株主優待

ダイドーグループホールディングス(DyDo)の株主優待を紹介!1株から対象の優待や到着日も解説

編集者:Money Theory編集部
ダイドーグループホールディングス(DyDo)の株主優待を紹介!1株から対象の優待や到着日も解説

ダイドーグループホールディングスは、コーヒー飲料をメインに製造販売している会社で、自動販売機を主力販路にしています。

知らない人もいますがダイドーグループはコーヒー飲料だけでなく、フルーツゼリーも製造販売しており、フルーツゼリー市場でトップシェアを維持する事業を展開しています。

今回はダイドーグループホールディングスの株主優待について詳しく解説します。

権利確定日やいつ優待特典が到着するのか説明するので必見です。

ダイドーグループホールディングスの株を購入しようか悩んでいる人や、優待内容を知りたいという人は参考にしてください。

【2024年最新】ネット証券おすすめランキング!初心者におすすめの証券会社を徹底比較

おすすめのネット証券
【2024年06月最新】
楽天証券
新規口座開設数業界NO.1
楽天証券はココがおすすめ!
  • 楽天ポイントがお得に貯まる!
  • 新規口座数NO.1!
  • 低コスパでお得に運用!
IPO
外国株
積立NISA
投資信託

ダイドーグループホールディングスの株主優待内容

ダイドーグループホールディングスの
ダイドーグループホールディングス株主優待
  • 1株以上:グループ企業の商品を優待価格で提供(保有年数の制限はなし)
  • 100株以上:6000円相当の株主優待品※半年以上継続保有
  • 500株以上:記念品を贈呈※半年以上継続保有(保有年数が5年を超えた年に1回限り)

ダイドーグループホールディングスの優待品は100株以上が対象ですが、1株保有でも優待価格でグループ企業の商品を受取ることができます。

更にダイドーグループホールディングスは長期保有者に記念品を進呈しています。

100株保有の長期保有で記念品を受け取れるお得な株主優待となっています。

100株以上半年継続保有で自社製品がもらえる

ダイドーグループホールディングスは100株以上を半年継続保有で6000円相当の株主優待品を受け取ることができます。

商品名の詳細について企業サイトには明記されていません。

また、ダイドーグループホールディングスはゼリーの販売がトップシェアを維持している企業なので、ゼリーも優待品に含まれています。

ゼリーは人気商品でもあるので、ダイドーグループホールディングスの優待品は充実した内容を詰め合わせていることがわかります。

5年以上長期保有の株主向けの記念品がある

ダイドーグループホールディングスでは、5年以上保有した株主への感謝を込めて、記念品を贈呈いたしています。(保有年数が5年を超えた年に1回限り)

5年保有している株主様とは、株主名簿上の登録日から割当基準日まで当社株主名簿に100株以上の保有が、同一株主番号にて、毎年1月20日および7月20日に連続して11回以上12回以下、記載または記録された株主を指します。

株主名簿上の登録日 割当基準日 記念品お届け年月
2018年7月~2023年7月 2023年7月 2023年10月
2019年7月~2024年7月 2024年7月 2024年10月
2020年7月~2025年7月 2025年7月 2025年10月
2021年7月~2026年7月 2026年7月 2026年10月
2022年7月~2027年7月 2027年7月 2027年10月
2023年7月~2028年7月 2028年7月 2028年10月

1株からでも受けられる株主優待もある

上記に紹介した株主優待に加えて、ダイドーグループホールディングスすべての株主に対して、グループ企業の商品を優待価格で提供しています。

対象株主は毎年1月20日・7月20日現在の株主で、保有年数の制限はありません。

ダイドーグループホールディングスの株主優待の注意点

ダイドーグループホールディングスの株主優待を狙う際の注意点について解説します。

ダイドーグループホールディングスの株主優待の注意点
  • 権利確定日と必要資金
  • 半年以上の保有が必要

権利確定日と必要資金

ダイドーグループホールディングスの権利確定日は2回ありますが、7月20日の権利確定日は長期保有者に記念品を送る制度になっているので、優待品を受け取りたい人は1月20日の権利確定日までに保有する必要があります。

