株主優待

日清食品ホールディングス(2897)の株主優待情報!いつ届くかや優待品の内容、必要資金まで解説

編集者:Money Theory編集部
日清食品ホールディングス(2897)の株主優待情報!いつ届くかや優待品の内容、必要資金まで解説

日清食品ホールディングスは世界的に有名なカップヌードルを製造販売している会社で、加工食品から飲料・菓子まで製造販売しています。

カップヌードルは国内でも高い人気を得ていますが、世界単位でも人気を得ているので、今後も大きく成長することが期待できます。

今回は日清食品ホールディングスの株主優待について詳しく解説していきます。

優待内容や利権確定日について説明するので必見です。

日清食品ホールディングスの株を購入しようか迷っている人や、優待内容を知りたい人は参考にしてください

【2024年最新】ネット証券おすすめランキング!初心者におすすめの証券会社を徹底比較

おすすめのネット証券
【2024年06月最新】
楽天証券
新規口座開設数業界NO.1
楽天証券はココがおすすめ!
  • 楽天ポイントがお得に貯まる!
  • 新規口座数NO.1!
  • 低コスパでお得に運用!
IPO
外国株
積立NISA
投資信託

日清食品ホールディングス(2897)の株主優待内容

日清食品ホールディングス(2897)

日清食品ホールディングスの株主優待内容をまとめました。

日清食品ホールディングスの株主優待商品
  • 100株以上:3000円相当のグループ会社製品詰め合わせ(ひよこちゃんオリジナルグッズを含む)
  • 300株以上: 3500円相当のグループ会社製品詰め合わせと1500円相当の「ひよこちゃんオリジナルグッズ」
  • 1000株以上: 4500円相当のグループ会社製品詰め合わせと1500円相当の「ひよこちゃんオリジナルグッズ」
  • 3000株以上: 5500円相当のグループ会社製品詰め合わせと1500円相当の「ひよこちゃんオリジナルグッズ」

日清食品ホールディングスは会社製品詰め合わせやひよこちゃんオリジナルグッズを株主優待で提供していますが、国連のWFPへの寄付も選択することが出来ます

日清食品ホールディングスの株主優待内容「国連WFPへの寄付」について
  • 100株以上:グループ会社商品詰め合わせの代わりに国連WFPへの寄付が可能
  • 300株以上:グループ会社商品詰め合わせとひよこちゃんオリジナルグッズの代わりに国連WFPへの寄付が可能

株主優待での寄付は100株以上から可能となっています。

更に日清食品ホールディングスは長期保有制度を提供しており、300株以上を3年継続保有した場合グループ会社製品詰め合わせの内容が1000円プラスになります。

非常に充実した内容となっているので、株主優待目的の人におすすめできる銘柄です。

100株以上で優待特典を貰える

日清食品ホールディングスの株主優待は100株以上が対象となっています。

日清食品ホールディングスの優待獲得に必要な資金
株価 14,955
100株 1,495,500円

大企業ということもあり、株価は1万円台にのっており、現時点で15,000円に迫る勢いです。

株価の単価が高い為、100株100万円以上必要な状況です。

投資額は高額になってしまいますが、優待内容は魅力的で株価も安定しているので資金に余裕のある初心者におすすめです。

日清食品が製造販売している加工食品の詰め合わせ

日清食品ホールディングス(2897)株主優待

100株以上の保有で貰える自社グループ製品詰め合わせは以下の通りです。

100株以上の保有で貰える自社グループ製品詰め合わせ
  • ぼんち揚げ
  • チキンラーメン
  • ココナッツサブレ
  • UFO
  • カップヌードルシリーズ
  • どん兵衛
  • 出前一丁・・・ect

保有株数が増えることにセット内容も効果になっていきます。

日清食品ホールディングスを代表する人気商品が詰め合わせになっているので、日清好きにはたまらない優待内容となっています。

日清食品ホールディングスの優待特典はいつ届く?

