口座開設の流れをどこよりも丁寧に解説

必要書類のアップロード

フォームの入力が完了したら、必要書類をweb上でアップロードします。

下記が未成年者が口座開設する時に必要な書類になります。

未成年者と親権者が同一住所の場合 世帯全員が記載された住民票の写し(コピー可)
未成年者と親権者が別居の場合
  • 未成年者の住民票の写し(コピー可)
  • 戸籍謄本、または戸籍全部事項証明書(コピー可)
  • 親権者の本人確認書類

住民票には未成年者のマイナンバーが記載されている必要があります

本人確認書類は運転免許証や個人番号カード、健康保険証が利用できます。

また過去に他社でジュニアNISA口座を持っていた場合は未成年口座廃止通知書も必要になります。

書類がアップロードできたら申し込みは完了です。

その後、未成年口座のID・パスワードが3~4営業日に届き、ジュニアNISA口座は1〜2週間後に使えるようになります。

楽天証券のジュニアNISAの株の買い方

口座開設ができたら、いよいよジュニアNISAを利用して投資を始められます。

楽天証券のジュニアNISAで株を買うには、下記の手順で操作をしましょう。

楽天証券のジュニアNISAの株の買い方
  • Step1.口座に入金する
  • Step2.購入したい銘柄を選ぶ
  • Step3.購入可能金額の確認・口座区分の選択

各手順について下記で詳しく解説していきます。

Step1.口座に入金する

まずは株の購入資金を口座に入金します。

未成年がジュニアNISA口座に入金する場合は、下記のように一度未成年口座を経由する必要があります。ジュニアNISAの入金方法引用:楽天証券

未成年名義の金融機関口座に入金するには、下記の手順で行います。

①マイメニューから入金をクリック

引用:楽天証券

②使いたい銀行から、未成年総合口座に入金

引用:楽天証券

これらの手順で未成年口座への入金は完了です。

次に未成年口座からジュニアNISA口座へ入金する方法です。

①マイメニューから入金をクリック

引用:楽天証券

②ジュニアNISA口座振替を選んで、入金額を入力する

引用:楽天証券

上記の操作が完了したら、入金は完了です。

Step2.購入したい銘柄を選ぶ

入金ができたら、購入したい銘柄を選びます。引用:楽天証券

購入したい銘柄が決まっている方は銘柄名やコードで検索することができます。

まだ決まっていない方は、楽天証券ではランキングや株主優待内容を見ることができるので、様々な情報を元に購入する銘柄を決めていきましょう。

Step3.購入可能金額の確認・口座区分の選択

購入したい銘柄が決まったら、銘柄名をクリックします。

引用:楽天証券

クリックすると銘柄の詳細画面が出るので、内容を確認した後にジュニアNISAで注文をクリックします。

ジュニアNISAで注文をクリックすると、購入できる金額と口座区分を確認できるので、購入したい株数を入力して、口座区分は必ずNISAを選びましょう。

上記の操作を行うことで、ジュニアNISAでも株の購入は完了です。

楽天証券でのジュニアNISAで買えるおすすめの銘柄

ジュニアNISAでの金融商品の買い方は分かりましたが、どの銘柄を買ったらいいか分からないという方もいるかと思います。

ジュニアNISAを利用する方は投資は初めてだという方も多いかと思うので、専門家に運用を任せられる投資信託がおすすめです。

投資信託の中でも、特におすすめの銘柄が下記になります。

投資信託のおすすめ銘柄
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)

各銘柄の詳細について、下記で解説していきます。

投資信託とは?利益の出る仕組みやメリット・デメリットを初心者にもわかりやすく解説

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
運用会社 三菱UFJ国際投信
連動指数 MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス
信託報酬 0.11%
純資産 7600億円

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、国内外の先進国や新興国問わず、全世界の株式に投資ができる銘柄です。

投資先は米国58.7%、日本5.3%、英国3.5%、カナダ2.9%、その他29.6%となっているので、アメリカを中心に全世界に分散投資がしたい方におすすめです。

信託報酬が0.11%と全世界に投資できる銘柄の中ではかなり低いので、低コストでの投資ができます。

楽天・全米株式インデックス・ファンド

楽天・全米株式インデックス・ファンド
運用会社  楽天投信投資顧問
連動指数 CRSP USトータル・マーケット・インデックス
信託報酬 0.16%
純資産 7475億円

楽天・全米株式インデックス・ファンドは、米国株式へ100%投資をする銘柄です。

米国の約4,000銘柄を投資の対象としており、この銘柄1つでアメリカの大型株から中小型株を網羅できます。

純資産の総額が7000億円を超えているため、多くの投資家に選ばれている、今後も安定した投資が期待できる銘柄になっています。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)
運用会社  ニッセイアセットマネジメント
連動指数 合成指数
信託報酬 0.15%
純資産 250億円

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)は、国内外の先進国の株式と債権に均等に投資できる銘柄です。

株式と債券に均等に投資をしますが、投資先は日本50%、その他先進国50%となっているので、日本を重視して投資したい方におすすめです。

ニッセイ・インデックスバランスファンドは銘柄名にもあるように、購入時と換金時に手数料がかからないため、低コストで投資が行えます。

楽天証券でジュニアNISAを始めて将来に備えよう

ジュニアNISAは未成年でも非課税で投資を始められる制度で、将来の進学や就職のための資金を形成するために利用できます。

年間80万円の非課税枠があり、選べる金融商品も多くなっています。

楽天証券は取り扱っている銘柄が多く、自分の投資スタイルに合わせた銘柄選びが可能です。

ただし、楽天証券でジュニアNISA口座を開設するには親権者も証券口座を開設する必要があるので、子どもがジュニアNISAを始める時は事前に準備しておきましょう。