ダイドーグループホールディングスの権利確定日
  • 1月20日
  • 7月20日

ダイドーグループホールディングスの株主優待品は半年以上の100株以上継続保有が条件にあるので、7月20日までに株を保有しておく必要があります。

ダイドーグループホールディングスの株主優待に必要な資金
株価 5,870
100株に必要な資金 587,000円

ダイドーグループホールディングスの株主優待品を受け取るのに必要な資金は約587,000円となっています。

100株以下の保有でも優待価格で商品を購入することが可能ですが、優待品は貰えません。

10万円程度の少額投資を考えている人にとっては難しい金額帯となっています。

半年以上の保有が必要

上記でも紹介していますが、ダイドーグループホールディングスの自社商品贈呈株主優待は、100株以上を半年以上株を継続保有する必要があります。

権利確定日前に株を購入しても、半年以上継続保有していない場合は優待品を受けとることができないので注意しましょう。

さらに5年以上継続保有すると記念品をゲットできるので、記念品も狙いたいという人は長期継続保有を検討してみてください。

ダイドーグループホールディングスの株主優待品はいつ届く?

ダイドーグループホールディングスの株主優待品は、権利確定日後に届きます。

一般的に権利確定日は月末にある印象がありますが、ダイドーグループホールディングスは権利確定日が1月20日と7月20日と中旬に設定されています。

株主優待品が届くか決まるのは、1月20日の権利確定日になります。

1月20日に権利確定すると、3月中旬に株主優待品が到着します。

株主優待品が送られてくるのは1月20日の権利確定日のみとなっているので、間違えないように注意しましょう。

権利確定日から約2ヶ月後

ダイドーグループホールディングスの株主優待品は権利確定日から約2ヶ月後となっています。

半年継続保有している人たちを確認次第、順次送る形式になっているので到着が多少前後する可能性もあります。

3月中旬を超えても株主優待が届かない場合は、優待の対象者になっていない可能性があります。

半年継続保有しているか、100株以上保有しているか確認しましょう。

ダイドーグループホールディングスの株の購入はおすすめ?

コロナショック前までは下落傾向でしたが、再び値を戻して来ているので、株価は比較的安定しています。

株価が元々高く、100株単位で購入するにはタイミングにもよるもの59万円ほど必要となります。

ただ、大企業なので安心して投資することができるでしょう。

1株からでも株主優待を提供しているのでおすすめ

ダイドーグループホールディングスでは一株しか保有していなくても一部の株主優待を受けることができます。

優待品の受け取りはできませんが、ダイドーグループホールディングスのグループ企業の商品を優待価格で購入できる権利がもらえます。

このように一株からでも株主優待を提供している企業は限られるので、少額から投資したいが株主優待ももらいたいという方におすすめです。

ダイドーホールディングスの株を購入する流れ

ダイドーホールディングスの株主優待を受けるには、株を100株以上購入する必要があります。

株式投資をしている人はすでに証券口座があるので、用意する必要はありませんがこれから始めるという人は証券会社で口座開設する必要があります。

なお、証券会社の口座開設には審査があり、収入や資産がいくらあるのかなど審査されます。

審査に落ちてしまうと証券口座を開設することはできず、ダイドーホールディングスの株も購入できないので注意しましょう。

ダイドーグループホールディングスの株を購入する流れは以下の通りです。

ダイドーグループホールディングスの株を購入する流れ
  1. 証券口座を開設
  2. 資金を入金する
  3. ダイドーグループホールディングスを選択して購入

証券口座を開設

ダイドーホールディングスの株を買うためには、証券口座の開設を行いますが、まずはダイドーホールディングスの株を取り扱っている証券会社であるかを確認しましょう。

取り扱いがない証券会社では口座開設をしても株を購入できないため注意が必要です。

証券会社を決めたら口座開設を行います。基本的に口座開設は、どの証券会社でも同じ流れです。

本人確認はスマホで行う方法と郵送で行う方法がありますが、スマホで本人確認を行うことで、最短で口座開設が完了します。

本人確認書類は、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど基本的にはどの証券会社も同じです。

本人確認書類一覧
  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 住民票の写しまたは住民票記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