日清食品ホールディングスの株主優待は年に2回あります。

つまり、優待特典が届く日も年に2回あります。

日清食品ホールディングスの権利確定日
  • 3月末
  • 9月末

各利権確定日の前までに日清食品ホールディングスの株を100株以上保有していると株主優待の対象となります。

優待内容が届くのは、権利確定日後ということを把握しておきましょう。

日清食品ホールディングスの優待特典が届く月
  • 権利確定日3月末:7月中旬
  • 権利確定日9月末:1月中旬

日進食品ホールディングスの株主優待は権利確定日から約4ヶ月後に届きます。

日清食品ホールディングスの株主優待券の使い方

日清食品ホールディングスの株主優待は、カタログギフトや割引券などではなく、日清食品の商品がそのまま届くため、商品の選定等は不要です。

届く商品は毎年変わるので、長期間保有することで色々な商品を試すことができます。

複雑な手続きや使える店舗の確認などの手間がないので、簡単に利用できる点でも日清食品ホールディングスの株は魅力的です。

日清食品ホールディングス株の購入はおすすめ?

日清食品ホールディングスの株主優待内容は多くの人から高い支持を得ていますが、今後株を購入しても資金損失が起きないのか心配な人もいます。

日清食品ホールディングスは過去5年の株価を見ても右肩上がりの状況です。

2020年の下半期を転換期に一度下落しましたが、2022年以降急速に上昇しています。

日清食品ホールディングスは加工食品業界で最も有名な企業でもあるので、今後いきなり倒産するような可能性はほぼないため安心です。

大企業で安定しているのでおすすめ

国内製造販売だけでなく海外にも展開しているので、今後の成長にも期待できます。

安定力があるので、投資初心者にもおすすめできます。

しかし、2020年後半の高値で一度上昇傾向は落ち着いてしまっています。

投資に絶対はないので、損失リスクのケアは投資する際徹底しましょう

株価が高いので高額な資金が必要

日清食品ホールディングスの株価は安定しているのですが、株価単位が高額になっているので100株投資する場合、高額資金が必要となります。

現在のレートで、100株購入には約150万円かかります。

安心して投資できると言っても、高額な投資になるので株式投資に必要な知識は最低限持っておきましょう

単元未満株で投資することも可能

100株単位で投資するのは怖いと思っている人も、1株単位で購入することができます。

1万円以下で購入できるのでおすすめです。

株主優待は対象外となりますが、株を積立購入することによって後に株主優待をうける計画を立てることもできます。

ミニ株のおすすめ銘柄BEST10と優良銘柄の探し方

日清食品ホールディングスの株を購入する流れ

日清食品ホールディングスの株主優待を受けるには、株を100株以上購入する必要があります。
株式投資をしている人はすでに証券口座があるので、用意する必要はありませんがこれから始めるという人は証券会社で口座開設する必要があります。

証券会社の口座開設には審査があり、収入や資産がいくらあるのか審査されます。

審査に落ちてしまうと証券口座を開設することはできず、日清食品ホールディングスの株も購入できないので注意しましょう。

口座開設後は口座へ株の購入代金を入金することで、日清食品ホールディングスの株を購入することができます。

日清食品ホールディングスの株を購入する流れ
  • 証券口座を開設
  • 日清食品ホールディングスの株を買う資金を入金
  • 「2897」を選択して100株以上購入する

