楽天証券

楽天証券の口座開設の流れを紹介!手続きから取引開始まで徹底解説

編集者:Money Theory編集部
総合★★★★★ 4.5
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 99円 275円 535円
1日定額制 0円 0円 0円
0コース(信用取引込) 0円 0円 0円

キャンペーン
米国株取引手数料(実質)無料プログラム 投信積立での楽天キャッシュ決済開始記念キャンペーン
積立NISA 182銘柄
投資信託 2,651本
外国株 米国株式(4,667銘柄)/中国株式/ASEAN株
ポイント投資 楽天ポイント
取引ツール(PC)
  • マーケットスピード2
  • マーケットスピード
  • マーケットスピード for Mac
  • マーケットスピード II RSS
  • マーケットスピードFX
  • 楽天MT4
スマホアプリ
  • iSPEED
  • iSPEED for iPad
  • iSPEED FX
  • iSPEED 先物

楽天証券の評判・口コミはどう?楽天ポイントで投資できる仕組みや口座開設手順を解説 

株式投資を「始めたい!」と思っても、口座開設をしなければ始めることはできません。

しかし、口座開設をするのに「難しそうだな…」「口座開設の流れは?」などと悩みと不安を抱え、株式投資を始めることができていない人が多いので無いでしょうか?

せっかく株式投資を始めたいと思ったのに、始めていないのはもったいないです。

そこで今回は、ネット証券でもトップクラスの知名度を誇る「楽天証券」についてご紹介していきます!

楽天証券の口座開設の流れなどをご紹介しますので、株式投資をお考えの人は、是非参考にしてみてください。

2022年最新】ネット証券おすすめランキング!初心者におすすめの証券会社を徹底比較

おすすめのネット証券
【2024年06月最新】
楽天証券
新規口座開設数業界NO.1
楽天証券はココがおすすめ!
  • 楽天ポイントがお得に貯まる!
  • 新規口座数NO.1!
  • 低コスパでお得に運用!
IPO
外国株
積立NISA
投資信託

楽天証券の口座を開設するために必要なもの

上記でもご紹介しましたが、株式投資を行うためには口座開設をしなくてはいけませんよね。

楽天証券で口座開設するためには、準備しなくてはいけないものがありますので、口座開設する前に準備をしておきましょう。

楽天証券で口座開設するために、必要なものは「本人確認書類」のみです!

その他のネット証券ですと、いくつか準備するものがあるのですが、楽天証券の場合は「本人確認者類」を準備するだけで口座開設を行うことができますので、簡単ですよね!

本人確認書類として利用できるものは下記になります。

  • 運転免許証
  • 住民票の写し、印鑑登録証明書
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 在留カード、特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

以上のものが本人確認書類として、利用することができます。

「通知カード」は本人確認書類として利用することはできませんので、注意してください。

基本的に、「名前」「住所」「生年月日」が確認できる書類になっており、発行日や発行元が確認できない書類は本人確認書類として、利用することはできませんので注意が必要です。

上記でご紹介した書類の1つで良いので、楽天証券の口座開設を行う前に準備しておきましょう!

楽天証券のサービス速報!

なんと楽天証券のスペックが改変します!

楽天カードを使って投資信託を積み立てる時の進呈率がアップします!

  • 楽天カード:進呈率0.2%→0.5%
  • 楽天ゴールドカード:進呈率0.2%→0.75%
  • 楽天プレミアムカード:進呈率0.2%→1.0%

※「楽天証券の代行手数料が年率0.4%以上」の銘柄はこれまで通り全カード還元率1.0%です。
※2023年6月の買付分は、2023年5月12日までに積立設定をする必要があり、5月13日以降の設定ですと2023年7月買付分以降の反映となります。
※現在すでに楽天クレジットカード決済で投信積立をしている場合は2023年6月買付分より自動反映いたします。

更に2024年に開始される新NISAの積立投資枠は「月額10万円」で、全額をキャッシュレス決済できます!

全額ポイント進呈対象となるのは楽天証券だけなので、実質積立投信でポイントが最も溜まりやすいのは楽天証券

「ちょっと口座解説してみたいかも?」と思った人はご検討を!

【徹底解説】楽天証券の口座開設の流れ

楽天証券の口座開設に不安を抱えている人は、流れを把握していないことが多いですので、口座開設までの流れをわかりやすくご紹介します。

申し込み完了までの期間は?

