IPO株

IPOの買い方を紹介!申込みから購入までの手順や当選するコツを解説

編集者:Money Theory編集部
IPOの買い方を紹介!申込みから購入までの手順や当選するコツを解説

IPO株は普通の株と異なり、抽選に当たれば利益を出せる可能性の高い銘柄です。

抽選に当たるだけで利益を見込めるので、株初心者でもしっかり稼ぐ可能性があります。

しかしIPO株の倍率は高くIPO株を保有できる機会はほとんど無いので、しっかりIPO株対策をして挑む必要があります。

その内容だけ聞くと「IPO株って難しそう」と感じる初心者も多いですよね。

今回はIPO株の買い方について解説していきます。

当選確率を上げてIPO株を買う方法やIPO株を選ぶポイントなども紹介しているので、IPO株に興味がある初心者は参考にしてください。

IPO株は初心者でも投資できる?メリット・デメリットやおすすめの証券会社を紹介

おすすめのネット証券
【2024年06月最新】
楽天証券
新規口座開設数業界NO.1
楽天証券はココがおすすめ!
  • 楽天ポイントがお得に貯まる!
  • 新規口座数NO.1!
  • 低コスパでお得に運用!
IPO
外国株
積立NISA
投資信託

IPO株の買い方

IPOとは

IPO株の買い方は、各証券会社によって多少異なりますが、基本的な動作は同じです。

  1. Step1証券会社で証券口座を開設する
  2. Step2IPO株情報を入手
  3. Step3ブックビルディングに申し込む
  4. Step4 IPO株の抽選に参加
  5. Step5IPO株に当選したら購入意思を表明して投資開始

これから各手順を紹介するので、1つずつ確認していきましょう。

STEP1.証券会社で証券口座を開設する

まず、IPO株を取り扱っている証券会社で口座を開設しましょう。

各証券会社によってIPO株の配分が異なるので、なるべくIPO株を多く取り扱っている証券会社で口座開設しましょう。

取り扱いの少ない証券会社で口座を開設しても、更に当選確率が低くなるのでおすすめできません。

また、IPO株の配分がある証券会社の口座を複数所持することによって当選確率を上げる方法もあります。

ネット証券の口座開設方法と知っておくべきポイントを徹底解説!おすすめの証券会社ランキングも!

STEP2.IPO株情報を取得する

IPO株を買う口座を作成したら、次にIPO株に関する情報を取得します。

IPO株は毎日抽選を受けるのではなく、株式市場に上場する株がある時にIPO株の抽選が発生します。

どのような企業が上場するのかは東京証券取引所で情報を入手できます。

しかし東京証券取引所の情報は初心者にとって見にくいケースもあるので、口座開設した証券会社のニュース欄を見ることをおすすめします。

STEP3.ブックビルディングに申し込む

IPO株の情報を仕入れて申し込むべきIPO株を把握したら、ブックビルディングに申込みます。

ブックビルディングは、新規上場する株式の発行価格を決定する制度で、投資家達から事前に購入したい金額や株数・価格を募集し、IPO株の需要を測定する役割を持っています。

ブックビルディングに申し込むにはまず目論見書を確認し、購入希望するIPO銘柄のブックビルディングページで申込み、購入希望額と株数を入力すれば完了です。

購入希望額は特に指定されている金額を入力する必要はありませんが、IPO株の発行価格は仮条件の上限価格に設定されている場合がほとんどなので、仮条件に上限価格を購入希望価格に設定しないとIPO株の購入率が下がります。

