お金の知識

今から投資をするなら何がいい?オススメの投資方法とネット証券を解説

編集者:Money Theory編集部

今から投資を始めたいけど、「オススメの投資方法や証券会社はあるの?」と悩まれている方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では今から投資を始める人が疑問に感じている、オススメ投資方法やオススメの証券会社、また投資を始める前に知っておきたいことなどを解説します。

これから投資を始める方はぜひ参考にしてくださいね。

2022年最新】ネット証券おすすめランキング!初心者におすすめの証券会社を徹底比較

おすすめのネット証券
【2024年06月最新】
楽天証券
新規口座開設数業界NO.1
楽天証券はココがおすすめ!
  • 楽天ポイントがお得に貯まる!
  • 新規口座数NO.1!
  • 低コスパでお得に運用!
IPO
外国株
積立NISA
投資信託

初心者が始めるべき投資

投資

初心者の方が今から投資を行うなら以下がオススメです。

  • 投資信託
  • ポイント投資
  • 株・ミニ株

これらは初心者の方でも比較的取り組みやすく、情報も多いため安心して投資が行えます。

投資信託

投資信託とは投資家から集めた資金をまとめて投資運用会社が株式や債権などに分散投資を行い、そこで得た利益を投資家に分配する金融商品です。

投資信託のメリットは少ない資金で投資できる点とプロに運用を任せられる点です。。

一般的に株式投資を行う場合、ある程度のまとまった資金が必要になります。ただ投資信託は少ない資金で挑戦できるだけでなく積み立ても可能なため初心者の方でも始めやすい投資です。

また初心者の頃は何に投資をすれば良いかわからないという悩みが出てきます。

その点、投資信託は資金を入れておけばプロが運用してくれるため初心者でも安心して始めやすい投資です。

ポイント投資

ポイント投資とは、普段の買い物やサービス利用によって貯まったポイントを株の売買などに利用する投資のことです。

以前までは、貯まったポイントは商品購入や代金をポイントで引いて安く購入することに使われていました。

ポイント投資はその貯まったポイントで手軽に投資が可能になった投資方法です。

現金ではなくポイントを使って投資を行うため、一般的な投資より手軽にリスクも少なく挑戦できる投資です。

株式投資・ミニ株

株式投資は、株式会社が発行する株式を売買することで発行元の会社が利益を得た場合に投資家(株主)に還元する投資方法です。

株式は「上場株式」と「未上場株式」の2種類があり、株式投資は証券所を通した「上場株式」を売買します。

ミニ株とは通常の株式投資に比べて少ない資金で株式を購入できる投資のことです。

通常の株式投資は銘柄ごとに決められている1単元の株数の整数倍でしか購入できません。ただミニ株は1単元の10分の1で株式が売買できるため初心者の方でも気軽に投資が可能です。

今から投資を始める人が投資商品を選ぶ基準

今から投資を始める人はどんな基準で商品を選ぶべきか、自分には何が向いているのか悩んでいる方も多いと思います。

以下では今から始める人が商品を選ぶ基準を3つ紹介します。ぜひ参考にしてください。

  • 少ない資金で投資できるものを選ぶ
  • 分散投資が可能か
  • 自分のライフスタイルに合っているか

少ない資金で投資できるものを選ぶ

何に投資をするかによって必要な資金は変わります。

例えば、株式投資で東証一部上場企業の株を買いたい場合、手数料も考えると10万円ほど資金が必要です。

始めから多くの資金をかけることができればいいですが、いきなり10万円単位のお金を投資に使うとなるとリスクもあるためあまりオススメしません。

もちろん投資はある程度のリスクを取らなければ大きなリターンは期待できません。

ただ、これから始める場合は投資に慣れるためにも少ない資金で投資ができる投資信託やポイント投資などから始めることをオススメします。

分散投資が可能か

分散投資は、投資する資産や地域、タイミングなどをずらしてできるだけ低リスクで投資を行う投資方法です。

あたり前ですが投資はリスクが伴います。

複数の投資商品に資産を分散させることで資産運用に伴うリスクを減らしていきましょう。分散投資を行うことで何か1つの価格が下がっても他の価格でカバーすることができます。