申し込み完了までの期間は、約1週間かかります。

しかし、1週間という期間もあくまで予定になっており、口座開設を申し込みしている人が多ければ多いほど、期間は遅くなってしまいます。

その都度、楽天証券のホームページで確認することができますので、気になる方はご確認ください。

さらに、申し込み内容に不備がある場合は予定していた期間より1週間ほど遅くなってしまいますので、申し込み内容に不備がないかはしっかり確認するようにしましょう。
(オンラインでの申し込みの場合は10日程度遅くなる)

①口座開設の申し込みをする

楽天証券の口座開設を行うためには、まず「楽天証券」のホームページにいきます。

ホームページ内に「口座開設」というボタンがありますので、そちらをクリックします。

楽天証券の口座開設は、日本に在住している人が対象になっておりますので、海外在住の場合は口座解説することはできません。

「楽天会員の方」を選ぶと、IDとパスワードを入力しログインする必要があります。

一方、「楽天会員ではない人」をメールアドレスの入力画面になるでしょう。

ここでメールアドレスを入力し、「同意のうえ送信する」をクリックして下さい。

②本人確認書類のアップロードをする

「口座開設」クリックしますと、上記でご紹介した「本人確認書類」をアップロードします。

本人確認書類として、利用できる書類は上記でご紹介していますので、ご確認ください。

アップロードは、デジカメやスマホで撮影した写真で構いませんので、「名前」「住所」「生年月日」が鮮明に写るように撮ってください。

鮮明に写っていない写真では、申し込みが完了しませんので注意して撮影しましょう。フラッシュを焚いて撮影しますと、鮮明に写りませんので明るい場所で撮影することをお勧めします!

アップロードの方法は至って簡単で、「本人確認書類のアップロード」ボタンをクリックして、画像を選択しますと、楽天証券に画像を送ることができます。

自分や家族が写ってしまっている写真は、本人確認書類として利用することができませんので、書類のみを撮影してください。

③本人情報・銀行口座・NISA口座・追加サービスの記入

本人確認書類のアップロードが完了すると、次のページからお客様情報の入力ページへ進みます。

このページでは氏名・住所、NISA口座の有無やその他追加サービスの加入有無を入力・選択します。

楽天銀行の口座を持っていない人は、楽天証券と同時併設で口座開設するのがおすすめです。

④楽天証券にて審査と口座開設の手続き

口座開設の申し込みが完了しますと、楽天証券が審査を行います。

主に本人確認書類に不備が無いかを確認しております。

無事審査を通りますと、楽天証券からメールが届きますので確認してください。

「@rakuten-sec.co.jp」からメールが届きますので、メール受信をできるように設定しておきましょう!

⑤郵便で「ログイン情報のお知らせ」を受け取る

口座開設手続きが完了しますと、登録している住所に「ログイン情報のお知らせ」が郵便にて送られてきます。

主な内容は、「ID」と「パスワード」が記載されており、ログインするときに必要になりますので、確認しておきましょう!

さらに、「ログイン情報のお知らせ」は大切な書類になりますので、大切に保管しておくようにしてください。

⑥初期設定画面の入力をする

楽天証券のホームページより「ログイン」ボタンをクリックして、「ログイン情報のお知らせ」の記載されている「ID」と「パスワード」を入力してください。

ログインしますと、WEBもしくはスマホサイトから初期設定を行ってください。

初期設定で設定する項目か下記になります。

  • パスワードの変更
  • 取引暗証番号の設定
  • アンケートの回答
  • 勤務先登録
  • 国籍登録

初期設定は5分程度で終えることができますので、不備が無いように入力しましょう!

⑦マイナンバー登録

初期設定が完了しますと、マイナンバーを登録します。

登録が完了しますと、マイナンバー登録画面に移りますので、案内に沿って登録をしてください。

マイナンバーの登録方法は、「郵便」「スマートフォンアプリ」がありますので、登録しやすい方で登録しましょう!

以上で楽天証券の口座開設は終わりです。

一連の流れをご紹介しましたが、難しかった部分は少なかったと思いますので、是非楽天証券の口座開設をしてみてください!

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

楽天証券で開設できる口座の種類

楽天証券では「総合取引口座」または「特定口座」から選択することができます。

 総合取引口座

総合取引口座は、年間取引報告書を元に自分で確定申告を行う必要がある口座です。
年間取引報告書とは、1年間に行った取引を全てまとめた書類のことで、確定申告の際に必要になります。

特定口座

特定口座は、確定申告の事務負担を軽減する目的の口座で「源泉徴収ありの特定口座」と「源泉徴収なし」の特定口座の2種類があります。
なお、楽天証券で特定口座を利用できる金融商品は、上場日本株式、上場ETF、上場REIT、株式投信、外国株式、公社債、公社債投信の7つです。
FXや先物・オプション、海外先物は利用できないため注意が必要です。

年間取引報告書 確定申告
特定口座(源泉徴収あり) 証券会社が作成 不要
特定口座(源泉徴収なし) 証券会社が作成 必要
一般口座 自分で作成 必要

さらに以下の金融商品を取引する際には総合取引口座とは別に申し込みや口座開設が必要になります。

タイトル
  • 信用取引(国内株式)
  • 信用取引(米国株式)
  • 先物・オプション取引
  • 楽天FX
  • 金・プラチナ
  • 海外株式
  • 外国債券

