FX PR記事

1,000通貨単位から取引できるおすすめFX会社!少額取引のメリット・デメリットも紹介

編集者:Money Theory編集部
1,000通貨単位から取引できるおすすめFX会社!少額取引のメリット・デメリットも紹介

FXでは一般的に1万通貨を最小取引単位としています。

しかし、中にはさらに小さい1,000通貨単位を最小取引単位とするFX会社があるのをご存じでしたか?

最小取引単位が小さいと、少ない元手でFXに挑戦できたりリスクを最小限にしながら運用できたりとメリットが多いです。

そこでこの記事では、1,000通貨単位からFX取引することのメリット・デメリットや、FXの少額取引をするうえでのコツなどを解説していきます。

1,000通貨単位から取引できるおすすめのFX会社も紹介ししますのでぜひ目を通してみてください。

【2024年最新】おすすめFX口座比較ランキング!初心者に人気の評判が高いFX会社を一覧表で徹底比較

おすすめのFX会社
【2024年06月最新】
GMOクリック証券
FX取引高世界大1位
GMOクリック証券はココがおすすめ!
  • 業界最狭水準のスプレッド!
  • 1,000通貨単位から取引可能!
  • FX取引高世界第1位!!
スプレッド
スワップ
自動売買
小額投資

1000通貨単位とはどういう意味?

FXでいう「通貨」とは、取引する際の単位のこと。

取引単位は「Lot」と表示され、Lotの値が小さいほど少額での取引が可能という意味になります。

Lotは基本1万通貨単位なことが多い中、最近では1,000通貨単位での取引に対応しているFX会社も増えてきています。

ちなみに「米ドル/円で1,000通貨取引する」というのは、1,000米ドルを売り買いすることを意味します。

1000通貨は何ロット?

基本的には1Lotで1万通貨、0.1Lotで1,000通貨となります。

ただし、中には1,000通貨を1Lot、10,000通貨を10Lotと表記しているFX会社も。

FX会社によってLotの使い方が違うため、気になるFX会社のごとにLotのて意義を確認するようにしましょう。

1000通貨の取引はFXでは少額取引にあたる

1,000通貨以下での取引は、一般的に少額取引という認識になります。

例えば1米ドルは約134円なので、1万通貨を最小取引単位とするFX会社の場合、134円×1万=1,340,000円となり、最低でも約130万の資金が無ければ取引できません。

一方最小取引単位が1,000通貨であれば10分の1の資金、つまり約1万3,000円からFX取引ができることになります。

こう見ると、1,000通貨単位に対応しているFX会社の方が取引しやすいと感じた方が多いのではないでしょうか。

特に初めてFXを始める方や、少額から経験を積みたいという方におすすめです。

FXは副業にあたらない?会社にバレずに始められる?副業かどうかの判断基準と稼ぐポイント

レバレッジを利用すればより少額での取引も可能

レバレッジとは、担保として預けた証拠金に対して、最大25倍ものお金を動かせる仕組みの事。

例として、米ドル/円でレバレッジ25倍の取引を行うと仮定します。

レバレッジをかけない(1倍)の場合、1000通貨の取引にはで約13万円が必要です。

一方25倍のレバレッジを効かせた場合はその25分の1である約5,200円で、13万円分の取引ができるということなんですね。

注意点としては、5,200円の投資だったとしても損失は13万円の取引と同等であるということ。

レバレッジの仕組みを使うことでより少額での取引は可能になりますが、リスクも把握したうえで活用することが大切です。

1,000通貨って実際いくら?

各種通貨の1,000通貨あたりの金額を見てみましょう。

2023年4月25日時点のレートを参考に算出しています。

  • 1米ドル(134.18円)=13万4,180円
  • 1ユーロ(148.45円)=14万8,450円
  • 1豪ドル(89.72円)=8万9,720円
  • 1トルコリラ(6.92円)=6千9,200円

1万通貨単位でしか取引できないとなれば、最低でも上記の10倍の資金が必要となります。

1,000通貨単位に対応している方が、FXを始める際のハードルはかなり低くなりますね。

1000通貨単位で取引できるおすすめのFX口座

1000通貨単位で取引できるおすすめのFX口座を紹介します。

  • アプリの使いやすさで人気!GMOクリック証券
  • 業界最狭水準のスプレッドが魅力!みんなのFX
  • 取扱通貨ペアが豊富!LION FX(ヒロセ通商)