上記のことからブックビルディングで申し込む際は上限価格がどうなろうと購入意思があることを示しておきましょう。

価格によらず購入意思があることを示す時は「ストライクプライス」で申し込むと良いです。

またブックビルディングの申込みを終えた時点でIPO株に使う予定の資金を予め証券口座に入金しておきましょう。

入金していないと抽選の対象外になってしまうので注意が必要です。

STEP4.IPO株の抽選

ブックビルディングの申込み期間後、IPO株の発行価格が決定しIPO抽選がスタートします。

IPO抽選の方法は各証券会社の抽選方式に応じでIPO株の配分が開始されます。

近年のネット証券は、IPO株を完全抽選方式にしており純粋な運で当選・落選が決められています

参加者も多いので当たる可能性が低く、当たれば良いいな程度に考えておきましょう。

またIPO株の抽選結果は当選・落選だけでなく補欠当選もあります。

補欠当選の場合当選者が辞退した場合繰り上げ当選となるので、補欠当選の時点ではまだIPO株は購入できません。

STEP5.IPO株の抽選に当選したら購入意思を表明する

IPO株の抽選結果で、当選した場合は購入の意思表示を表明しなければなりません。

購入の意思表示は一回しかチャンスがないため、購入意思を決定した後に変更は不可能です。

ちなみに購入の意思表示をしなかった場合は当選が無効になってしまいます。

補欠当選した場合で、繰り上げ当選した人も当選決定後、意思表示が必要になるので随時チェックしておきましょう。

投資を始めたい人必見!

IPO株が買えるおすすめの証券会社を紹介

IPO株が買えるおすすめの証券会社を紹介します。

平等抽選方式の多い証券や実績数の多い証券会社を紹介するので、IPO株を買いたい人は参考にしてください。

楽天証券

楽天証券
総合★★★★★ 4.5
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 99円 275円 535円
1日定額制 0円 0円 0円

キャンペーン
米国株取引手数料(実質)無料プログラム 投信積立での楽天キャッシュ決済開始記念キャンペーン
2022年
(IPO実績※)
42社
2021年
(IPO実績)
74社
2020年
(IPO実績)
38社

楽天証券はIPO株の抽選を100%完全平等抽選でおこなっている為、始めたばかりの人でも当たるチャンスがあります。

誰にでも当選チャンスがあるので競争率が高くなりますが、資産額関係なく当たるチャンスがあるのでおすすめです。

また楽天証券はIPO株に力を入れており、年々IPO株の取扱実績が増加傾向にあります。

楽天証券は楽天ポイントを有効活用できる証券会社なので、楽天経済圏の人でIPO株投資したい人に最適の環境です。

投資を始めたい人必見!

楽天証券の口コミ

人のアイコン
43歳 男性
★★★★★ 4.50
楽天ポイントの獲得が可能
楽天市場や楽天銀行の利用があったため、楽天証券の口座を開設しました。マネーブリッジによって普通預金の金利が5倍になる利点や、楽天ポイントの獲得が可能で、それを楽天市場でのショッピングに使える点が魅力的です。さらに、安い手数料も始めやすさの一因であり、スマホアプリ「iSPEED」は情報の調査から株取引まで初心者にも非常に便利です。
人のアイコン
29歳 男性
★★★★★ 4.50
IPOの情報が豊富
楽天証券のIPO情報は非常に豊富で、申し込み期間や抽選結果発表日、上場日などのスケジュールが一目で確認できます。さらに、投資全般の情報と連携した資産管理機能が充実しているため、自分の投資状況を一元的に把握することができます。これは他社ではなかなか見られない特長で、投資の進行をスムーズに行えます。
人のアイコン
38歳 女性
★★★★★ 4.00
必要な手続きがオンライン
楽天証券のIPOは全ての手続きがオンラインで完了するので、時間や場所を問わずに気軽に申し込むことができます。特に、アプリから直接申し込みできるので、パソコンを開かずともスマホだけで手続きが完了します。これにより、通勤時間や空き時間を活用してIPO投資を行うことが可能です。

SBI証券

SBI証券IPO株おすすめ
総合★★★★★ 4.5
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 99円 275円 535円
1日定額制 0円 0円 0円

