仮想通貨

楽天ウォレットの評判・口コミを紹介!サービスの特徴や安全性も徹底解説

編集者:Money Theory編集部
楽天証券で仮想通貨取引はできる?楽天ウォレットとの違いも解説

「楽天証券で投資をしていて、そろそろ仮想通貨も初めてみたい」

「普段から使っていて信用できる楽天系のサービスで仮想通貨取引も行いたい」

そんな風に、楽天で今はやりの仮想通貨取引をしたいと考えている方は多いと思います。

しかし、楽天証券の公式ページを見ても取り扱い商品に「仮想通貨」や「暗号資産」という項目はありません。

そのため、どうすれば楽天で仮想通貨取引を利用できるかわからないという方もいるでしょう。

そこで、この記事では楽天証券で仮想通貨取引はできるのか、その始め方や注意点などについて解説していきます。

【初心者必見】仮想通貨のおすすめ取引所ランキング!取扱い通貨・手数料や取引所の選び方を徹底比較

【こちらもおすすめ】

仮想通貨の取引におすすめのサービス【2024年06月最新】
コインチェック
  • ダウンロード数NO.1!
  • 取引所のBTC取引手数料無料
  • 500円からビットコインが買える!
取扱い通貨 23種類
レバレッジ取引 不可
取引所手数料 無料
【完全無料】5分で申込完了仮想通貨初心者におすすめ!

楽天証券で仮想通貨取引はできないが楽天ウォレットではできる

楽天証券は、楽天ポイントをお得に運用しながら資産形成できるネット証券です。

金融商品の取扱も豊富で、初心者向けのサービス「らくらく投資」が簡単操作で高い人気を得ています。

楽天証券のサービスは全体的に初心者でも簡単に運用できるものが多く、ポイントを使った投資も可能なので、楽天経済圏の人は特にお得に運用できます。

しかしながら、仮想通貨に関しては楽天証券のサービス内では扱っていません。

楽天グループが提供する「楽天ウォレット」という仮想通貨取引所にて、仮想通貨取引が可能です。

楽天証券と同じ楽天系列のサービスを使って仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、楽天ウォレットを利用しましょう。

楽天証券と楽天ウォレットの違い

楽天ウォレットは、楽天グループが運営するサービスの一つであり、仮想通貨取引を専門としています。

一方楽天証券は、株式・投資信託・FX 等を扱っており、サービスの使い分けが必要となっています。

楽天証券と楽天ウォレットとのより具体的な違いは下記の通りです。

楽天証券と楽天ウォレットとの違い
  • 取扱商品
  • 取引ツール

取扱商品

楽天証券は、国内株式・外国株式・投資信託・債券・FX・NISA等の複数の投資商品を展開していますが、仮想通貨に関しては取扱がありません。

一方楽天ウォレットは、仮想通貨取引所サービスということもあり、仮想通貨取引に特化したコンテンツとなっています。

取扱商品
楽天証券 楽天ウォレット
・国内株式
・外国株式
・投資信託
・債券
・FX
・NISA等
仮想通貨

取引ツール

楽天証券と楽天ウォレットは、同じ楽天グループが提供はしていますが別のサービスです。

そのため、当然利用する取引ツールも違います。

例として、楽天証券で株取引をする場合は「iSPEED(アプリ)」を、楽天ウォレットで仮想通貨取引をする場合には「楽天ウォレットアプリ」を利用します。

同じ楽天グループのサービスでも、1つのツールで一括管理ということはできませんので注意してください。

楽天ウォレットの基本情報

楽天ウォレット
総合★★★★★ 3.5
レバレッジ
アプリ
サポートセンター
手数料
コインチェックのサービス概要
銘柄数 9種類
入金手数料 無料
出金手数料 300円(税込)

キャンペーン
現在開催中のキャンペーンはありません。

仮想通貨取引所「楽天ウォレット」には、下記のような特徴的なサービスがあります。

  • 楽天ポイントで仮想通貨が買える
  • 仮想通貨の購入額に応じて楽天スーパーポイントも貯まる
  • 3種類(現物)9種類(証拠金)の仮想通貨銘柄ラインナップ
  • ほとんどの手数料が無料

楽天ウォレットは、で仮想通貨が買えることができます。

1ポイント1円相当として、最低100ポイントからビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨と交換できますよ。