分散投資の方法は以下の3つです。

  • 地域分散
  • 商品分散
  • 時間分散
地域分散

地域分散は複数の国や地域に投資をする投資方法です。例えばアメリカ、ヨーロッパなど分散することが可能です。

国や地域を1つに絞っていた場合、その国や地域で紛争が起こった場合や経済が傾いた場合に大きな損失になってしまいます。そのため国や地域を分散しリスクを低減させましょう。

商品分散

商品分散はいくつかの商品に分散して投資をすることです。異なる動きをする商品を組み合わせることでリスクを分散させます。

時間分散

時間分散は複数回に分けて投資をする投資方法です。

代表的な時間分散投資に積立投資があります。積立投資は購入のタイミングを変動させて投資をしていきます。

例えば安い時には多く買い、高い時には小額になるため商品の平均価格を抑えることが可能です。

自分のライフスタイルに合っているか

投資をする上で自分のライフスタイルに合っているかは重要なポイントです。

投資方法によって時間をかけなければいけない投資もありますが、忙しくて投資に手が回らないとなった場合、損をする恐れもあるでしょう。

そのため自分のライフスタイルに合った投資を選ぶことが重要です。

今から投資をする人が失敗しないために知っておくべきこと

投資初心者の方は以下のことを頭に入れて投資を始めてください。

  • 投資のお金と生活のお金を一緒にしない
  • 目的を明確にする

投資のお金と生活のお金を一緒にしない

投資は必ず生活資金と分けて考えるようにしましょう。

投資のお金と生活のお金を一緒にしてしまうと生活だけでなく精神的にもキツくなってしまいます。

例えば5万円の損失が出た場合、「これがあれば外食できたのに」となってしまったら精神的にはどうでしょうか。

もちろん1回だけなら大丈夫という方もいるかもしれませんが、積み重なると大きな損失、精神的ダメージを受けてしまいます。

そのため投資のお金と生活のお金を一緒にすることなく分けて投資を行いましょう。

目的を明確にする

投資を始める前に目的を明確にしましょう。

目的が明確でなければハイリスクな投資を行ってしまったり、損失が出た場合にすぐやめてしまう可能性があります。

そのためまずは、何のために投資を行うのかを明確にしましょう。

目的を明確にすることで衝動的な行動を抑え冷静に、主体的に考えて行動できるようになり最終的に成果に繋がります。

初心者が今から投資をするならこの制度を使おう

投資を行う際には一緒に非課税制度を利用することで効率よく資産を増やすことができます。

NISA・つみたてNISA

利益が出た場合20.315%の税金がかかりますが、NISAとつみたてNISAでは一定期間非課税になります。

NISA

NISAの概要は以下の通りです。

年間非課税投資額 120万円
非課税期間 5年(最大10年)
ロールオーバー あり
投資先 投資信託・株など

つみたてNISA

つみたてNISAの概要は以下の通りです。

年間非課税投資額 40万円
非課税期間 20年
ロールオーバー なし
投資先 投資信託など

iDeCo

iDeCoとは、老後の資産形成を目的とされた私的年金制度のことです。iDeCoは掛金が全額控除になったり、利益が非課税になったりと節税効果が期待できます。

ただ、公務員の場合掛金が低めに設定されていたり、基本的に60歳まで引き出すことができないなどデメリットも存在するため注意が必要です。

職業別の掛金は以下の通りです。

限度額
第一被保険者 自営業者 月6.8万円
第二被保険者 企業年金なし 月2.3万円
企業型確定拠出年金のみ 月2万円
上記2つに当てはまらない会社員 月1.2万円
公務員 月1.2万円
第三者被保険者 専業主婦 月2.3万円

オススメの証券会社

楽天証券

楽天証券
総合★★★★★ 4.5
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 99円 275円 535円
1日定額制 0円 0円 0円