アプリの使いやすさで人気!GMOクリック証券

GMOクリック証券 商標

2024/03/25時点の情報です。

総合★★★★★ 4.5
自動売買
×
通貨ペア
スワップ ポイント
スプレッド
メジャー通貨スプレッド・スワップポイント
通貨ペア スプレッド スワップポイント
米ドル円 0.2銭※原則固定 256
ユーロ円 0.4銭※原則固定 219
 

キャンペーン
はじめてのFX口座開設+お取引で最大55万円キャッシュバック 等

FX初心者から上級者まで幅広いトレーダー人気があるGMOクリック証券の「FXネオ」は、1,000通貨単位の取引にも対応していてスプレッドも最狭水準です。

取引ツールの使い勝手の良さには定評があり、各種ブラウザに対応した高機能なテクニカルツールを完備。

ハイレベルなチャート分析によるスムーズな発注が可能です。

大手のだからこその安心感と確かな信頼性から、FX会社選びに悩んでいる投資初心者の方にも最適。

また高機能なツールを利用できるFX会社を選びたい中級者から上級者にもおすすめできるFX会社です。

GMOクリック証券「FXネオ」の評判・口コミを紹介!メリット・デメリットや他社との違いも徹底解説
GMOクリック証券「FXネオ」のスマホアプリの使い方とスピード注文の操作を完全ガイド

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

業界最狭水準のスプレッドが魅力!みんなのFX

みんなのFX

2024/03/25時点の情報です。

総合★★★★★ 4.5
自動売買
通貨ペア
スワップ ポイント
スプレッド
メジャー通貨スプレッド・スワップポイント
通貨ペア スプレッド スワップポイント
米ドル円 0.2銭※原則固定 245
ユーロ円 0.4銭※原則固定 219
 

キャンペーン
新規口座開設プログラム
お友達紹介プログラム
【豪ドル/円・豪ドル/米ドル】キャッシュバックキャンペーン

みんなのFXは、業界でも最狭水準のスプレッドを提供するFX会社。

FX取引において実質的なコスト(手数料)となるスプレッドが狭ければ取引毎の利益効率が高くなります。

なので、1日何度も短期取引を繰り返す「デイトレード」や「スキャルピング」の取引スタイルを積極的に導入したいトレーダーには特におすすめです。

バイナリーオプションやシステムトレード(自動売買)にも対応しているハイスペックなFX口座で、ポジションを決済することなく、スワップ益だけを先に受取れる「スワップ受取」も可能です。

みんなのFX(トレイダーズ証券)の評判・口コミはどう?メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説
FX自動売買とは?おすすめのFX会社や仕組み・稼ぐコツを解説

投資を始めたい人必見!
少額取引できる!

取扱通貨ペアが豊富!LION FX(ヒロセ通商)

ヒロセ通商「LION FX」

2024/03/25時点の情報です。

総合★★★★★ 4.0
自動売買
×
通貨ペア
スワップ ポイント
スプレッド
メジャー通貨スプレッド・スワップポイント
通貨ペア スプレッド スワップポイント
米ドル円 0.2銭 17
ユーロ円 0.4銭 17
 