また、仮想通貨の購入額に応じて楽天スーパーポイントも貯まるため楽天ポイントが貯まる・使えるで、楽天ユーザー必見のサービスとなっています。

【初心者必見】仮想通貨のおすすめ取引所ランキング!取扱い通貨・手数料や取引所の選び方を徹底比較

楽天ウォレットの取り扱い銘柄

楽天ウォレットで取扱う全9銘柄は下記の通りです。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • エックスアールピー
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ポルカドット
  • カルダノ
  • ステラルーメン
  • テゾス

イーサリアム(ETH)の今後の見通しは?価格変動の要因と価格予想を徹底分析

楽天ウォレットで仮想通貨取引を始めるメリット

仮想通貨取引所はいくつかありますが、その中でも楽天ウォレットを利用するメリットとは何なのでしょう。

ここでは楽天ウォレットで仮想通貨取引を始めるメリットや強みについて解説していきます。

楽天ウォレットで仮想通貨取引を始めるメリット
  • ほとんどの手数料が無料
  • 楽天ポイントで仮想通貨が買える
  • 楽天スーパーポイントが貯まる

ほとんどの手数料が無料

楽天ウォレットでは、現物取引手数料や入金手数料等ほとんどの手数料が無料です。

これにより、取引にかかるコストを抑えて効率的に利益を狙うことができます。

また、楽天銀行との連携により、リアルタイムでの入出金もスムーズに行えます。

※日本円出金手数料は300円。

仮想通貨は確定申告をする必要がある?確定申告の手順や税金計算方法を解説

楽天ポイントで仮想通貨が買える

楽天ウォレットでは、楽天ポイントを最低100ポイントから仮想通貨に交換できます。

これにより、現金での投資を躊躇している方でも仮想通貨取引を気軽に始めることができます。

普段から楽天ポイントを貯めている方は、現金を使わずにポイントで仮想通貨取引ができますよ。

仮想通貨を現金化する方法は?3つの換金方法と日本円への換金手順を徹底解説

楽天スーパーポイントが貯まる

楽天ウォレットで仮想通貨を購入する際、購入額に応じて楽天スーパーポイントも貯まります。

これにより、仮想通貨取引だけでなく、楽天の他のサービスでも活用できるポイントを同時に得ることができます。

楽天ウォレットのメリットを活かして、手数料無料や楽天ポイント活用などで効率的な仮想通貨取引を始めてみましょう。
ビットコインの少額投資では儲からない? 少額でできる取引方法と儲けるコツを徹底解説

楽天ウォレット仮想通貨取引を始めるデメリット

楽天ウォレットはメリットの多い仮想通貨取引所ですが、利用するうえで抑えておきたい注意点もあります。

メリットだけでなくデメリットも把握し、サービス全体をよく比較検討した上で、利用する仮想通貨取引所を決めていきましょう。

楽天ウォレット仮想通貨取引を始めるデメリット
  • 取扱銘柄数が少ない
  • レバレッジ取引できる銘柄が少ない
  • 楽天会員しか利用できない

取扱銘柄数が少ない

楽天ウォレットの取扱銘柄は全9種類ですが、現物取引では、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの3種類の銘柄しか取引できません。