証券口座を開設

日清食品ホールディングスの株を買うためには、証券口座の開設を行いますが、まずは日清食品ホールディングスの株を取り扱っている証券会社であるかを確認しましょう。

取り扱いがない証券会社では口座開設をしても株を購入できないため注意が必要です。

証券会社を決めたら口座開設を行います。基本的に口座開設は、どの証券会社でも同じ流れです。

本人確認はスマホで行う方法と郵送で行う方法がありますが、スマホで本人確認を行うことで、最短で口座開設が完了します。

本人確認書類は、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど基本的にはどの証券会社も同じです。

日清食品ホールディングスの株を買う資金を入金

次に日清食品ホールディングスの株を購入する資金を入金します。

入金方法は各証券会社によって異なった方法がありますが、入金金額が即時反映される入金方法と銀行振り込みがあります。

銀行振り込みや銀行振替は手数料を負担する必要があるため注意しましょう。

即時反映される入金方法は、入金手数料が無料で入金後はすぐに資金が反映されます。

「2897」を選択して100株以上購入する

入金が完了したら日清食品ホールディングスの株を購入します。

日清食品ホールディングスの株の購入は、証券会社のWebサイトのマイページやアプリから購入することができます。

なお、日清食品ホールディングスの株は「2897」です。

日清食品ホールディングスの株を選択して「購入数」「購入金額」などを入力すれば購入完了です。

日清食品ホールディングスの株主優待は100株以上保有が対象なので、株主優待狙いの方はまず100株を目指して投資しましょう。

日清食品ホールディングス (2897)株を買えるおすすめ証券会社

日清食品ホールディングスの株を取り扱うおすすめのネット証券を紹介します。

日清食品ホールディングスの株を購入する場合の実際の手数料や、手数料体系の違い、さらに各証券会社ごとのメリットや注意点についてまとめています。

証券会社選びの情報収集に活用してください。

日清食品ホールディングス (2897)の取り扱いネット証券
  • 楽天証券
  • SBI証券
  • 松井証券

楽天証券

楽天証券
総合★★★★★ 4.5
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 99円 275円 535円
1日定額制 0円 0円 0円
0コース(信用取引込) 0円 0円 0円

キャンペーン
米国株取引手数料(実質)無料プログラム 投信積立での楽天キャッシュ決済開始記念キャンペーン

楽天証券では「ゼロコース」という新たな手数料体系が導入されていて、国内株式(現物/信用)の取引手数料が、約定代金に関わらず0円になります。

2023年10月1日からの新しいコースです。

また楽天証券の提供する単元未満株サービス「かぶミニ」を使うと、通常株はどの株も1単元(100株)からしか取引できないところ、1株から購入することができます。

日清食品ホールディングス株も「かぶミニ」対象の銘柄なので、1株14,955円からの購入も可能です。

一株ずつコツコツ買い足して株主優待をもらえるラインである100株を目指すこともできます。

また楽天証券ならではの特徴として、「楽天ポイント」で国内株式(現物)の購入もできます。

普段から楽天ポイントを貯めている方や、楽天ポイントが貯まっているもののなかなか使うタイミングがなく持て余している方は、株式投資に当てれば効率よく運用できます。

※かぶミニには手数料とは別に0.22%のスプレッドがかかります。

例:日清食品ホールディングスの株1株(14,955円)購入の場合65円のスプレッド(実質的な手数料)が発生。

(買付時:14,955円×0.22%=32.901→小数点切り上げ:33円

売却時:14,955円×0.22%=32.901→小数点切り捨て:32円

往復コスト33+32=65円)。

楽天証券の国内株式取引手数料(税込)
日清食品ホールディングス (2897)100株購入時の
手数料込みの値段
1,495,500(株価)+0(手数料)=1,495,500円
【ゼロコースの場合】
ゼロコース 現物取引・信用取引共に
約定代金にかかわらず0円
超割コース
現物取引手数料
(約定代金/取引手数料)
5万円まで 55円
10万円まで 99円
20万円まで 115円
50万円まで 275円
100万円まで 535円
150万円まで 640円
3,000万円まで 1,013円
3,000万円超 1,070円
超割コース
信用取引手数料
(約定代金/取引手数料)
10万円まで 99円
20万円まで 148円
50万円まで 198円
50万円超 385円
超割コース 大口優遇 現物取引・信用取引
約定代金にかかわらず 0円
いちにち定額コース
(1日の約定代金合計/取引手数料)
100万円まで 0円
200万円まで 2,200円
300万円まで 3,300円
以降、100万円増えるごとに1,100円を追加
かぶミニ®(単元未満株取引)手数料 買付・売却共に無料
※手数料とは別にスプレッドあり
(スプレッドは0.22%です。)

楽天証券の評判・口コミはどう?楽天ポイントで投資できる仕組みや口座開設手順を解説

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

SBI証券

SBI証券
総合★★★★★ 4.5
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 99円 275円 535円
1日定額制 0円 0円 0円

キャンペーン
投信積立 デビュー&増額応援キャンペーン
FXお試しキャンペーン!国内株と米国株の金利・貸株料をキャッシュバック!