キャンペーン
FX取引!キャッシュバックキャンペーン SBI証券でiDeCo始めちゃおう!キャンペーン
2022年
(IPO実績※)
60社
2021年
(IPO実績)
122社
2020年
(IPO実績)
85社

SBI証券はネット証券の中でも口座数トップクラスの大手ネット証券で、IPO株の取扱い実績が年間で80社以上あります。

SBI証券の抽選方式は70%が完全抽選で、30%がポイント抽選となっています。

SBI証券のポイント抽選は、IPO株に申し込んで外れた人程当たりやすい仕様になっています。

IPO株に申し込んで外れた人は「1ポイント」獲得可能で、ポイント抽選ではポイントが高い人が優先的に当たりやすくなります

IPO株の抽選にはずれてもいずれ当たる方式になっており、多くのIPOを取り扱っているメリットもあるので、IPO株投資する最適の環境が整っています。

一部5%の裁量配分もありますが、始めたばかりの人や初心者でも当たりやすい方式になっているのでIPO狙いの人におすすめです。

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

SBI証券の口コミ

人のアイコン
30歳 男性
★★★★★ 4.50
IPOの抽選チャンスが多い
SBI証券は、IPOに強いという評判を確実に裏付けるサービスを提供しています。抽選の機会が多く、口座の取引状況に応じて抽選の優遇措置が設けられています。これにより、SBI証券をメインで利用しているユーザーほど、他のユーザーよりも有利にIPOに参加することができます。これは長期的にIPO投資を考えている方にとって、大きなメリットとなります。
人のアイコン
29歳 男性
★★★★★ 4.25
良心的な取引金利・貸株料
主に信用取引を行う目的で口座を開設しました。約定金額が300万円を超える場合の0円の手数料や、他社に比べて良心的な取引金利・貸株料が非常に満足できます。また、為替の変動があった際にFXの口座へ容易に資金移動ができ、すぐに取引を開始できる点が魅力的です。
人のアイコン
45歳 男性
★★★★★ 4.00
IPO抽選システム
SBI証券のIPO抽選システムは、一定の取引を行っているユーザーに対して優遇があります。これは、SBI証券をメインの証券会社として使っているユーザーが、他の証券会社と比較してIPOの当選確率を高めることが可能ということを意味します。これにより、自分の投資スタイルに最適な証券会社としてSBI証券を選択できるでしょう。

松井証券

松井証券
総合★★★★★ 4.0
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 0円 0円 1,100円
1日定額制

キャンペーン
新規デビュープログラム つみたてデビュー応援総額1億円還元キャンペーン
2022年
(IPO実績※)
34社
2021年
(IPO実績)
56社
2020年
(IPO実績)
18社

松井証券は、事前入金・銘柄購入時の手数料を無料にしているIPOサービスを提供しています。

NISA口座からIPO抽選の申込みが可能な点も魅力的です。

また抽選方式が70%完全平等抽選となっているので、口座開設したばかりの人や入金資金が少ない人でも抽選で不利になることはありません。

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

松井証券の口コミ

人のアイコン
54歳 男性
★★★★★ 4.75
価格が変動する間に長いパスワードを打ち込む必要がない
特に推奨したい点は、頻繁に取引を行いたい時に毎回パスワードの入力が不要なところです。価格が変動する間に長いパスワードを打ち込む必要がないので、これが非常に有用です。さらに、夜間取引(PTS)が可能な点も素晴らしいであり、市場の大きな変動に迅速に対応でき、取引のチャンスを失うことが少なくなりました。
人のアイコン
29歳 男性
★★★★★ 4.50
教育プログラムが充実
松井証券は初心者向けの教育プログラムが充実しています。IPO投資の基本から応募方法、抽選方法など、投資に必要な知識をしっかりと身につけることができます。この教育プログラムのおかげで、初めてでもIPO投資に自信を持って取り組めます。
人のアイコン
45歳 男性
★★★★★ 4.00
IPOの抽選結果をすぐ知れる
松井証券のウェブサイトやアプリは、IPOの抽選結果をすぐに知らせてくれる機能があります。これは結果が気になる人にとって非常に便利な機能です。また、IPOの情報を詳しくまとめたページがあり、どの企業がどのような事業を展開しているのか、事業内容や財務状況をしっかりと把握することができます。これにより、投資判断をしっかりと行うことが可能です。