ダイドーホールディングスの株を買う資金を入金する

次にダイドーホールディングスの株を購入する資金を入金します。

入金方法は各証券会社によって異なった方法がありますが、入金金額が即時反映される入金方法と銀行振り込みがあります。

銀行振り込みや銀行振替は手数料を負担する必要があるため注意しましょう。

即時反映される入金方法は、入金手数料が無料で入金後はすぐに資金が反映されます。

ダイドーホールディングスの株「2590」を選択して購入する

入金が完了したらダイドーホールディングスの株を購入します。

ダイドーホールディングスの株の購入は、証券会社のWebサイトのマイページやアプリから購入することができます。

ダイドーホールディングスの株を選択して「購入数」「購入金額」などを入力すれば購入完了です。

ダイドーグループホールディングス(2590)株を買えるおすすめ証券会社

ダイドーグループホールディングス(2590)の株を取り扱うおすすめのネット証券を紹介します。

ダイドーグループホールディングスの株を購入する場合の実際の手数料や、手数料体系の違い、さらに各証券会社ごとのメリットや注意点についてまとめています。

証券会社選びの情報収集に活用してください。

ダイドーグループホールディングス(2590)の取り扱いネット証券
  • 楽天証券
  • SBI証券
  • 松井証券

楽天証券

楽天証券
総合★★★★★ 4.5
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 99円 275円 535円
1日定額制 0円 0円 0円
0コース(信用取引込) 0円 0円 0円

キャンペーン
米国株取引手数料(実質)無料プログラム 投信積立での楽天キャッシュ決済開始記念キャンペーン

楽天証券では、2023年10月1日から「ゼロコース」という新たな手数料体系が導入されています。

国内株式(現物/信用)の取引手数料が、約定代金に関わらず0円になるお得なコースとなっています。

例えばダイドーグループホールディングスで株主優待を受けられるラインの100株(587,000円)を約定する場合、今まで通り超割コースを利用すると535円の手数料がかっていました。

しかし新設されたゼロコースであれば手数料0円で取引でき、既存の楽天証券ユーザーからも好評となっています。※

また楽天証券ならではの特徴として、「楽天ポイント」で国内株式(現物)の購入もできます。

さらに楽天証券では単元未満株サービス「かぶミニ」を提供しており、通常株はどの株も1単元(100株)からしか取引できないところ、「かぶミニ」なら1株から購入することができます。

ダイドーグループホールディングス株も「かぶミニ」対象の銘柄なので、ダイドーグループホールディングス株に少額投資したいという方におすすめです。

またダイドーグループホールディングスの優待品をもらう株主優待は100株以上保有が対象ですが、グループ企業の商品を優待価格で購入できる権利は一株保有から発生します。

まずは一株だけ購入して、コツコツ100株を目指すのも方法です。

※かぶミニには手数料とは別に0.22%のスプレッドがかかります。

楽天証券の国内株式取引手数料(税込)
ダイドーグループホールディングス(2590)100株購入時の
手数料込みの値段
587,000(株価)+0(手数料)=587,000円
【ゼロコースの場合】
ゼロコース 現物取引・信用取引共に
約定代金にかかわらず0円
超割コース
現物取引手数料
(約定代金/取引手数料)
5万円まで 55円
10万円まで 99円
20万円まで 115円
50万円まで 275円
100万円まで 535円
150万円まで 640円
3,000万円まで 1,013円
3,000万円超 1,070円
超割コース
信用取引手数料
(約定代金/取引手数料)
10万円まで 99円
20万円まで 148円
50万円まで 198円
50万円超 385円
超割コース 大口優遇 現物取引・信用取引
約定代金にかかわらず 0円
いちにち定額コース
(1日の約定代金合計/取引手数料)
100万円まで 0円
200万円まで 2,200円
300万円まで 3,300円
以降、100万円増えるごとに1,100円を追加
かぶミニ®(単元未満株取引)手数料 買付・売却共に無料
※手数料とは別にスプレッドあり
(スプレッドは0.22%です。)

楽天証券の評判・口コミはどう?楽天ポイントで投資できる仕組みや口座開設手順を解説

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

SBI証券

SBI証券
総合★★★★★ 4.5
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 99円 275円 535円
1日定額制 0円 0円 0円

キャンペーン
投信積立 デビュー&増額応援キャンペーン
FXお試しキャンペーン!国内株と米国株の金利・貸株料をキャッシュバック!