なお口座開設、口座維持は全て無料です。

楽天証券で未成年が口座開設する方法

楽天証券では満18歳以上の方のみが口座を開設することが可能となっています。

未成年の方が口座開設したい場合、「未成年口座」なら開設することが可能です。

未成年口座とは満18歳未満の未婚の方が対象の口座で、「特定口座」「一般口座」「ジュニアNISA口座」を開設することが可能です。

未成年口座開設の申し込み方法は以下の通りです。

  1. 家族構成の選択
  2. 未成年者の口座情報の入力
  3. 親権者の同意
  4. 本人確認などの必要書類の提出
  5. パスワード等の受け取り

なお、本人確認書類などの必要書類は未成年者と親権者が同居しているか否かで異なります。

未成年者と同居の場合

未成年者と親権者の住所が同一の住民票(マイナンバー記載住民票)

未成年者と別居の場合

未成年者の住民票(マイナンバー記載住民票)+戸籍謄本または戸籍全部事項証明書+親権者の本人確認書類

なお、本人確認書類として利用できる書類は以下の通りです。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 住民票の写し
  • マイナンバーカード
  • 通知カード
  • 印鑑登録証明書
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

楽天証券の口座開設にかかる日数

楽天証券ではスマホを使った本人確認「eKYC」を利用することで最短翌営業日から取引を開始することができます。

「eKYC」は、本人確認書類の撮影とカメラ機能で顔写真を撮影することでWeb上で本人確認が完結させられる機能です。

本人確認書類や必要情報を入力後、翌営業日にはログインIDやパスワードが記載されたメールが届き、取引を開始することができます。

郵送の場合、本人確認書類や必要情報を入力後、ログインIDやパスワードが届くまで約5営業日ほどかかってしまいます。

そのため、口座開設してすぐに取引を行いたい方はスマホで本人を行いましょう。

楽天証券の口座開設の審査基準

楽天証券の口座開設の主な審査基準は以下の通りです。

  • 日本国内に居住しているか
  • 本人が申込をしているか

それぞれ開設します。

日本国内に居住しているか

楽天証券だけでなく多くの証券会社は、国内に居住している方しか口座開設することができません。

そのため、海外在住者の方は現地の証券会社を選択する必要があります。

また、海外に引っ越す場合にも手続きが必要になるため注意が必要です。

本人が申込をしているか

口座開設は本人からの申込であるかも確認されます。

これは「犯罪収益移転防止法」に定められており、犯罪組織による収益の出所や帰属を隠そうとする行為を防ぐために行われます。

なお、上述した未成年口座は親権者の申込となっています。

楽天証券の魅力

楽天証券の魅力は様々ありますが、今回は以下の魅力について解説します。

  • 手数料が安い
  • 楽天ポイントで投資が行える
  • 取り扱い商品が豊富

それぞれ解説します。

手数料が安い

手数料の安さは、投資初心者から上級者全ての人の重要なポイントですが、楽天証券は、他のネット証券と比べても手数料が安い点が魅力的です。

楽天証券の手数料コースは、「超割コース」と「いちにち定額コース」の2種類ありますが、例えば、「いちにち定額コース」の場合、取引金額100万円まで取引手数料が0円になります。

楽天ポイントで投資が行える

楽天証券では楽天ポイントを使って投資を行うことができる点も魅力的です。

これから投資を始める方はいきなり現金を使うことに抵抗がある方も多いのではないでしょうか。

その点、楽天証券はポイントを利用できるため気軽に投資を行うことができます。

投資初心者の方や普段から楽天カードや楽天ショッピングなど、楽天経済圏を利用している方におすすめです。

取り扱い商品が豊富

楽天証券は取り扱い商品が豊富な点も魅力的です。

楽天証券で取引できる金融商品は以下の通りです。

タイトル
  • 国内株式
  • 外国株式
  • 投資信託
  • 国内
  • 債券
  • 国内債券
  • 外国債券
  • 先物、オプション
  • 楽天FX
  • CFD
  • バイナリーオプション
  • 外国為替
  • 金、プラチナ

これだけの金融商品があれば自分に合った投資スタイルで取引を行っていくことが可能です。

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

楽天証券の口座開設でよくある質問

楽天証券の口座開設でよくある質問は以下の通りです。

  • 楽天証券での口座開設はどのくらいかかる?
  • 楽天証券は海外在住でも口座開設できる?
  • 未成年者本人が口座開設の手続きをしてもいいの?

それぞれ解説します。

Q
楽天証券での口座開設はどのくらいかかる?
A
楽天証券ではスマホで本人確認を行えば最短で翌営業日には取引することができます。
Q
楽天証券は海外在住でも口座開設できる?
A
楽天証券では日本国内在住の方のみが口座開設することができます。
Q
未成年口座は本人が口座開設の手続きをしてもいいの?
A
未成年口座の開設は親権者の方が行う必要があります。

口座開設は意外と簡単!楽天証券で株式投資に挑戦してみよう

上記で口座開設までの流れをご紹介しましたが、難しかった部分は少なかったのでは無いでしょうか?

事前に流れを把握できていますと、スムーズに口座開設することができます!

株式投資をなかなか始めることができていない人でも「楽天証券」ですと、簡単に口座開設を行うことができますので、株式投資に一歩踏み出しやすくなっていますよね!

さらに、楽天証券は「顧客満足度一位」を獲得しているだけのサービスとサポートがありますので、是非楽天証券で株式投資を挑戦してみましょう!