IPO株の当選確率を上げる買い方

IPO株は抽選に当選すれば利益を上げられる可能性の高い投資ですが、抽選に当選する可能性が非常に低いため、戦略を練る必要があります。

またIPO株でも上場日の初値がマイナスになっているケースもあるので、必ず勝てるものではありません。

IPO株での投資はシンプルで勝ちやすい手法ですが、様々な対策が必要なのでIPO株で投資を考えている人は、これから紹介する注目ポイントを把握しておきましょう。

IPO株が当たらないのはなぜ?当選確率を上げる6つのポイント

平等抽選方式の証券口座を開設する

IPO株の抽選方法は各証券会社によって異なり、大きく分けて優遇抽選・完全平等抽選のどちらかになります。

優遇抽選は、過去の取引や預かり資産額に応じてIPO株を優先的に分配してもらう人を決めます。

例えばIPO株の70%を優遇抽選で決めて、30%を平等抽選にする証券会社があったとすると、約7割の部分は頻繁に取引している大口投資家や長年利用してきた顧客などが当てはまり、残りの3割が新規口座開設者や少額運用している人達になります。

長年利用していた人や大口投資している人たちとって優遇抽選はメリットになりますが、新規口座開設して間もない投資家や少額運用している人達は当選確率が低くなるのでデメリットになります。

一方で完全平等抽選は完全に平等抽選してくれる制度で、コンピューターがランダムに抽選してくれます。

預かり資産や取引履歴が関係なく、平等に当選する機会が与えられるので初心者におすすめです。

取引実績のない人や投資資金の少ない人は、完全平等抽選を採用している証券会社で口座開設しましょう。

複数の証券会社でIPO株を申し込む

IPO株の当選確率を上げたい人は、複数の証券会社で口座開設することをおすすめします。

IPO株は各証券会社に分配されて、分配されたIPO株を証券会社が投資家に捌いています。

よって、証券会社の口座を増やせば増やすほど当選確率は上がります。

例えばIPO株をA(50株)・B(50株)・C(50株)証券会社に分配したとします。

ここでA証券会社しか口座開設していない人は50株の抽選しかうけることができません。

一方でA・B・C証券会社の口座をもっている人は150株分の抽選を受けることができるので当選のチャンスが高くなります。

ただし複数の証券会社で抽選を受けるにはその分用意する資金も増えるので、ある程度まとまった資金を用意できる人向けの方法です。

初心者は証券会社をどう選ぶ?失敗しない選び方やおすすめの証券会社もご紹介

各ネット証券のIPOに関するサービスを比較

各証券会社のIPO株の実績を比較しました。

会社名 SBI証券 SMBC日興証券 マネックス証券 岡三オンライン 楽天証券 auカブコム証券 松井証券 GMOクリック証券
SBI証券 SMBC日興証券 マネックス証券 岡三オンライン証券の評判・口コミはやばい?種類豊富な取引ツールの評価や取引手数料も解説 楽天証券 auカブコム証券 松井証券 画像 画像 画像 画像
2022年
(IPO実績※)
60社 31社 41社 22社 42社 13社 34社
2021年
(IPO実績)
122社 80社 65社 47社 74社 42社 56社 1社
2020年
(IPO実績)
85社 52社 50社 39社 38社 19社 18社 1社
抽選方法
  • 完全抽選70%
  • チャレンP30%
  • 店頭配分あり
  • 店頭90%
  • ネット10%
100%完全平等抽選 100%完全平等抽選 100%完全抽選 平等抽選 70%完全抽選 100%完全平等抽選