SBI証券は100万円以上の取引を定額桜蘭で行う場合の取引手数料が安いのが特徴です。

例としてSBI証券「現物取引 アクティブプラン」に対応する、楽天証券「いちにち定額コース」を比較してみましょう。

まずどちらも、1日の約定代金合計が100万円までは手数料は0円で同じです。

しかし、100万円以上200万円までの取引では、SBI証券の手数料は1,238円なのに対し、楽天証券は2,200円。

日清食品ホールディングス100株(1,787,000円)を買う場合、962円も手数料に差が出ています。

300万円までになるとSBI証券が1,691円なのに対し、楽天証券は3,300円の手数料が発生し、300万円以降は、100万円増えるごとにSBI証券は+295円、楽天証券は1,100円の手数料が追加されます。

このように100万円以上の取引をする場合は、SBI証券の方が有利になりやすいです。

日清食品ホールディングス株に限らず、100万円以上の取引も検討しているなら、SBI証券を検討しましょう。

またSBI証券にも単元未満株サービス「S株」を提供しており、日清食品ホールディングス株も対象銘柄です。

SBI証券の国内株式取引手数料(税込)
日清食品ホールディングス (2897)100株購入時の
手数料込みの値段
1,495,500(株価)+0(手数料)=1,495,500円
【現物取引 アクティブプランの場合】
現物取引
スタンダードプラン
(約定代金/取引手数料)
5万円まで 55円
10万円まで 99円
20万円まで 115円
50万円まで 275円
100万円まで 535円
150万円まで 640円
3,000万円まで 1,013円
3,000万円超 1,070円
信用取引
スタンダードプラン
(約定代金/取引手数料)
10万円まで 99円
20万円まで 148円
50万円まで 198円
50万円超 385円
大口優遇 0円
現物取引
アクティブプラン
(約定代金/取引手数料)
100万円まで 0円
200万円まで 1,238円
300万円まで 1,691円
以降100万円増加ごとに +295円
信用取引・「はじめて信用™」 アクティブプラン
(1日の約定代金合計/取引手数料)
100万円まで 0円
200万円まで 880円
以降100万円増えるごとに440 円ずつ増加
大口優遇 0円
単元未満株(S株) 無料

SBI証券の評判・口コミはやばい?口座数NO.1の理由やメリット・デメリットを徹底解説

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

松井証券

松井証券
総合★★★★★ 4.0
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 0円 0円 1,100円
1日定額制

キャンペーン
新規デビュープログラム つみたてデビュー応援総額1億円還元キャンペーン

また松井証券の大きな特徴は、25歳以下の場合約定代金に関わらず取引手数料が無料になることです。(25歳以上でも50万円までは無料)

現物取引・信用取引に関わらず、取引手数料を気にせず投資できることから、特に学生や若者世代の投資家にとっては大きなメリットです。

日清食品ホールディングスで株主優待を受けられるラインである100株(1,495,500円)を約定する場合で考えると、現物取引・信用取引、そして年齢にかかわらず手数料が無料です。