SBI証券では「現物取引 アクティブプラン」を使えば100万円までの取引手数料が0円なのです。

そのためダイドーグループホールディングスの株主優待を受けられるラインである100株を購入しても、手数料無料です。

またSBI証券「現物取引 アクティブプラン」に対応する、楽天証券「いちにち定額コース」を比較した場合、100万円以上の取引をする場合はSBI証券の方が手数料が割安です。

1日の約定代金合計が100万円までは手数料は0円で同じですが、100万円以上200万円までの取引では、SBI証券の手数料は1,238円なのに対し、楽天証券は2,200円。

300万円までになるとSBI証券が1,691円なのに対し、楽天証券は3,300円の手数料が発生します。

300万円以降は、100万円増えるごとにSBI証券は+295円、楽天証券は1,100円の手数料が追加されます。

ダイドーグループホールディングス株に限らず、100万円以上の取引も検討しているなら、SBI証券の方がお得になりやすいです。

またSBI証券にも単元未満株サービス「S株」を提供しており、ダイドーグループホールディングス株も対象銘柄です。

1株5,870円から購入できるので、ダイドーグループホールディングス株で少額投資したい方はSBI証券を検討してみましょう。

またすでにお伝えしていたように、ダイドーグループホールディングスでは1株からでも対象となる株主優待があります。

SBI証券のように単元未満カードサービスを扱っており、さらにダイドーグループホールディングスが対象銘柄となっている証券会社を選ぶことで、最低限の資金で優待を受けることができます。

Tポイント、Pontaポイントを使った「S株」購入も可能です。

SBI証券の国内株式取引手数料(税込)
ダイドーグループホールディングス(2590)100株購入時の
手数料込みの値段
587,000(株価)+0(手数料)=587,000円
【現物取引 アクティブプランの場合】
現物取引
スタンダードプラン
(約定代金/取引手数料)
5万円まで 55円
10万円まで 99円
20万円まで 115円
50万円まで 275円
100万円まで 535円
150万円まで 640円
3,000万円まで 1,013円
3,000万円超 1,070円
信用取引
スタンダードプラン
(約定代金/取引手数料)
10万円まで 99円
20万円まで 148円
50万円まで 198円
50万円超 385円
大口優遇 0円
現物取引
アクティブプラン
(約定代金/取引手数料)
100万円まで 0円
200万円まで 1,238円
300万円まで 1,691円
以降100万円増加ごとに +295円
信用取引・「はじめて信用™」 アクティブプラン
(1日の約定代金合計/取引手数料)
100万円まで 0円
200万円まで 880円
以降100万円増えるごとに440 円ずつ増加
大口優遇 0円
単元未満株(S株) 無料

SBI証券の評判・口コミはやばい?口座数NO.1の理由やメリット・デメリットを徹底解説

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

松井証券

松井証券
総合★★★★★ 4.0
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 0円 0円 1,100円
1日定額制

キャンペーン
新規デビュープログラム つみたてデビュー応援総額1億円還元キャンペーン

松井証券では、25歳以下の場合約定代金に関わらず取引手数料が無料になります。(25歳以上でも50万円までは無料)

現物取引・信用取引に関わらず取引手数料を気にせず投資でき、利益計算も楽でストレスが少ないです。

特に学生や若者世代の投資家にとっては大きなメリットといえます。

ダイドーグループホールディングスで株主優待を受けられるラインである100株(587,000円)を約定する場合でも、現物取引・信用取引にかかわらず手数料が無料です。