アルトコインやステーブルコインなど、他の仮想通貨を取引したい場合には他の取引所を検討する必要があります。

アルトコインのおすすめ7選!今後の見通しと将来性のあるコインを徹底解説

レバレッジ取引できる銘柄が少ない

楽天ウォレットのレバレッジ取引は9種類の銘柄に限られています。

そもそもの取り扱い銘柄数も他社比べて少なめです。

もしレバレッジを活用してマイナーなアルトコインの取引も期待という場合には、やや物足りなさを感じる可能性があります。

楽天会員しか利用できない

楽天ウォレットを利用できるのは楽天会員のみです。

楽天の他のサービスを利用しない場合や、楽天ポイントや楽天キャッシュを活用しない場合には、利用メリットが限定される可能性があります。

これらのデメリットを考慮しながら、楽天ウォレットを選択するか他の取引所を検討するか判断しましょう。

楽天ウォレットで仮想通貨取引を始める方法

楽天ウォレットでの口座開設手順を解説します。

事前に手順を把握しておくことで、スムーズに登録を行い最短で取引を開始できるでしょう。

楽天ウォレットを利用するには、まず楽天会員であることが前提となります。

なので、まだ楽天会員でない方は楽天会員の登録から始めましょう。

楽天ウォレットで仮想通貨取引を始める方法
  • 必要書類準備
  • 楽天ウォレットにログイン
  • 個人情報登録
  • 本人確認

必要書類準備

楽天ウォレットの口座を開設するためにはまず、必要な本人確認書類を用意しましょう。

運転免許証や在留カード(外国籍の場合)などが該当します。

もし楽天銀行を既に利用している場合は、本人確認書類は不要です。

楽天ウォレットにログイン

楽天ウォレットの公式サイトにアクセスし、「楽天会員の方はこちら」を選択してログインします。

まだ楽天会員でない場合は先に会員登録を行ってください。

登録した楽天会員IDとパスワードでログインします。

個人情報登録

取引に関する重要な取り決めが記載されている各種書面の内容を確認し、同意します。

確認が終わったら、チェックボックスにチェックを入れましょう。

その後、楽天ウォレットID、パスワード、氏名、生年月日など、楽天ウォレットから求められる必要な個人情報を入力します。

本人確認

楽天銀行口座を持っていない場合、本人確認が必要です。

楽天ウォレットの申込み画面から「楽天銀行口座をお持ちでない方」を選択し、用意した本人確認書類をアップロードしましょう。

楽天銀行利用者の場合は本人確認書類の提出は不要です。

その後口座開設の審査が行われ、審査に通過すると口座が開設されます。

楽天証券と仮想通貨に関するよくある質問

楽天証券と仮想通貨に関するよくある質問と回答を紹介します。

楽天証券と仮想通貨に関するよくある質問
  • 楽天証券で仮想通貨取引はできる?
  • 楽天証券と楽天ウォレットの違いは?
  • 楽天ウォレットのメリットは?
  • 楽天ウォレットで何かキャンペーンはある?

楽天証券で仮想通貨取引はできる?

楽天証券で仮想通貨取引はできませんが、楽天ウォレットではで可能です。

楽天証券は多くの投資商品を取り扱うネット証券で、国内株式、外国株式、投資信託、FX、債券などの商品を扱います。

しかし仮想通貨取引は提供しておらず、楽天グループは仮想通貨取引所サービスとして「楽天ウォレット」を別で提供しています。

楽天証券と同じ楽天系列のサービスを使って仮想通貨取引を始めたいということであれば、楽天ウォレットを利用しましょう。

仮想通貨の少額投資では儲からない?少額でできる取引方法と儲けるコツを徹底解説

楽天証券と楽天ウォレットの違いは?

楽天グループには、「楽天証券、楽天市場、楽天銀行」などのサービスがあり、楽天証券はネット証券に分類されます。

取扱商品は、国内株式、外国株式、投資信託、FX、債券などです。

一方、楽天ウォレットも楽天グループが運営するサービスの一つですが、こちらは仮想通貨取引を専門とした仮想通貨取引所です。

楽天ウォレットのメリットは?

楽天ウォレットで仮想通貨取引を始めるメリットは下記の通りです。

  • ほとんどの手数料が無料
  • 楽天ポイントで仮想通貨が買える
  • 楽天スーパーポイントが貯まる

楽天ウォレットは多くの手数料が無料のため、取引きコストを抑えられ利益を最大化することが可能。

また楽天ポイントが貯まる・使えることで、楽天ユーザーならお得に投資ができます。

楽天ウォレットで何かキャンペーンはある?

現在楽天ウォレットで開催中のキャンペーンはありません。

しかし、楽天のキャンペーンとして5と0のつく日に楽天カードでお買い物を行うと、ポイントが5倍になるキャンペーンを行っています。

こちらは楽天カードで楽天ウォレットの仮想通貨取引をする際にも適用されます。

楽天グループ内では、定期的に様々なキャンペーンを実施しており、投資以外のキャンペーンも豊富です。

これを機に楽天ユーザーになることを検討してみるのもいいでしょう。

楽天証券で仮想通貨取引はできないが楽天ウォレットでなら可能

楽天証券は仮想通貨サービスを提供するサービスではないため、仮想通貨取引はできません。

ただし、同じ楽天グループが提供する「楽天ウォレット」でなら可能です。

楽天グループは仮想通貨取引所サービスとして「楽天ウォレット」を、その他投資商品を扱うネット証券サービスを別で提供しています。

楽天証券と同じ楽天系列のサービスを使って仮想通貨取引を始めたいということであれば、楽天ウォレットを利用して投資を始めてみましょう。

【2024年最新】FXシステムトレード(シストレ)おすすめランキング!厳選7社の機能・使いやすさを比較