一度に100株を取引したい場合、楽天証券やSBI証券では必ず手数料がかかりますが、松井証券の25歳以下プランなら手数料ゼロに抑えられるのは大きいです。

また日清食品ホールディングスの株は株価が高いので、どうしても金額の大きな取引になりがちです。

25歳以下の学生投資家や若者投資家は、手数料無料のメリットををフルに活かして取引することをおすすめします。

また松井証券は2023年 オリコン顧客満足度®ランキングの「ネット証券 初心者部門」で第1位を受賞しています。

電話窓口のないネット証券もある中、松井証券はコールセンターを設置しているのが強みの一つ。

専任のスタッフが株取引初心者にもわかりやすく丁寧なサポートをしてくれます。

株や投資に初めて挑戦する方には、サポートの整った松井証券がおすすめです。

ただ、松井証券は単元未満株の新規買付ができません。

1株から株を購入することはできないので、少額投資もしたい方はサブ口座も検討してみてください。

松井証券の国内株式取引手数料(税込)
日清食品ホールディングス (2897)100株購入時の
手数料込みの値段
1,495,500(株価)+0(手数料)=1,495,500円
【現物取引・信用取引の場合】
現物取引【26歳以上】 50万円まで 0円
100万円まで1,100円
200万円まで2,200円
その後100万円増えるごとに1,100円加算
1億円超 110,000円)※上限
現物取引【26歳以下】 無料
信用取引【26歳以上】 50万円まで 0円
100万円まで1,100円
200万円まで2,200円
その後100万円増えるごとに1,100円加算
1億円超 110,000円)※上限
信用取引【26歳以下】 無料
一日信用取引 0円
単元未満株(プチ株)手数料 新規買付不可
売却時:約定代金 × 0.5%(税込0.55%)
最低手数料なし

松井証券の評判・口コミはどう?サービス内容や取引手数料の評価を徹底調査

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

日清食品ホールディングスの株主優待に関するQ&A

日清食品ホールディングスの株主優待に関するよくある質問と回答を紹介します。

日清食品ホールディングスの株主優待に関するQ&A
  • 日清食品ホールディングスの株主優待の内容は?
  • 日清食品ホールディングスの株主優待はいつ届く?
  • 日清食品ホールディングスの株主優待は何株からもらえる?

日清食品ホールディングスの株主優待の内容は?

日清食品ホールディングスの株主優待は、日清食品ホールディングスの商品または国連のWFPへの寄付となっています。

日清食品ホールディングスの株主優待商品
  • 100株以上:3000円相当のグループ会社製品詰め合わせ(ひよこちゃんオリジナルグッズを含む)
  • 300株以上: 3500円相当のグループ会社製品詰め合わせと1500円相当の「ひよこちゃんオリジナルグッズ」
  • 1000株以上: 4500円相当のグループ会社製品詰め合わせと1500円相当の「ひよこちゃんオリジナルグッズ」
  • 3000株以上: 5500円相当のグループ会社製品詰め合わせと1500円相当の「ひよこちゃんオリジナルグッズ」

更に日清食品ホールディングスは長期保有制度を提供しており、300株以上を3年継続保有した場合グループ会社製品詰め合わせの内容が1000円プラスになります。

日清食品ホールディングスの株主優待はいつ届く?

日清食品ホールディングスの株主優待は、権利確定日から約4ヶ月後に届きます。

権利日は3月末9月末なので、それぞれ約4ヶ月後の7月中旬、1月中旬に届く予定です。

日清食品ホールディングスの株主優待は何株からもらえる?

日清食品ホールディングスの株主優待は100株以上が対象となっています。

日清食品ホールディングスの株主優待は100株、300株、1000株、3000株の順にグレードアップしますが、最低ラインは100株となります。

現時点で、100株購入するためには1,495,500円必要です。

日清食品ホールディングスの優待獲得に必要な資金
株価 14,955
100株~ 1,495,500円~

日清食品ホールディングスの株主優待は充実しているが株価が高い

日清食品ホールディングスの株主優待は優待内容も優良で、株価も安定しているのでおすすめの銘柄です。

自社グループ製品詰め合わせは、100株単位でもかなりボリュームのある内容となっているので、日清食品好きに最適です。

ただ、日清食品ホールディングスは投資額が高額になります。

10万円程度で投資をはじめたいとおもっている人は、100株以下の単位で株を購入するか割安株で株主優待を狙って見ましょう

ミニ株・単元未満株は株主優待を受け取れる?1株投資でも株主優待をもらえる銘柄や注意点を解説