比較として、SBI証券では通常の信用取引の場合20万円までの約定には手数料が148円発生するので、松井証券の方が取引コストを抑えた投資ができます。

ただ、松井証券は単元未満株の新規買付ができません。

1株から株を購入することはできないので、少額投資もしたい方はサブ口座も検討してみてください。

またサービス面では、松井証券は2023年 オリコン顧客満足度®ランキングの「ネット証券 初心者部門」で第1位、さらに、HDI-Japan(ヘルプデスク協会)主催、2023年度問合せ窓口格付け(証券業界)で最高評価の「三つ星」を13年連続で獲得している実績もあります。

電話窓口のないネット証券もある中、松井証券はコールセンターを設置しおり、専任のスタッフが株取引初心者にもわかりやすくいサポートをしてくれます。

特に株や投資に初めて挑戦する方は、松井証券を候補にしてみましょう。

松井証券の国内株式取引手数料(税込)
ダイドーグループホールディングス(2590)100株購入時の
手数料込みの値段
587,000(株価)+0(手数料)=587,000円
【現物取引・信用取引の場合】
現物取引【26歳以上】 50万円まで 0円
100万円まで1,100円
200万円まで2,200円
その後100万円増えるごとに1,100円加算
1億円超 110,000円)※上限
現物取引【26歳以下】 無料
信用取引【26歳以上】 50万円まで 0円
100万円まで1,100円
200万円まで2,200円
その後100万円増えるごとに1,100円加算
1億円超 110,000円)※上限
信用取引【26歳以下】 無料
一日信用取引 0円
単元未満株(プチ株)手数料 新規買付不可
売却時:約定代金 × 0.5%(税込0.55%)
最低手数料なし

松井証券の評判・口コミはどう?サービス内容や取引手数料の評価を徹底調査

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

ダイドーホールディングスの株主優待に関するQ&A

ダイドーホールディングスの株主優待に関するよくある質問と回答を紹介します

ダイドーホールディングスの株主優待に関するQ&A
  • ダイドーホールディングスの株主優待をもらう条件は?
  • ダイドーグループホールディングスの株主優待内容は?
  • ダイドーグループホールディングスの株主優待をもらうための資金はいくら必要?

ダイドーホールディングスの株主優待をもらう条件は?

ダイドーホールディングスの株主優待をもらうための条件は下記の通りです。

狙う優待によって条件も変わります。

ダイドーホールディングスの株主優待をもらう条件
条件 優待内容
1株以上保有 グループ企業の商品をご優待価格で購入可能
100株以上&半年以上継続保有 6,000円相当の株主優待品プレゼント
100株以上&5年以上継続保有 記念品を進呈(保有年数が5年を超えた年に1回限り)

ダイドーグループホールディングスの株主優待内容は?

ダイドーグループホールディングスの株主優待内容は下記の通りです。

ダイドーグループホールディングスの株主優待内容
  • グループ企業の商品をご優待価格で購入可能(1株以上保有)
  • 6,000円相当の株主優待品プレゼント(100株以上&半年以上継続保有)
  • 記念品を進呈(保有年数が5年を超えた年に1回限り)(100株以上&5年以上継続保有)

ダイドーグループホールディングスの株主優待をもらうための資金はいくら必要?

ダイドーグループホールディングスの株主優待をもらうための必要資金は下記の通りです。

ダイドーグループホールディングスの株主優待に必要な資金
株価 5,870
100株に必要な資金 587,000円

ダイドーグループホールディングスは1株からでも株主優待を受けられます。

1株当たりの価格は5,870円で、グループ企業の商品を優待価格で購入可能です。

株主優待品を受け取りたい場合は100株の保有が必要になるので、必要資金は587,000円となります。

ダイドーグループホールディングスの株主優待品は充実している

ダイドーグループホールディングスの株主優待品は6000円相当の物が提供されており、非常に充実した内容となっていることがわかりました。

株価も2020年のコロナショック後、回復しているので株価変動で大きく損をする可能性は低いでしょう。

ただし今後もコロナショックのようなことが起きれば暴落する可能性もあるので、株価変動による損失リスクは常に考えておきましょう。