※2022年の実施は10月までのデータです。

ネット証券のIPOを実績を見ると、SBI証券が業界トップクラスということがわかります。

楽天証券も年々実績を上げている上に抽選方式が完全平等抽選なので、投資初心者でも当選する可能性があります。

IPOに最適のネット証券を選ぶ方法

「IPOを始めたいけどどこのネット証券が良いの?」と疑問に思う人もいますよね。

取扱実績の多いネット証券や主幹事実績の多いネット証券を選べば良いと判断する投資家も居ますが、抽選方式も見ないと総合的にどこのネット証券が良いのかわかりません。

これからIPOに最適のネット証券を選ぶ方法を紹介するので、どのネット証券で口座開設するか迷っている人は参考にしてください。

IPO実績の有無を確認する

IPOに最適のネット証券である条件として、IPO実績の有無は必ずチェックしておきましょう。

IPO銘柄の取扱数の少ないネット証券は、そもそも抽選に参加する可能性が低くなってしまうのでIPO投資に向いていません。

また主幹事実績もIPO取扱数と並行して確認しておきましょう。

主幹事は幹事の中でも中心の存在で、引受数が多く当選する確率も高くなります。

口座開設者数の多さ

IPO実績の高いネット証券でも、口座開設者数が多ければIPOの抽選に参加する人数が多く当選確率が下がってしまいます。

IPOの取扱と口座開設者数のバランスを見ることが重要です。

ただし口座開設者数の低いネット証券は、IPOの取扱が極端に少ない可能性もあるので注意しましょう。

抽選方法が平等か

IPOは抽選がすべて平等で行われる訳ではありません。

優遇抽選を行っている証券は、条件を満たした投資家達が優先される枠が設けられているので、投資初心者が当選しにくいシステムになっています。

また優遇抽選の条件は厳しめになっていることが多いので、基本的に平等抽選を行っているネット証券を選びましょう。

IPOの買い方に関する質問事項

IPO株の買い方に関する質問事項をまとめました。

IPO株の買い方に疑問を持っている人は参考にしてください。

株式投資で勝つ確率を上げる方法はあるのか?考え方や勝率を上げる手法解説

Q.IPO株を当たりやすくする方法はある?

Q
IPO株を当たりやすくする方法はある?
A
IPO株の当選率を上げる方法は大きく分けて2つあります。1つは証券口座を複数開設して当選率を上げる方法で、2つ目は100%完全平等抽選を受けられる証券会社で口座開設することです。ただしあくまでも当選確率を上げるだけであって、当選する方法ではないので注意しましょう。

Q.IPO株に強い証券会社はある?

Q
IPO株に強い証券会社はある?
A

IPO株に強い証券会社は、IPO実績を見ると確認できます。
2018年~2020年の実績をみるとSBI証券が一番IPO株を多く取り扱っており、申し込むチャンスが多いのでおすすめです。

SBI証券はIPO投資向き!SBI証券でIPOの申し込み方法・抽選方法・必要資金を徹底解説

Q.IPO株はなんで人気なの?

Q
IPO株はなんで人気なの?
A
IPO株は上場前に保有することが可能で、上場前に保有すると上場した時の初値より高確率で安い価格で購入できます。上場した時の初値が安い状態でも、上場したばかりの企業なので長期保有で利益を狙うこともできます。つまりIPO株は利益を出せる確率の高い株になるので、投資家達から高い人気を得ています。

IPO株の買い方は簡単!当選確率を上げて運用しよう

IPO株の買い方はシンプルなので、初心者でも気軽に参加できます。

IPO株の抽選にはずれても資金は戻ってくるので、損失を心配する必要もありません。

資金に余裕のある人は複数口座開設して当選確率を上げて参加してみましょう。

株式投資だけで生活できる?必要利益や株式投資生活を成功させる方法を解説