キャンペーン
LION FX ユーロ米ドル取引高キャンペーン!
のりかえキャンペーン 等

ヒロセ通商の「LION FX」も1,000通貨単位での取引が可能なFX会社。

大きな特徴の一つが、約50種類に及ぶ豊富な通貨ペアをとりあつかっていることです。

主要通貨ペアだけでなく、少しマイナーな通貨も少額から試してみたいという方におすすめです。

スキャルピングを公認していることや、スプレッドが業界最狭水準であることも大きな魅力。

独自の便利機能を有した取引ツールにも定評がある等、バランスのいいFX会社です。

ヒロセ通商「LION FX」の評判・口コミは最悪?メリット・デメリットと口座開設時の注意点を解説

FXを始めたい人必見!
ヒロセ通商「LION FX」

1,000通貨単位の少額取引に向いているFX会社の特徴

1,000通貨単位の少額取引に向いているFX会社を選ぶポイントは下記の通りです。

  • スプレッドが狭い
  • アプリが使いやすい
  • デモトレードを利用できる

スプレッドが狭い

スプレッドとは、FX取引をする際の買値と売値のレート差のことです。

トレーダーにとってはこのスプレッドが実質的なコスト(手数料)という認識になります。

スプレッドが狭い、つまり買値と売値の差が小さいほど、取引コストが軽減され利益効率が良くなります。

米ドル/円のスプレッドが0.2銭なら、1,000通貨の取引をした場合のコストは1,000通貨×0.2銭=2円。

スプレッドが0.3銭なら1,000通貨×0.3銭=3円がコストとなります。

一見大きな差はないように感じますが、取引き回数や取引き金額が増えるほど、このスプレッドの差が大きく響いてきます。

そのため0.1銭でもスプレッドが狭いFX会社を選ぶに越したことはないでしょう。

アプリが使いやすい

スマホアプリの取引ツールが使いやすいことも、FX会社選びでは重要なポイントです。

アプリの操作性がイマイチな場合、誤発注などの操作ミスで思った通りの取引ができず、損失や損益に繋がることもありますからね。

ツールの扱いやすさは時に取引き利益にも影響します。

高機能かどうか、操作感はしっくりくるか、使い方が分かりやすいか等、自分に合ったツールを提供しているFX会社を選べるかが重要です。

デモトレードを利用できる

デモトレードとは、FX会社が提供する取引きツールやアプリの使い勝手を事前に体験できるサービスの事です。

実際にお金を使わずにリアルな取引を体験でき、アプリの操作感やFXの実践感覚を体感することができます。

万が一損失が発生しても、疑似取引なので実際に実際にお金を払ったりすることはなく安心です。

1,000通貨単位での取引感覚も確かめておくと良いでしょう。

初心者の方は特に、このデモトレード機能を無料で利用できるFX会社がおすすめ。

何社かのデモトレードを試して、自分にとって最も使い勝手が良いと思えるFX会社を選ぶと良いでしょう。

FXの1,000通貨単位からの取引に関するQ&A

FXの1,000通貨単位からの取引に関する、よくある質問と回答を紹介していきます。

  • 1,000通貨単位から取引できるおすすめFX会社は?
  • 1,000通貨は何円?
  • 1,000通貨単位からFX取引ができるメリット・デメリットは?

1,000通貨単位から取引できるおすすめFX会社は?

1,000通貨単位から取引できるおすすめFX会社は下記の通り。

  • GMOクリック証券
  • みんなのFX
  • LION FX(ヒロセ通商)

いずれのFX会社も1,000通貨単位から取引きが可能かつ、業界最狭水準のスプレッドを提供しています。

1,000通貨は何円?

各種通貨の1,000通貨あたりの金額は下記の通りです。

例として、2023年4月25日時点のレートを参考に算出しています。

  • 1米ドル(134.18円)=13万4,180円
  • 1ユーロ(148.45円)=14万8,450円
  • 1豪ドル(89.72円)=8万9,720円
  • 1トルコリラ(6.92円)=6千9,200円

1,000通貨単位からFX取引ができるメリット・デメリットは?

1,000通貨単位からFX取引ができる主なメリットは下記の通り。

  • 少額でFXを始められる
  • 細かい単位で柔軟な資金管理ができる
  • リスクを抑えて運用できる
  • プレッシャーが少ない
  • FXの実践感覚を養える

一方、主なデメリットは下記の通りです。

  • ローリスクの代わりにローリターン
  • 緊張感が薄れやすい
  • レバレッジの効かせすぎはロスカットのリスクを高める

1,000通貨単位の少額取引からFXを始めてみよう!

1,000通貨単位からFX取引きをすることのメリット・デメリットや、少額取引のメリット・デメリット、そして1,000通貨単位から取引できるおすすめのFX会社について紹介しました。

1,000通貨単位からのFX取引はハードルが低くリスク管理もしやすいのが利点。

初心者の方や、実践感覚をもう少し鍛えたい…!という方は、1,000通貨単位の少額取引ができるFX会社を利用してみてください。

FXは主婦でもできる?家事・子育てをしながら毎月コツコツ稼ぐコツと取引時の注意点

  1. GMOクリック証券
    FX取引高世界第1位!FX口座開設+お取引で最大30万円キャッシュバック
  2. 外為オンライン
    運用資産100万円以上で利益を出している方が99.62%! ※2022年1月3日~2022年6月30日の期間に設定されたすべてのiサイクル2取引
  3. みんなのFX
    世界最狭水準のスプレッドで少額取引ができる!