キャンペーン
米国株取引手数料(実質)無料プログラム 投信積立での楽天キャッシュ決済開始記念キャンペーン
積立NISA 182銘柄
投資信託 2,651本
外国株 米国株式(4,667銘柄)/中国株式/ASEAN株
ポイント投資 楽天ポイント
取引ツール(PC)
  • マーケットスピード2
  • マーケットスピード
  • マーケットスピード for Mac
  • マーケットスピード II RSS
  • マーケットスピードFX
  • 楽天MT4
スマホアプリ
  • iSPEED
  • iSPEED for iPad
  • iSPEED FX
  • iSPEED 先物

楽天証券は楽天ポイントを活用して投資が行えるため気軽に投資をすることができます。

また、取引ツールが豊富で使いやすいため初心者の方でも安心です。

普段から楽天経済圏を利用している方におすすめのネット証券です。

楽天証券の評判・口コミはどう?楽天ポイントで投資できる仕組みや口座開設手順を解説

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

SBI証券

SBI証券
総合★★★★★ 4.5
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 99円 275円 535円
1日定額制 0円 0円 0円

キャンペーン
FX取引!キャッシュバックキャンペーン SBI証券でiDeCo始めちゃおう!キャンペーン
積立NISA 184銘柄
投資信託 2,659本
外国株
  • 米国株式(5,887銘柄)
  • 中国株式
  • ロシア株式株
  • 韓国株式
  • ASEAN株
ポイント投資
  • Tポイント
  • Pontaポイント
  • dポイント
  • Vポイント
取引ツール(PC)
  • HYPER SBI 2(国内株式版)
  • HYPER SBI
  • SBI CFDトレーダー
スマホアプリ
  • SBI証券 株アプリ
  • SBI証券 米国株アプリ
  • かんたん積立 アプリ
  • HYPER FXアプリ
  • HYPER 先物/オプションアプリ
  • HYPER CFDアプリ

SBI証券は国内株式取引シェアNo.1の人気ネット証券です。

アクティプランを利用すれば取引手数料が合計約定定数100万円以下は無料になる点もポイントです。

また、SBI証券はIPO取引の実績も多いためIPOに挑戦したい方におすすめです。

SBI証券の評判・口コミはやばい?口座数NO.1の理由やメリット・デメリットを徹底解説

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

マネックス証券

マネックス証券
総合★★★★★ 4.5
NISA
積立NISA
IPO
米国株
取引手数料
取引金額 10万円 50万円 100万円
約定金額ごと 99円 275円 535円
1日定額制 550円 550円 550円

キャンペーン
「たくす株」2022年度グッドデザイン賞受賞記念キャンペーン フォロー&リツイートで米国会社四季報プレゼント! 新規上場記念クイズでAmazonギフト券1,000円分をゲットしよう! など
積立NISA 152銘柄
投資信託 1,276本
外国株 米国株式 中国株式
ポイント投資 マネックスポイント
取引ツール(PC)
  • マネックストレーダー
  • 銘柄スカウター
  • マルチボード500
  • フル板情報ツール
  • チャートフォリオ
  • マーケットボード
  • マーケットライダープレミアム
  • SNS型投資アプリ「ferci」ブラウザ版
スマホアプリ
  • 銘柄スカウター
  • マーケットボード
  • マネックストレーダー株式スマートフォン
  • マネックストレーダー先物
  • トレードステーション米国株
  • マネックストレーダーFX
  • マネックス証券アプリ など

マネックス証券は国内外の株式の取り扱いが多いネット証券です。

特に米国株や中国株の取り扱いが約6,000銘柄と豊富に取り扱いがあります。

国内外の株式に挑戦したい人におすすめの証券会社です。

マネックス証券の評判・口コミはどう?米国株投資におすすめの理由や口座開設手順も解説

投資を始めたい人必見!
5分で簡単登録

今すぐ投資を始めよう

投資は早く始めることで複利効果を得られやすくなるだけでなく、金融知識も身につきます。

まずは、今回の記事を参考にオススメの投資や知っておくべき知識を蓄えて少しずつ挑戦していきましょう。

投資は焦らずコツコツ運用することが重要です。